MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
税金を無駄遣いする国会の議員送迎バス
誰も乗っていない国会議員の送迎バス。運転手は衆院自動車課の職員。(撮影・駒崎絵美)

 1人あたり月100万円もの交通費に加え各交通機関のフリーパス券も支給されている国会議員のために、1日5回も議員宿舎と国会を往復する送迎バスが走り、夕方の便はガラガラ。運転しているのは国会職員で、もちろん我々の税金が遣われている。この国会周辺で行われる無駄遣いは、納税意欲をそぐものだ。

 国と地方合わせて700兆円以上の天文学的な国民の借金を背景に、国民に負担を強いる大増税路線は、ほぼ間違いなく敷かれた。政府は「歳出削減の努力をしていく」と訴え国民に理解を求めるが、国会近くでは努力が認められない風景が見られる。

 →動画はこちら(取材協力/駒崎絵美)

 国会に隣接する衆議院議員会館。国会会期中は、この議員会館と、議員の寝泊りする九段、高輪などの議員宿舎の間を、議員を送迎する5台のバスが、朝3回、夕2回走っている。

 このバスは、朝はぜいぜい一台につき数名の議員が乗るだけで、夕方にいたっては誰も乗っていない無人のバスが5台、車列を組んで議員会館を出発する、という光景が繰り返されている。

 送迎バスの運転手は衆院事務局の自動車課の職員。つまり、人件費を含めこの送迎バスの費用は我々の税金でまかなわれている。

 自動車課には、この送迎バスの他に各委員会の委員長や各党に割り当てられた公用車を含め、平成17年4月現在、合計121名の運転手がいる。衆院人事課によれば、運転手の平均年収は600万円程度で、定年間際には1千万円以上になるという。この金額には、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



関連記事
記者コメント
アクセス数 16027 続報望むポイント
1484
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
   01:09 08/12 2015
2005年・・10年前は国と地方の借金は700兆円。今の2015年は既に1000兆円を超えている。なんという異常な国家か日本は・・そして国家公務員への給与をあげよと勧告する人事院。狂っているとしか思えないよ日本。
ぐっち  16:43 12/02 2012
給料もらいすぎ!増税増税って・・・全然国民のためになってない。自民党に投票するのはよくない。
高校生  20:20 08/23 2008
議員宿舎はガラガラ、さらに送迎バスもガラガラでは何をするために作ったのかわからない。存在理由がわからない。 議員宿舎に入る議員がいないのならば、マンションとして活用させればいいものを、それもしないでいる。今の議員に日本を任せるのは非常に危険だ。
!  19:38 08/10 2008
ずるい! 給料減らすべきだと思う!
54歳  12:13 12/07 2007
国会議員の行革をぜひしてほしい。政党助成金ももらっているのに。ほんとうに国民のために働いている議員はほんの数人ぐらいだろう。だから借金づけなんだ
中学生  11:12 08/28 2007
バスがあるなんて初めて知った。税金の無駄使いは全世界1位ではないか!?増税は絶対させない(ToT)国民のための政治なんて全然できてないと思う。
トモ  22:24 12/07 2006
議員宿舎に送迎バス、国会議員はホント信用できない。特に自民党はメチャクチャ。誰だ自民党に投票してるのは。20年後日本無くなってしまうますよ。