MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
週刊SPA!(扶桑社)

 30歳前後の男性をターゲット読者とするサブカル系週刊誌。『下流社会』(三浦展)によれば、SPA!系男は「特に勤勉ではなく、仕事好きでもないし、才能もないが、フリーターになるようなタイプではなく、仕事をするしかないので仕事をしているというタイプ」。かつての勢いはなく実売10万部ほどまで落ちているが、このカテゴリでは唯一の成功例とされ、トップシェアをキープ。

週刊SPA!のWEBサイト
------------ケース01-----------
【掲載時期/出版時期】
2005年夏

【著者の年齢】
30代

【同媒体への掲載/出版実績】
3回未満

【原稿料(税込)/経費】
8ページで315,000円=39,375円/ページ。

【支払サイクル】
発売約1ヵ月後に一括振込

【納得度/その理由】
 納得性は最高レベル。自分で持ち込んだ企画だが、この企画のために新たな取材は何もしていないばかりか、その後、取材源となる人たちと複数、知り合えることができ、人脈が広がったので、100万円以上の価値があったと感じている。

【フリーコメント】
●人脈は、原稿料以上のメリットがある。この媒体の競争力の源泉は、優秀なライターを抱えていることと、そのライターをつなぎとめられるだけの優秀な編集者がいること。SPA!は記事にライターの名前が出る。それが若手のライターにとっては実績になるから、原稿料は安くても頑張っている模様。

●他媒体と同様、電通は記事中では「大手広告代理店」「D」などと表記。

●読者層が「中の下」で購買力が低いため、あまり広告効果は見込めない。

(フリーコメントの例)
 ・媒体のタブー
 ・仕事を受けた理由/売り込んだ理由
 ・記事掲載のメリット/デメリット
 ・掲載記事に対する反応
 ・こんな記事が載りやすい


【MyNewsJapanコメント】
 ライターを巻き込んだ編集者の企画力に定評がある。吊革広告のキャッチーな見出しコピーは、「見出しだけで中身は分かるから、買わない」という意見もあるが、広告業界はノウハウを盗みたがっている。
関連記事
記者コメント
現在、1つの事例が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「もの書きのための原稿料データベース」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)
サンプル記事は、こちらです
■この企画の趣旨に賛同していただける方は、ご協力お願いいたします。1ケースあたり1千円の謝礼をお支払いいたします。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 4578 続報望むポイント
411
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項