MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
エコナクッキングオイル 発ガン促進の疑いも、売り続ける花王
エコナクッキングオイル

 「体に脂肪が付きにくい」という効能で、“健康油”の先駆けとなった花王のエコナクッキングオイル。厚労省からトクホに認定されたことも追い風となって大ヒットし、テレビでは壇ふみさんと阿川佐和子さんが「ずっと健康でいてほしいから エコナ」とお中元ギフトとして宣伝する。だが、その主成分には発ガン促進の可能性が指摘されている。

 エコナの主成分である「ジアシルグリセロール」には、発ガンを促進する疑いがある。

国立がんセンター研究所の実験結果要旨
 2005年5月に国立がんセンター研究所が行なった実験では、雄のラットの舌で発ガン促進を示唆する結果が出ており(左記)、主婦連や日本消費者連盟などが2005年11月に、エコナの販売停止や、「トクホ」取り消しを求めている(右記下)。

 これらに対し花王は、2006年2月23日更新の「エコナ製品の主成分『ジアシルグリセロール』の安全性に関する報道について」を発表。
 
主婦連らによる要望書

 「2005年8月に開催された食品安全委員会で、厚生労働省より遺伝子組み換えを行ったラットの雄の舌のみに発がんプロモーション作用が示唆されましたが、これは中間的な報告であり、プロモーション作用が結論されたものではありません。今後の試験によって再現性や安全性評価における意義等の課題が明らかにされることが望まれるものです」とした。あくまで中間報告だからとして、クロの結論が出ない限りは、断固として売り続ける構えだ。

 健康食品として販売好調なエコナだが、実は、人類にとって過去の食経験がほとんど無い成分を、安全性の確認が不十分なまま商品化した、危険な健康食品の代表例。健康に良いという宣伝を真に受け、せっせと毎日摂り続け、やっと痩せてきたなと思ったら、ガンのせいだったなんていう可能性もあるのだ。

エコナの主成分、ジアシルグリセロールの説明
出典:植田武智「危ない健康食品から身を守る本」コモンズ2005年
◇食経験がない人工合成油
 そもそもエコナの主成分のジアシルグリセロールとはどういう油なのか? .....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



関連記事
記者コメント
 エコナの問題は去年の9月からずっと取材してきています。今回予想外のお中元をもらったことがきっかけで投稿しました。やはり花王に引き取ってもらうのが筋だと思っているのですが。(植田)

 「疑わしいものは、クロの結論が出るまで売る」がメーカーの論理。「疑わしいものは、シロの結論が出るまで買わない」が消費者の論理。日本の政治や行政は、生活者の命よりも、メーカーの利益を確実に優先させます。(編集・渡邉)


catv-219-099-025-032.medias.ne.jpより不正アクセスが確認されました。犯人を特定中です。
本文:全約9,500字のうち約8,800字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
アクセス数 143387 続報望むポイント
19942
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
りんりん  10:45 11/26 2009
「カホクの圧搾一番しぼりのなたね油、しかも無農薬」のものをづっと私は使っています。しかも、手すき和紙でろ過していて、安心です。エコナについては、いろいろな情報から「安全でないよ~。」と周りの人にも知らせましたが…あまり効果はありませんでした。CMの方が影響が大きいとおもいました。どんなに人気の商品でも、わたしには、このような商品は怖くて口に出来ませんが…。
やっちゃん  19:51 11/13 2009
私は、エコナ油を長年使用して来たのですが大丈夫でしょうか。(発売当初からずーとです。)
k-g  19:41 11/13 2009
発がん性を促進との事ですが、ジアシルグリセロール材単品では、発がん性は有るのですか。
かっぺエガちゃん  01:22 10/22 2009
企業側、消費者側の問題について既に何人かの方が傾聴すべき意見を述べていますが、下記のような情報過疎の質問を見ると、やはり読む、調べる、考えるといった基本的なトレーニングの大切さを痛感します。人がいいことと愚かであることは別物だと肝に銘じ、消費者としての自覚と成長が必要だと思いました、完全に上から目線であることを承知の上で。
しんこ  10:05 10/20 2009
カロリーハーフのマヨネーズはエコナをつかっていますか?教えてください
SMILE!smile!Smile!  13:57 10/18 2009
東尾理子さんと婚約したと言われる石田純一さんは、数年前、情報誌の中で「企業の利益はどうでもいい。僕達消費者の利益が欲しい」と、発言しています。この言葉を、今回のエコナの件でも思い出しました。 さすがに、企業も儲けないと存続できませんから、利益は出さなきゃいけません。しかし、金色夜叉ではないですが、金に目がくらむあまり、消費者のことがおろそかになっている企業が多いと思いませんか? その典型の代表が、食品偽装でしょう。 さて、花王は、消費者の利益を真剣に考えていたのでしょうか? このコメント欄でも「賢い消費者になろう」の声がありますが、私からすれば「消費者に賢さを求めるより、企業が“情けは人のためならず”の精神を、今一度思い出せ!」と言いたいです。消費者のことを考え、大切にする心は、こんな時代でも伝わるものですよ。それが信頼になり、そこから利益という実がなるのです。「古臭くて面倒くさい」と、笑われるかもしれません。だけど、消費者のことが見えなくなった企業は、必ず痛い目に遭っています。 「不倫は文化」などの発言や、今までの人生での立ち振る舞いによって、石田さんが嫌いな方もいらっしゃるかもしれません。私は彼のことは好きでも嫌いでもありませんが、この言葉は、これからも忘れないでしょう。人間のはしくれの私ですが、やはり消費者の利益は欲しいです。愚か者ですか?
hiro  17:12 10/16 2009
食品を取り扱う以上、問題が発覚した時点で、公開すべきだと思う。ガンになるかはすぐにわからないのだから、公開して、購入するかしないかは消費者が決めればよい。むしろ問題を知りながら販売し続ける事は、厳しく言うと犯罪に等しいと思う。もしも本当に発がんを促進する物質だったらどれだけの家族を悲しませることになるのでしょうか。このように食品に関しては国も含めて敏速にしっかりと対応してほしいと願います。