MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「世界のトヨタ」工場でストリップショー 「触れあい」活動で女性にお触り
「トヨタフィリピン工場」で起きたストリップの一幕

 


 フィリピントヨタ自動車の社内で、夜勤時間中にストリップショーが繰り広げられていた。懇親会「Personal Touch of Boss」を名目に、会社の費用で女性を“レンタル”。現地トヨタの男たちは卑猥な声を上げ、触り、写し、大いに楽しんだ。その様子を音声とともに公開する。違法解雇問題を乗り切るための労組対策として、トヨタ式労務管理の「HUREAI活動」を強化したところ、現地では「ストリッパーにお触り」となってしまった。カムリやカローラを買う人は、そこからストリップの代金も支払われることをお忘れなく。

【Digest】
◇上半身をまさぐり、股間に手を入れる男たち
◇トヨタの会社行事PTは「女性」が付き物?
◇参加者の処分も「現地マター」と繰り返すトヨタ本社
◇フィリピンで認められた正式組合を無視して227人を解雇
◇9月12日「統一行動日」に各国の日本大使館前でデモ
◇組合対策で取り組まれてきた懇親会「PT」
◇日本の「触れあい」活動が現地では「ストリッパーお触り」に
◇【公開】「トヨタ フィリピン工場」のストリップ(音声付)


 掲載した「写真」を見て、「いったい何だコリャ!」と驚いた人もいるだろう。もちろん「マイニュースジャパン」に全裸女性が登場したのは史上初のこと。現場の状況は、音声とともにご確認いただきたい(会員限定)。

◇上半身をまさぐり、股間に手を入れる男たち
 この「写真」は、携帯で撮影された映像から切り取った静止画像だ。ヒンシュクをかうのを恐れずこんなものを載せたのは、これが、トヨタによる現地社員の違法解雇(終身雇用は日本国内のトヨタだけのようだ)と労組対策(懐柔策)といったトヨタ式労務管理の一環として行われている現象だからだ。詳しいことは後ほど説明するとして、まずは入手した2本の映像を“実況中継”してみよう。

がぶりつく社員
 ゆったりしたテンポの音楽に合わせ、テーブルに乗ってからだをくねらす全裸の女性。周りを囲む男たちは目をランランと輝かせ、からだを揺すり奇声をあげる。下から股間を覗く男や、携帯電話でヘアのあたりをしきりに写す男も。まさにかぶり付きだ。

 1分14秒でこの映像は終わった。

 もう1本はわずか21秒だがもっと大胆だ。

 タバコを指に挟んでテーブルに横たわる女性を囲み、1人は上半身をまさぐり、1人は股間に手を入れている。女性に恥じらう様子は全くなく、明らかに「プロ」と思わせた。

 さてこのストリップ、なんとフィリピントヨタ自動車(TMP)の工場敷地内の建物の中で、しかも夜勤時間中に演じられていたのである。

 社内で堂々とストリップショーが開かれ、男たちは卑猥な声を上げて、触り、写し、大いに楽しんだ。「世界のトヨタ」の工場で。
 
◇トヨタの会社行事PTは「女性」が付き物?
 今年(2006年)4月1日夜、工場敷地内の一室で、夜勤中の保守部門の従業員9人が参加し、「PT」と呼ばれるミーティングが開かれた。主宰はフィリピン人のN課長。

 PTとは「Personal Touch of Boss」の略で、要するに管理職と部下がコミュニケーションをはかるために催す懇親会のことだ。費用は会社持ちという。

 TMPの広報担当者によると、PTは「会社行事」の1つとされ、通常は社外で開かれるという。その際、しばしば「女性」が付き物となり、ストリップから買春にいたるケースさえある、とは別の社員の証言だ。

 現に、問題の日のあとで、溶接部門の従業員が集まった社外のPTでも、「飲食後にストリップダンサーを呼んだ」と、参加者は語っている。コミュニケーションを図るとしても、とんだ“潤滑油”が用意されることもしばしば、ということか。

 くだんのストリップは、午後9時ごろから始まった。“レンタル”された女性が社内に呼ばれ、飲食とともにショーが繰り広げられた。
 
 この場を取り仕切ったN課長は率先して楽しんだようで、ビデオにも淫らな笑みを浮かべて騒ぐ様子が映っている。

 だがその代償は安くなかった。

◇参加者の処分も「現地マター」と繰り返すトヨタ本社
 彼は、5月22日の朝礼で数百人の従業員を前に謝罪するハメに陥ったというし、現在は出勤停止状態との情報もある。

明らかにプロの動き。日本人社員もたん能?
 参加者に対しては当初、A上司の名で文書戒告するにとどまった。その文書もなかなか刺激的で、「興奮し」「卑猥にはやし立て」「秘部(The dancer’s private part)に触り」などと、当夜の模様をリアルに活写し、戒告の理由にしている。

 A上司は女性である。

 いったいどんな気持ちで映像を見、戒告文書を書いたのだろう。

 一方、この件について、日本のトヨタ自動車は“頬かむり”を決め込んでいる。「度を超えた行為があった」としつつも、「現地のルールに則って厳正な処分をしたと聞いている。それ以上のことはわからない」(広報部)というのだ。

 TMPには、社長はじめ幹部を送り込んでいるにもかかわらず、本社は「現地マター」を繰り返す。

 だがTMPの担当者は、「PTには日本人社員が参加することもある」という。ひょっとしたら、日本人も「ストリップ」を“たん能”したことがあるのかも。
 
◇フィリピンで認められた正式組合を無視して227人を解雇
 1989年から操業しているTMPは、マニラ首都圏に隣接するラグナ州サンタロサに78ヘクタールもの広大な工場をもち、カムリ、カローラ、イノーバを生産している。

 従業員は約1,300人。同工場は2005年に3万6,000台を生産し、フィリピン市場の37%を占め、ナンバーワンの座にある。

 従業員によると、PTは6年ほど前からしばしば開かれるようになった。その背景には「労使紛争」が絡んでいるとの証言がある。

 発端は、2000年3月。この月、フィリピントヨタ自動車労組(TMPCWA)が承認選挙で過半数を獲得した。フィリピンでは、従業員の過半数が選挙で承認すると団体交渉権をもった正式な組合と認められるため、労働雇用省は組合認定の判断を下した。

 会社も当然、組合を認めるものと見られていたが、さにあらず。ここから事態が錯綜していく。まず2001年3月、日本では終身雇用をうたうトヨタだが、現地では組合員を一挙に227人解雇(うち136人がいまも解雇撤回を求めている)。これに抗議して組合は2週間のストライキを.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



トヨタのPT活動。会社の費用でパーソナルタッチ。PTとは「Personal Touch of Boss」の略で、国内の「触れあい(HUREAI)活動」にあたる

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約6,500字のうち約2,000字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)
アクセス数 127434 続報望むポイント
1800
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
化学な技術者  20:48 03/03 2011
社会人では当たり前の大人の世界ですよ。当時のセクハラも今では強制わいせつへとエスカレートしてますし、どこの企業でもあることですよ。派遣女性なんかセクハラ嫌がっただけで解雇されてますからねえ。
祁  14:56 04/25 2008
中学校と同じく、企業にも風紀委員が必要ですね。少なくとも、企業活動としてやってはいけないことだと思う。
豊田市在住  11:27 12/30 2007
トヨタの社員がデリヘルやキャバクラにお金をつぎ込みすぎて借金をするまでになったことがある。だからデリヘル、キャバクラ禁止令がでたらしい。今となってはうわさとは思えない…。
きき耳  01:36 12/11 2007
ううむ、ディーラー系は昔からエグかったですが、工場もですか...。
某セクハラ事件を思い出しました。そういう風土だということでしょう。
トヨタ出向技術者  19:03 08/11 2007
トヨタの技術南門駐車場で車に多数の引っかき傷をつけられているのを見ました。あまりの被害車数の多さに驚き、保安に連絡に行くとまともに相手されず。「よくあるよ」だそうだ。ホント、腐ってます。
日本人  19:02 07/21 2007
すみません。日本には
見本になる立派な大人が
ほとんど居ません。
それを見て育った子供が、一流の社会人には
成れないと思います。
女性エンジニア  14:21 07/21 2007
一流外資ではあり得ない話です。トヨタ教のモラルの低さに唖然。