MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
脳機能学者・苫米地氏と編集長・渡邉が対談
袋とじ企画

 

 

 


 オウム真理教による洗脳を解いたことで知られる脳機能学者の苫米地英人氏とMyNewsJapan編集長・渡邉が対談。『週刊SPA!』12月16日発売号に掲載されているのでぜひご購入いただきたい。苫米地氏によれば、プロファイリングという技術などを駆使すれば、会った瞬間に、コールドリーディングが開始される。つまり、「その人の見た目、雰囲気、声色、選ぶ単語などから推測できる」。それは、ニセ霊能者学校でも教えている技術なのだ、という。


◇「会ったらおしまいなんです」
 つまり、自分の頭に入っている過去のデータベースから、相談者に合致するものを引き出してくると、性格や経歴など、ハズレがないレベルにまで絞り込める、というのだ。しかも、「視えている気になっているわけではなく、職業として霊能者やってる人は100パーセント確信犯でやっている」と言い切る。

 だから、「会ったらおしまい、視覚情報でコールドリーディングされる。だから、ダブルブラインドテストをする以外に方法はない」。

 しかし、それにしては精度が高いリーディングで、テクニックや学校で教えられる技術といったものではとても不可能だというのが私の考えなのであるが、苫米地氏はこう言った。「あなたはホンモノの詐欺師に引っかかったことがない。ホンモノは、絶対に見破られないほどいい人だったりする。世の中には、本当に悪い奴がいる」

 確かに私は、それほどひどい詐欺に遭ったことはない。詐欺といえば、学生時代にマレーシアで100万円弱(クレジットカード)によるブラックジャック詐欺に遭ったくらいで、それも、後にガイドブックに手口が載っているのを発見したくらい、頻発する詐欺の手口(しかもカードの限度額を超えたのになぜか使われてしまった分の80万円はカード会社が弁済してくれた)だった。あれは確かに詐欺師だったな、と.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



渡邉の部分
12月16日発売号
扶桑社より発売中

関連記事
記者コメント
アクセス数 5511 続報望むポイント
112
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
井上善友   02:54 01/27 2009
会員
苫米地英人のどこが天才なのか。 「会ったらおしまい」だと? この人こそ、洗脳を解いてあげた方が良いのでは。(笑) 苫米地も彼を信奉している宮崎哲弥も宗教、目に見えない世界に対しては、見識が低い。 渡邉氏の見解が妥当である。