MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
サントリー(2004)
Baa 優良企業予備軍
(仕事4.0、生活4.3、対価3.4)

 東京支社(赤坂見附)の7階には、佐治信忠社長から部長以上に対して、毎日のように電話が入る。販売数値の達成状況から、個別店舗のことまで、細かい指導が入るのだ。かつて、販売促進を使命とする営業推進部があった東京支社6階は「第6サティアン」と呼ばれ「鬼の残業」で知られていたものだが、現在、暗い空気が流れているのは、万年赤字のビール事業部がある7階だ。

【Digest】
◇ブラマネ中心
◇1ブランドにつき基本1名で回す
◇ほとんどが地方営業からスタート
◇「キャリアデザイン制度」はこれから
◇2005年にお台場へ
◇子供の名にブランド名を付ける社員も
◇住宅補助が高い
◇嘘でない「やってみなはれ」


ブラマネ中心
 サントリーは2003年12月期決算で、キリンビールに加えアサヒビールにも連結売上高・営業・経常・最終利益の全項目で抜かれるなど、追い詰められつつある。2003年10月にカンパニー制に移行し、収支を厳格に管理する仕組みにするといった改革を進めている。

 こうなると、儲け頭の食品カンパニーは良いが、ワインやビールといった業績が悪いカンパニーに所属する社員には、プレッシャーがかかる。なかでもビール事業は、販路切り崩しの難しさなどから約40年もの間、万年赤字という厳しい事業。それでも続いているのは、同社がズブズブのオーナー企業で、ビール事業自体、オーナーの趣味から始まったような“政治銘柄”だからに他ならない。

サントリーのブランドマネージャー
◇1ブランドにつき基本1名で回す
 サントリーといえば、ビール以外にも、ソフトドリンクを中心としたインパクトのあるCMで有名。「伊右衛門」「DAKARA」「なっちゃん」「ボス」「モルツ」・・・。これら個別ブランドの運営全般を任されているのが、各事業部の企画部に属する、ブランドマネージャー(ブラマネ)と呼ばれる人たちだ。

 同社のブラマネの特徴は、そのブランドについて、あたかも社長であるかのように、ほぼ全ての権限を握っていることである。年間数十億円にも上る予算内でいかに結果(販売実績、消費者評価…)を出すかを求められるため、無駄遣いも出来ない仕組みだ。

 しかも、これだけ有名なブランドであっても、実際に個々のブランドを管理しているのは、課長でさえない20代の若手であることも珍しくなく、管理職は複数のブランドを統括し、カテゴリー全体を見る立場にいる。

 日本コカ・コーラや花王といった他の消費財メーカーの場合、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



サントリーの組織
サントリーの年収推移

関連記事
記者コメント
本文:全約8,900字のうち約8,000字が
企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
キャリアコラムのメルマガ登録は こちらからお願いします
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい
アクセス数 23510 続報望むポイント
1276
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項