MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
おまけで買わされる今年の「ボジョレ・ヌーヴォ」
量販店の店頭にて。「11月18日解禁」。

 72万ケースも売り放った昨年のボジョレ・ヌーヴォ。『酒販ニュース』(2004年11月1日号)によれば、今年は、さらに上積みして、90万ケースを売る予定という。昨年はフランスの猛暑を都合よき材料に「100年に1度」などという甘いささやきで多くの女性を篭絡させた?まではよかったものの、はてさて今年の天候は、4月からの長雨で根腐れ、おまけにヒョウまで降ってといいことがありません。

 つまり、今年のブドウの実りは平年並み。そうです、並み級なんです。にもかかわらず、昨年の勢いで、さらに上積みして、引き続き巨額の輸入契約を結んだ輸入元のサントリー、メルシャン、マンズワイン……。

「今年は輸入量が過去最高。空前の売上げが予想されています。味も上々ということで…」(TBS「news23」より)と虚偽の情報を流すテレビ局。
 2匹目のドジョウが釣れないことを察知し、焦って仕掛けたのは、なんと「おまけ!」。景品(抽選でソムリエナイフやワインセラー、お皿、フォーク、DVDをプレゼントなど)、懸賞、送料無料、まとめ買いで値引き…といった特典を餌に、商品説明能力がないコンビニや食品スーパーのフロアに山積みさせて、とにかく買わせてしまえ!そうでもしなくちゃ、商品寿命の短いヌーヴォは不良在庫として大量に抱えることになってしまう、と躍起の商法を繰り広げ始めたのです(『酒販ニュース』2004年10月11日号より)。

 不順な天候については口を閉ざし話題にせず、ゆえに昨年のようなマスコミを総動員しての煽りもやりにくく、焦った挙句のおまけ商法です。

 ただしこれを成立たせるのも香りだけが華やか、しかし未熟で薄っぺらでうまくもないヌーヴォの味に消費者(特に女性たち)がいつまでも気づかぬという前提のもとに、である。

 そして同時に目先の売上げのみに血道を挙げ 90万ケースの新記録を打ち立て?同時にワインの味に無知な日本人!をまたもや世界中に宣伝し、恥まで曝すことになる輸入業者の責任は極めて大きい。

 のみならず、本来の味の啓蒙を怠り、未熟味の生酒で自ら首を絞め、今になって低迷を嘆く清酒業界と同じ墓穴を掘ることに・・・。

※酒販ニュース=醸造産業新聞社が発行する業界紙

関連記事
記者コメント
アクセス数 6315 続報望むポイント
1155
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
やまおか しろう  19:45 06/04 2007
原料のブドウは、農薬栽培されているので当然残留農薬有り。 酸化防止剤は、メタ重亜硫酸カリウムという薬品が世界基準の2倍以上も入っています。 みなさんはこれを知っててワインを飲んでいますか?
確かにジュース的  19:05 09/14 2006
確かに、売り方変えればいいのに。
今年近所の酒屋で(安くで)買ったのは、グビグビ飲めて結構美味かったけど、すぐ無くなっちゃった。
あれだったら、年中飲んでもいいゾ。
ヌーボーは  21:59 09/12 2006
初鰹みたいなモンでしょ?味も変わんないから、ゆっくり売りゃいいのに。
安く売ってるから、ジュース代わりに有り難く頂きました。
酒屋のあんちゃん  11:57 06/20 2006
2006年になる前にワインブームは去りました。ヌーボーの味を分かる人なんてざらにいません。毎年秋口になると各メーカーからヌーボーの割り当てがきますが、業務卸の当店でも、解禁日に100本くらいしか売れず、船便到着のころには半値でも売れ残り多発です。
響  12:20 01/13 2005
所詮、ヌーボーブームはオトナのお遊び。
奈良時代にはワインが作られていたらしいが、基本的にワインは海外の酒文化である。
我が国に定着するまでは時間がかかるし、現在はその過渡期と捉えられる。
そんな中、海外の酒文化を見事に吸収し、独自のウイスキーを作り上げたサントリーは賞賛されるべきだ。
イギリスで響が受賞のニュースが光る。
uno  01:09 12/13 2004
や、やっぱり。「ヌーヴォ」なんておいしくないですよね。しかも、商品価値があるのは一週間くらいですよね。
 うちは飲食店をしているのですが、今年は誰も「ヌーヴォ」の話なんかしませんし、量販店でも売れ残っていました。