MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「お前が犯人だ、カネ返せ!」――25歳自衛官を自殺に追い込んだ警務隊濡れ衣捜査 遺族が語る無念
「私はしておりません。本当にしてないです」とのメッセージを残して自殺した上田大助3等陸曹。大金庫当番を命じられた直後に起きた手提げ金庫紛失事件で、物証のないまま犯人と疑われ、それを苦にしたと思われる。遺族はブログで苦しい心の内を語りはじめた。(遺族提供)

「私はしておりません。本当にしてないです・‥もう疲れました」――痛ましい言葉を残して、2007年5月、陸上自衛隊の3曹・上田大助さん(享年25)は自殺した。きっかけは、約1ヶ月前に部隊内で起きた20万円入り手提げ金庫の紛失事件。物証が何ひとつないまま上田3曹は「お前が犯人だ」と上司からきめつけられ、警務隊によって連日10時間を超す過酷な取り調べを受けた。その挙句の悲劇だった。「家族思いのやさしい子だった。やさしすぎた。助けてくれって甘えてほしかった」。事件から5年、沈黙を破って遺族は苦悩に満ちた胸中を記者に語った。

【Digest】
◇警務官がブルブル震えていた
◇「心配しなくていい」と言った最後の帰省
◇昇任―金庫番着任の直後に事件発生
◇金庫を持ち出したのは誰か
◇4日間で43時間の猛烈な「自白強要」
◇横柄な態度で部下の死を告げた中隊長
◇悲しみは癒えず
◇「一緒に生きていこうね」ブログ

◇警務官がブルブル震えていた
 2007年5月14日、北海道名寄市にある陸上自衛隊の「第2特科連隊第2大隊第4中隊」という通信部隊で悲劇は起きた。この日の早朝、「カマボコ」などと呼ばれている屋内訓練場の中で、上田大助3曹(25歳)が首を吊っているのが発見された。病院に運ばれたがすでに時遅く、死亡が確認された。

 上田3曹は「営内舎」という駐屯地内の宿舎で生活していた。営内舎とカマボコまでの距離は数百メートルほどある。死亡推定時刻は14日の午前5時ごろ。ほかの隊員が起床する前に営内舎を抜け出し、屋内訓練場へ入って自殺を決行したらしい。 

 自殺に使ったロープは、訓練場の床から高さ約3メートルほどのところに結ばれていた。誰の目にもすぐにとまる場所だったことから、「抗議の意味を込めた自殺だったに違いない」と遺族は思った。

 「抗議」の意図を込めた自殺だった可能性は、遺書からも推測できる。

 上田3曹が持っていた携帯電話のデータのなかに遺書はあった。作成時刻は5月14日午前零時24分。死亡する4時間あまり前にあたる。送信された痕跡はなく「原稿」の状態で保存されていた。

 
遺書 

 私はしておりません。本当にしていないです。ですがしていないけど自分が怪しいのは自分でも分かります。適当、ウソもついたし自業自得だと思います。金庫を盗んでないけど証明しようもないし。証明しようがありません。自分で思い出せないし誰に聞くこともできない。お母さん、兄弟には本当にごめんね。もう疲れました。親不孝ですよね。本当にごめんなさい。精神的に疲れました。本当に疲れました。もう限界です。ほかに犯人は絶対にいます。だれかはわかりませんが犯人は自分のことを恨んでいたのでしょうか? おとしいれようとしたのかわかりませんが犯人を本当にうらみます。犯人を見つけてください。お願いします。(後略)


 「していない」「金庫を盗んでない」「もう限界です」「犯人を見つけてください」――意味ありげなこれらのメッセージに、遺族は思い当たる節があった。10日ほど前、上田3曹は実家に帰省した。その際、家族にある話を漏らしている。

 「大助から電話があったのは4月下旬のことでした‥・」

 大助さんの姉が振り返る。

上田3曹が残した遺書。身の潔白を繰り返し訴えている。長時間に及んだ取り調べで「自白強要」がなされた疑いは濃厚だ。(コピー・遺族提供)

 

◇「心配しなくていい」と言った最後の帰省
  電話の用件は5月の連休の予定についてだった。

 「いまちょっとしたことがあって連休は帰れないかもしれない。いや帰れると思うけど‥・」

 大助さんは電話口でそう言った。家族思いで里帰りは欠かしたことがない。何かあったのか。姉は尋ねたが、「帰ったら言うよ」と思わせぶりな言い方しかしなかった。

 結局、この電話から10日後の5月2日、大助さんは家族に元気そうな顔をみせる。駐屯地から100キロメートル以上離れたT市の実家に戻って一泊。その際、母親に事件のことを話している。

 「おれ金庫番してて、金庫なくなってた。心配しなくていい」

 ごく簡単にそう言っただけだった。翌5月3日には近くの姉のところへ泊まった。このときも事件のことを話している。母親に語ったよりもやや詳しい。

 〈僕が管理を任されていたのは4中隊の部屋にある大金庫だった。その中に手提げ金庫があって中に20万円ほど入っていた。隊の互助会費だった。4月20日の朝、いつものように大金庫の鍵をあけて中を点検した。すると、手提げ金庫がなかった。上司に報告した。中隊長から個室に呼ばれて「お前が盗ったんだろう」と責められた。帰省できないかもしれないと覚悟していた。でも最終的に、帰ってっていいよと言われたので帰ることができた〉

 およそこのような内容だった。深刻な様子には見えなかった。まさか自殺するような危機的な状況が迫っているとは、家族の誰も想像できなかった。

◇昇任―金庫番着任の直後に事件発生
 大助さんが金庫番をするようになったのは、事件のわずか1ヶ月足らず前のことだった。そこにこの事件の不思議さがある。金庫番という重責を担ったばかりの隊員が、自分が管理しているカネに手を付けるという大胆なことをするものか、筆者は疑問に思う。

 遺族の話では、大助さんは高校卒業後、就職難のなかで家族に勧められて自衛隊に入った。選抜試験の難しい「曹候補学生」という枠での入隊だ.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



窃盗犯と疑われ身の潔白を訴えて自殺した上田大助3曹の所属部隊・第2大隊第4中隊がある陸自名寄駐屯地。「地域とともに」「明るくさわやかに」という基地司令の“要望事項”がホームページに掲げられている。
上田大助さんの死について、遺族は陸上自衛隊に対して再三説明を求めた。第2師団司令部幕僚長の国澤輝生陸将補にも手紙を書いた。国澤幕僚長は遺族のもとを訪れ、警務隊の取り調べに行き過ぎがあったことを認める発言をしたという。国澤氏はその後、日立国際電気に天下りした。(下は遺族提供)
陸上自衛隊とのやり取りを遺族が書き留めたメモ。4日間で43時間に及ぶ「任意」の取り調べがなされたという自衛隊の説明が記されている。(遺族提供)
「やさしい子だった。天使みたいな子だった」と遺族は在りし日の上田大助さんを偲ぶ。何年たっても痛みはきえない。(遺族提供)

関連記事
記者コメント
上田大助さんの遺族によるブログ「一緒に生きて行こうね♡♡ 亡き愛する息子の思い出と日々の心情を綴る、自衛隊員 自死遺族のブログ」のURLはhttp://daisuke16.blog.fc2.com/
本文:全約8700字のうち約6800字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「その税金、無駄遣い、するな。」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 21545 続報望むポイント
24
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項