MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
任天堂「マリオクラブ」の闇 強制残業・休日出勤を予めシフトに組み込み、正社員エサに非正規を違法酷使
任天堂100%子会社マリオクラブの時給契約社員M氏の社員証。本人の希望により写真撮影はなし。代わりに社員証を提供してもらった。

 

 


 任天堂のソフト品質管理部に99年にバイトで入社したM氏(現40代)は、係長に「バイトの分際で生意気なこと書くな!」「お前の意見は2ちゃんねるの書き込みと一緒や!」などと罵倒され、外部労組に加入。入社10年目の09年、任天堂は、待遇向上を名目に同部署を100%子会社化し「マリオクラブ」を創設した。時給は200円上がったが「時給社員」と呼ばれ、身分が不安定な非正規のままだった。しかも会社側は11年、事実上、強制的に残業と休日出勤をシフトに入れた労基法違反の疑いが強い「A契約」を新設。A契約を結ばないと子会社の正社員になれない仕組みとした。子会社の正社員になれても待遇は本体の半分。なれなければ5分の1以下のままだ。日本を代表する大企業・任天堂でまかり通る格差の実態を、現役時給社員のM氏に聞いた。

【Digest】
◇「アルバイトのぶんざいで生意気なこと書くな!」
◇「上司が変わらないなら君が変われ」本社人事部
◇労組に入った途端、丁寧語で話し始めたパワハラ課長
◇残業・休日出勤でこき使うA契約を新設
◇違法な強制労働シフトの実態

◇「アルバイトのぶんざいで生意気なこと書くな!」
 京都で活動する労組「きょうとユニオン」のHPに、興味深い内容が記載されているのを発見した。それは「マリオクラブ分会結成」というタイトルで、以下の趣旨が書いてある。

 「2007年12月、任天堂ソフト品質管理部に勤務する非正社員の待遇改善を目的に、任天堂分会を結成しました。ソフト品質管理部で業務の中心を担うのは、いわゆるアルバイトで、待遇は低く、昇給がほとんど無く、時給の上限が1200円と設定されていた為、5年~10年勤めてもほとんど給料が変わらない、というのが実状でした。

 その後、2009年9月にソフト品質管理部が子会社化、マリオクラブ株式会社となりました。子会社化は、アルバイトの待遇改善が目的、と任天堂は主張しています。

 しかし、職種はアルバイトから契約社員に変更されましたが、時給制の時給契約社員であり、その待遇はアルバイトの頃と全く同じです。

 現在マリオクラブの時給契約社員の平均時給は約1200円という事ですので、これに1日の労働時間の6.5時間と月の平均勤務日数の20日を掛け合わせると15万6000円となります。ここから税金・保険・年金などで合計約3万円が控除され、手取りは約12万6000円となります。

 (ちなみに京都市の生活保護が月約12万6000円です)

 任天堂正社員の平均年収は約800万円であり、その格差は桁違いです。

 マリオクラブ分会は、この様な給与格差を含む非正社員の待遇が改善されるまで、これからも活動を続けていきます」

マリオクラブ分会の結成文。きょうとユニオンHPより
 任天堂でまかり通る格差の実態を知るため、同分会の組合員M氏(40代)に話を聞いた。M氏の話は、以下の通りだ。

 M氏が任天堂にアルバイトで入社したのは1999年のことだった。所属は任天堂ソフト品質管理部。仕事内容は「デバック業務」だった。同業務はゲームの不具合を調整する仕事のことで、例えば、Aボタンを押してジャンプするはずが、しない、といった不具合を調整する。

 デバック業務は、1つのソフトに対して、数人が担当する。

 「1つのプロジェクトにつき、短ければ数週間、長ければ数か月担当します」(M氏)

 当時の同部署の人員は、アルバイト約100人、他に事務やバイトを管理する正社員約20人。M氏らバイトの作業場は、本社内にある大部屋だった。そこには長机が並び、ゲーム機やパソコン、モニターが置いてある。そこに座って作業をした。

 M氏の当初の時給は1000円、交通費は別途支給だった。

 入社後、上司からパワハラを受けた、とM氏はいう。「別室に呼び出されて、計10回以上、上司に罵声を浴びせられました」(M氏)

 M氏が最初に罵られたのは2000年頃のこと。M氏は「モニター意見」といって、あるソフトを実際に使って遊んで、感想をレポートに書く仕事をした。

 「そのとき、ソフトの中の表現が、これはちょっと問題があるんじゃないか、とレポートに書いたんです。そうすると、当時のA係長(30代後半位)に、パーテーションに囲まれた打ち合わせをする部屋に呼び出されて、こう怒鳴られました。

 『アルバイトのぶんざいで、評論家気取りで生意気なこと書くな!』

 他にも、作業場の空調の調子が悪かったので、『何とかしてもらえませんか?』と言うと、A係長にこう怒鳴られました。

 『お前らごときのために、そんなもん、いちいちやってられん!!.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



M氏の職場の旧任天堂本社(京都市東山区福稲上高松町60)
表の一番下が任天堂100%子会社のマリオクラブの記載欄。有価証券報告書(2011年度)より
任天堂社員の平均年収は905万3480円。有価証券報告書(2011年度)より
きょうとユニオン執行委員長の玉井均氏。同ユニオン事務所にて

関連記事
記者コメント
本文:全約7200字のうち約5700字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

アクセス数 13990 続報望むポイント
9
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
   23:59 06/15 2013
非正規という奴隷制度を維持される理由は何だろうか。
ドライブ  15:29 06/15 2013
カプコンのパワハラ解雇事件といい、任天堂も同じ穴の狢か。 従業員の雇用、労働環境を蔑ろにするゲーム会社は倒産も含めて、業界から退場すべし。
たかす  07:56 06/12 2013
無能な上司だね 意見を吸い上げないならなんら日本でやる意味はないし、労務リスクもあるから海外移転を検討した方がいい