MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
築地事件・目撃者4人が証言する警察の嘘 築地署・高槗真知子巡査が「暴行受けている」と虚偽通報、無実の一般人をでっちあげ逮捕し19日間拘束
講演する原告の二本松進氏。激高した女性警官が「暴行を受けています」と虚偽の通報をしたため、彼は数十人以上の目撃者がいる前で不当逮捕された。

 07年10月の朝、東京・新宿区で寿司店を営む二本松進氏(67歳)が、築地市場で仕入れをした後、妻が運転席で待つ車に戻ったところ、女性警官から「法定禁止エリアだ」と言われて口論となり(実際には違反なし)、警官が「暴行を受けています」と虚偽通報。二本松氏は公務執行妨害の現行犯で逮捕され、19日間も拘束の末、起訴猶予処分となった。泣き寝入りするわけにもいかず、二本松夫妻は、東京都(警視庁)と国(検察・裁判所)を相手取り、09年10月に国家賠償請求訴訟を提起せざるを得なくなった。現場は朝8時の築地市場前で、数十人から百人程度の目撃者がおり、二本松氏が警官に暴行など全くしていないことが明らかとなっている。ところが裁判長は、そのなかから名乗り出た、双方に利害関係のない4名の目撃証人尋問申請を却下し、事件直後の目撃証言を含む現場検証記録や二本松夫妻の検事調べ調書など警察・検察の重要書類を片っ端から隠蔽させた状態で、3月18日に判決を言い渡す。事件の実態と“絶望の裁判所”をリポートする。(末尾で4名の目撃者陳述書、最終準備書面をPDFダウンロード可)

【Digest】
◇尋常ではない興奮状態
◇第2の高知白バイ事件~目撃者多数
◇実際は現場で何が起きていたか
◇疑問続出の女性警官証言&供述
◇「暴行は一切なかった」と4人の目撃者
◇裁かれるのは誰か? 何か?

◇尋常ではない興奮状態
 裁判を起こした原告2人と第三者の目撃者4人、計6人の話を総合すると、この築地事件は、きわめて単純な出来事であることがわかった。

 2007年10月11日、二本松進氏(当時59歳)が、築地市場で仕入れをした後、車に戻り、帰ろうとした。

 糖尿病の関係で視力の悪い二本松氏は、その時点からさかのぼり5年前から運転を止めており、妻が運転し、運転席に座って夫を待っていた。

 右前方辺りに巡回中の築地署交通課の高槗真知子巡査が立っていたので、「すみません、そこを退いてくれませんか」と依頼すると、彼女は「法廷禁止エリアだ」と車が一時停止している場所を指摘した。

 その言葉を聞いた二本松氏は駐停車違反の取り締まりかと誤解し「運転手がいるのにだめなの?」「放置車を放任しておかしいよ」などというような趣旨を何度も伝えた。

 現場は築地市場前だから、仕入れや集配などの車が多数路上停車してあり、ドライバーは買い出し等で車内にいない。二本松氏としては、周囲の数10台の放置車を放任しながら、なぜこの警官は運転手が座ってエンジンをかけて出発しようとする車をとがめるのか、おかしく思ったと言う。

 二本松氏と警官は言い争いになってしまったが、両者でやりとりされたキーワードの趣旨を変えずにシンプルに整理すると次のようになる。

 「仕入ならいい」「トランクと後部座席見てください、うちも仕入です」「乗用車はダメ」「仕入なのになぜダメなのか」「法廷禁止エリアだ」「免許証出せ!」「運転者でもない私がなぜ免許証出さなきゃならないのか」……。

 ここまで読んだ読者は、おそらく駐停車を取り締まろうとする警官とドライバーが言い争いをして捕まった、と思ってしまうかもしれない。だが、二本松夫妻は全く道交法に違反しておらず、肝心の警官も当初「法廷禁止エリア」と場所を示すのみで、まったく取締りもしなかった。

 何も起きていないのに、正論を述べる相手にカッとなった警官が通報してしまったにすぎないのだ。

 もめごとが起きる前、最中、二本松氏が逮捕された後まで、すべてを至近距離で目撃していたA氏は言う。

 「もちろん、お互いに興奮しているから大きな声になるのはわかるんですが、婦警さん、すごかったんですよ。後で検事さんにも言ったのですが、もう○○○○沙汰ですよ、って。

 こういう言い方をすると問題になるかもしれないですけど尋常じゃないんですよ。トチ狂ったとしか言えないような興奮ぶりでした。もし録音して普通の人に聞かせたらびっくりすると思いますよ」

 目撃者4人の話を総合すれば、築地市場前の路上で言い争いになった警官が、多数の見物人の前で二本松氏に正論を言われて激高し、警官に暴行したと虚偽通報し、駆けつけた警官に逮捕させてしまった。まさにデッチ上げ逮捕である。

事件現場の見取り図。朝8時頃の築地市場前なので放置自動車が多く、出入りする人も多い。感情を爆発させた警官のことを多くの目撃者が至近距離で見ていた。
◇第2の高知白バイ事件~目撃者多数
 その裁判の一審判決が、事件発生から丸8年が過ぎた2016年3月18日に出される。この裁判のプロセスを見ていると、「高知白バイ事件」を思い起こす.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



(上)警察が作成した再現実施結果報告書にある写真。A高槗巡査長、B渡邉巡査部長、C原告の二本松進氏、D原告の二本松氏の妻(以下の画像の写真も同じ)。この写真では、Dの妻が車の外に立っていて警官2名と遭遇したことになっている。 ところが(下)の目撃証人A氏2回目の陳述書や筆者の取材に答えて、奥さんは運転席に座っていたと断言。運転者が乗車しエンジンをかけていつでもでられる車を取り締まれるはずはないから、警察としては奥さんが路上に立っていてくれなければ困る。 目撃証人A氏も他の証人も全員が原告と面識のない中立で客観的な立場。そのA氏は「(警察が作成した写真は)嘘に満ち溢れているもの」と怒りを隠さない。
(上)警察が作成した再現実施結果報告書にある写真。A高槗巡査長、B渡邉巡査部長、C原告の二本松進氏、D原告の二本松氏の妻(記事末尾ダウンロードの最終書面では原告Bと表記)。(下)は目撃証人E氏の2回目の陳述書。「運転をしていない二本松氏に免許証提出を求めるのはおかしいと思って見ていた」と言う。また、警官がヒステリックに二本松氏に迫っていたことも目撃している。
A高槗巡査長、B渡邉巡査部長、C原告の二本松進氏、D原告の二本松氏の妻。拳を胸の前に合わせて左右交互にひじ打ちを食らわせたというストーリーを描いている。それに対して(下)の目撃証人D氏は、こんな場面は100%なかったと言い切る。目撃者4人全員が、二本松氏が暴行をふるったなどというのは完全に嘘であると述べている。
A高槗巡査長、B渡邉巡査部長、C原告の二本松進氏。運転をしない二本松氏が車に乗り込んで2mほど逃走したと警察は主張し、それに沿って撮影したのがこれらの写真だ。(下)は目撃者C氏の2回目の陳述書。C氏は、二本松氏が車に乗って動いたなどということは100%ない、と言っている。他の目撃者も同じで、警察撮影の写真は偽造と断言。警察がつくりあげたものだ、とC氏は怒っている。

関連記事
記者コメント
第一審判決
2016年3月18日(金)11:00 東京地方裁判所709号法廷 地下鉄「霞ヶ関駅」A1番出口
本文:全約10700字のうち約9300字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「その税金、無駄遣い、するな。」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 5010 続報望むポイント
124
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
林克明  14:45 03/24 2016
会員
公務執行妨害は警察官の狂言だった。3月18日の判決で、二本松市が警官に暴力をふるったことはなく、警官によるでっちあげだったことが認められ、裁判所は警視庁(東京都)に240万円の賠償金支払いを命じた。
築地公妨デッチ上げ国賠 勝訴!  00:50 03/21 2016
会員
左記林克明氏はこの築地署デッチ上げ事件に対し、現場において目撃証人取材、裁判長らの訴訟指揮取材、原告・被告らの証人尋問取材を通じて、事件の真実を第5弾まで追跡しています。ぜひ閲覧して頂ければこの事件の真の恐ろしさが分ります。
築地公妨デッチ上げ国賠 勝訴!  15:21 03/20 2016
会員
⑤警察官の虚偽通報に端を発したデッチ上げ捏造事件の6年半余の長い国賠裁判で、築地署・東京地検の犯罪を隠蔽するため被告都・国は計22名指定代理人らを投入したが、原告らは裁判過程でこの不公平な税金の無駄遣いをも、その財源に税金を納めている国民にぜひ知って戴きたいと考えてきました。この事実もより多くの方々に拡散して頂ければと存じております。
築地公妨デッチ上げ国賠 勝訴!  15:03 03/20 2016
会員
④第1審の勝訴も警察・検察の証拠隠蔽、事件捏造を秘密にする蜥蜴の尻尾切り判決でしかない。「被告らは本事件の発生の原因・この種の事件発生を未然に防止するための方策、並びに本事件に直接・間接に関与した特別公務員の処分内容を明らかにした謝罪文発行」は却下されたままである。
築地公妨デッチ上げ国賠 勝訴!  14:56 03/20 2016
会員
③今回マスコミ各社の報道は主に勝訴判決の要旨を伝える内容にとどまっているが、左記林克明の取材報道のように真実を伝えて警察・検察の違法行為を糾弾して是正を促す内容が望まれる。よって、本マイニュースジャパンの読者の方々による真実の記事の拡散して戴ければ幸いに存じます。(④に続く)
築地公妨デッチ上げ国賠 勝訴!  14:34 03/20 2016
会員
②報道各社は単に国賠裁判における判決文をそのまま報道するのみで、警察・検察・裁判所の闇の部分にまで踏み込んだ取材報道する社は今回は無し!(③に続く)
築地公妨デッチ上げ国賠勝訴!  14:29 03/20 2016
会員
①平成28年3月18日第1審勝訴!応援して下さいました皆様に感謝!感謝!引き続き応援方。地裁判決は高橋真知子・渡辺すみ子両警官の公妨事件捏造を認めるも、証拠隠蔽・事件捏造を主導した捜査警官(中島有侍警部補・前橋淳一巡査部長・小島修平巡査部長)、五島真希検察官の責任は回避させようという意図が明白。(②に続く――原告より)