MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
やっぱり危ない鎮痛薬「アセトアミノフェン」――妊娠中使用で発達障害リスク増加 「危険性認め、過剰摂取防止を」戸田克広医師
日本で早くからアセトアミノフェンの胎児への危険性を指摘し、慎重投与の必要性を訴えてきた戸田克広医師

 鎮痛剤「ノーシン」や風邪薬「パブロン」などの主成分である「アセトアミノフェン」。病院では「カロナール」という名で、妊娠中も服用できる唯一の解熱鎮痛剤として広く処方されている。だが近年、有害性を示す研究が続々と発表され、2019年10月の最新研究では、臍帯血中のアセトアミノフェン濃度が高い赤ちゃんは、低い赤ちゃんと比べ、発達障害になるリスクが約3倍に増加。有害可能性は高いが代替の安全薬がない困った状況だ。アセトアミノフェンの有害性を指摘してきた戸田克広医師は取材に対し、「公的団体や学会が危険性を認めないため、過剰摂取もあるのが現状。代替薬がないので禁止はできないが、危険性を認め、患者に説明して必要最小限の使用にすべき」と提言。妊娠前・妊娠中の注意点についても聞いたので、自己防衛のため、ぜひ読んでいただきたい。※注意:妊娠中に飲んだからといって必ず副作用が出るわけではありません。(アセトアミノフェン主剤の一般用鎮痛解熱剤、市販風邪薬一覧は画像参照)

【Digest】
◇妊娠中でも使える唯一の鎮痛剤のはずが…
◇子どもの臍帯血と母親の血液で検証、発達障害リスク3倍
◇欧米では妊婦の50~65%が使用
◇危険性を認めれば、使用は必要最低限になる
◇妊娠前に虫歯や慢性痛の治療を済ませよう
◇危険性の証拠は確実に増えている

◇妊娠中でも使える唯一の鎮痛剤のはずが…
病院で処方される「カロナール」の添付文書
 アセトアミノフェンは、妊娠中でも安全に使用できる解熱鎮痛剤とみなされてきた。病院で処方されるのは「カロナール」という薬で、一般薬としては「ノーシン」(アラクス)などに使われている。

 また風邪薬「パブロン」(大正製薬)、「ルル」(第一三共ヘルスケア)、「コンタック」(グラクソ・スミスクライン)などにも使用されている。

 同じ鎮痛解熱作用を持つ成分としては「ロキソニン」や「アセチルサリチル酸」などの非ステロイド系抗炎症薬成分もあるが、これらは妊娠後期に使用すると胎児に異常を起こすことが知られており、妊婦は使用できないことになっている。

市販の解熱鎮痛剤の添付文書。アセトアミノフェンを使ったノーシンには、妊娠中の使用の注意書きはない
 市販薬の添付文書を見ると、「ロキソニン」やアセチルサリチル酸を使った「バファリン」には、「出産予定12週以内の妊婦」は使用してはいけないと書いてあるが、アセトアミノフェンを使った「ノーシン」にはそうした注意書きはない。

 確かにほかの解熱鎮痛剤と比べると安全といえるわけだが、2013年以降幾つかの疫学調査で、妊娠中のアセトアミノフェンの使用で、生まれた子どもの自閉症スペクトラム障害(ASD)や注意欠陥・多動性障害(ADHD)などの発達障害の発症リスクを高めることが示されてきている

 5年前の2014年11月、その危険性を指摘する記事を書いた。

「パブロン」「ベンザブロック」「ノーシン」は環境ホルモン成分入りで子どものADHD増加、精巣がん10倍のリスクも

 その後もデンマークやスペイン、ノルウェー、ニュージーランドなどで5つの疫学調査が論文として発表されている。

 そこでは母親に対して妊娠中のアセトアミノフェンの使用の聞き取りを行って、その頻度と、子どもたちの発達障害の発症リスクの関連が調べられている。

 アセトアミノフェンを使用しなかった母親と比べて、アミノフェンを使用した母親の方が子どもの発達障害の発症リスクが高くなった。

 使用期間が長いほどリスクが高くなるなどの結果が示されてきた。

 ただ、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、今のところ基準の見直しなどは行なっていない。

 2015年にFDAが発表したレビューによると、上記の疫学調査は、妊娠中の女性への聞き取りでアセトアミノフェンの使用が推測されているため、実際に胎児がどの程度薬剤の影響を受けているのかについては確実性に欠け、因果関係があるとは断定できないとしている。

◇子どもの臍帯血と母親の血液で検証、発達障害のリスク3倍
 その不十分な点を埋める最新研究が、2019年10月に論文として公表された.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



赤ちゃんの臍帯血中のアセトアミノフェンの濃度と成長後の発達障害の発症リスクの関係
アセトアミノフェン主剤の一般用鎮痛解熱剤一覧。妊娠中の注意書きはないが、気をつけて必要最小限の服用を心掛ける必要がある
アセトアミノフェンは市販の風邪薬にも使われている。これらも妊娠中の注意書きはないが、気をつけて必要最小限の服用を心掛ける必要がある

関連記事
記者コメント
本文:全約5800字のうち約4600字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

アクセス数 962 続報望むポイント
6
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項