MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
日経が社説で大本営発表 特殊指定で最後の悪あがき
日経3月16日付社説

 


 日本経済新聞社は3月16日付で「新聞特殊指定の堅持を」と題する社説を掲載した。これまで、業界団体「日本新聞協会」の立場で偏向した見解のみをニュースとして載せることはやってきたが、いけしゃあしゃあと社説のスペースを使い、経済的規制による自社の保護を訴えるのは初めて。

 公正取引委員会は時代錯誤となった特殊指定の見直しを進めており、16日には出版社が教育委員会関係者らに行う営業活動を強く規制した特殊指定を廃止する方針を発表。このタイミングでのエゴ丸出しの社説は、「次はついに新聞か」との焦りが感じられる。

 社説の内容は、毎度のことであるが、論理破綻しており、すべての内容を完全に反駁できる。この社説によれば、特殊指定が見直されると「販売店間の価格競争激化を通じ個別配達制度の崩壊につながる。新聞社は報道の質の維持を含め社会的な使命を果たせなくなる恐れがある」としているが、両者に全く相関はない。

 他の業界のように競争が激化して価格競争が激化すれば、新聞社はコスト低減の努力をせざるを得なくなり、安くて良質の新聞が消費者に届けられるようになる。

 平均41歳0カ月で平均年間給与1,283万円(2004年12月31日現在)という明らかに市場価値より割高な実力以上の社員の高給を、世間並みの成果主義導入で下げるだけで、新聞は相当に安くなる。私は、日経のデスクや部長や編集長らが、世間では全く使い物にならない人間だらけで、社外に出たとたん、年収を3分の1にしても雇い手がいないことを、実体験として見ている。

 競争が激化した結果、経営者が無能で業績が悪化した新聞社については、ソフトバンクのような新規参入者が買収することが予想され、新たな風が吹き込まれることで、業界は活性化する。少なくとも、100年以上前にできた新聞社しかない旧態依然とした現状よりは、「社会的な使命を果たせ」るようになることは疑いがない。なぜ新聞社だけ保護されなければならないのか?正当な理由は一つもない。

 マスコミに依存する御用学者や御用評論家たちは、内心おかしいと思っていても、規制緩和論者であるはずの竹中平蔵が特にそうだが、この問題をタブーにする。テレビや新聞に出ることで講演料が上がり、それでカネ儲けをしているからだ。自立できないままに、マスコミと癒着しているのである。

 また、たとえば「朝生」で新聞の販売問題をテーマに討論することはありえない。テレ朝の実質的な親会社が朝日新聞社で社長も朝日新聞から天下ってくるからである。田原総一郎氏は「朝生にはタブーがない」といっているが、完全に嘘である。

 一方、大前研一 氏や日垣隆 氏といった独自のメディアを持ちつつ説得力のある発言を続け、経済的にも自立している論者は、新聞を一切、定期購読していないことを公言。良質なインプットがなければ良質なアウトプットはありえないことを証明している。

 このような社説を見せ付けられてまで、新聞を定期購読して新聞社に「不当に高い」収入を与える必要は全くない。規制がなければ本来はもっと安いのだから、不当なのである。読者は、不当に割高な新聞を読むくらいなら、もっと良質なインプットにカネをかけるべきであり、即刻、販売店に新聞の定期購読をストップする電話をかけねばならない。

関連記事
記者コメント
アクセス数 11005 続報望むポイント
1078
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
じゃんぽーるふーこー  08:19 01/10 2013
日垣隆は気違い。
max  00:53 07/13 2009
ひとつだけ気になる。 指摘される制度が全て無くなって、完全自由化になると、極端な話、全紙「東スポ化」しないか? 今のジャーナリズムも問題あるが、センセーショナルな記事に傾向しがちな読者にも責任はあると思う。言論の自由が媒体の売れ行きに左右された時点で、ジャーナリズムは終わる。
じろう  11:59 06/04 2006
 今回、特殊指定が存続することになって、とても残念です。
 もう、どこの新聞も取りません。
やはり屈したか  10:16 06/03 2006
 結局新聞各社の一面的報道キャンペーンと政治家への擦り寄りで、公取委は屈することになってしまいましたね。
 押し紙問題も「知らぬ存ぜぬ」のまま。嘘を突き続ける上に政治力で圧力をかける彼らに「公器」を標榜する資格なし。
 購読部数は実質は減り続けているはずで、既に死に体の新聞各社の最後の悪あがきなのでしょう。
カナメ  01:06 03/26 2006
小泉が本当にネオリベであれば廃止すべきですよね。廃止しないんであれば本物ではない。似非ということになる。
聖域をつくるな!!  19:39 03/24 2006
 無知な国民は、特殊指定なくなったら、本当に宅配制度が存続できなくなるとか、思ってるのだろうか?
 さっさと、特殊指定廃止して、新聞社にも競争原理を投入してほしい。
新聞社の給料高すぎ・  02:56 03/21 2006
最近、どの新聞も特殊指定撤廃に反対する記事を書いてますが、公正取引委員会は圧力に負けず、特殊指定の撤廃を決行してもらいたいものです。