MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
【こだわりグルメ】“海の農薬”酸処理剤を使わない養殖海苔 ヤマムロ(焼き海苔/お取り寄せ)
作業をしている島内啓次さん。

 


 自然食と思われがちの養殖海苔には、病原体の増殖を防ぐ酸処理剤や、硫酸アンモニウムなどの化学肥料が普通に使われている。コンビニや回転寿司の海苔は、酸処理で価格は安いが、硬くて味や香りも落ちる。ヤマムロ(北海道北見市)は「見かけだけでなく味が第一」と考え、佐賀の生産者とともに、こうした”海の農薬”を使わない海苔作りを実践。緑がかった色、あぶると匂う磯の香り、サクサクとした歯ごたえは、まさに「味付けのり」のようだ。

【Digest】
◇「養殖海苔が自然食」は嘘
◇酸処理剤は"海の農薬"
◇酸処理していない養殖海苔を求めて
◇アサクサ海苔とスサビ海苔
◇「蛍光染料使用」事件での対応


◇「養殖海苔が自然食」は嘘
 海苔には天然海苔と養殖海苔とがある。養殖海苔は、抗生物質など化学物質の汚染がない自然食だと思っている人が多いようだ。なぜなら、養殖魚のように生けで密飼いにされたり、農薬や食品添加物などに汚染された餌も与えられてはいないからだ。

 しかし、海苔の病気を防ぐために使うクエン酸や塩酸などの酸処理剤や、硫酸アンモニウムなどの化学肥料の問題がある。

 以前、有明海の養殖海苔の色落ちと不作が問題になった。その原因として諫早湾干拓事業の堤防門が原因ではないかということで、門を開ける、開けないが論議された。水門の影響も一要因となったであろうが、他の要因として考えられるのが、酸処理剤や化学肥料である。

養殖海苔の栽培法

 

 海苔の養殖は、一般的に支柱式で行っている(画像)。支柱式は満潮時と干潮時の間の水位に網をはる。満潮時には網は水面下の海水に浸かっており、海水の栄養分で海苔が育つ。干潮時には網が水面上に上がり太陽の光と風で、病原体が取り除かれ病気にかかりにくくなる。

 このように干潮時に網が露出することを干出かんしゅつという。干出で太陽の恵みをいっぱい浴びた海苔はやわらかく、味や香りがよくなる。

 天然の岩海苔は自然に干出する波打ち際に生息している。海面から離れた岩場や海の底には決して生息していない。海水に浸かったり、太陽の光や風を受けたりしながら海苔はゆっくり育ってゆくのだ。

 ところが、コンビニなどでおにぎりや海苔弁当が盛んに売れ出した頃、海苔の需要が多くなった。そこで早くたくさん海苔をとるために網を干潮時よりも下にし、満潮時も干潮時も水面下に網があるようにして、24時間海水に浸かるようにした。これが支柱式の非干出だ。また浮きの間に網をはる浮流式も非干出だ。

 非干出にすると、海苔の発育は早くなるが、病原体が増殖し病気にかかりやすくなる。それを防ぐため酸処理剤で病原体を駆除する。酸処理をすると海苔は硬くなり、味や香りは落ちることがある。

◇酸処理剤は"海の農薬"
 海苔といえば一昔前までは贈答用によく使われていたが、今や海苔はコンビニや回転寿司で多くが使われている。その場合は機械で巻くため、硬い方がよい。コンビニや回転寿司にとっては、酸処理で海苔を硬くしてくれ、価格も安くなり、うってつけの処理方法なのだ。

 海苔養殖業の関係者は「酸処理剤にはクエン酸やリンゴ酸などの有機酸と塩酸、硫酸、リン酸などの無機酸がある。水産庁では無機酸の使用を禁止しているが、無機酸は有機酸より値段が安く、殺菌力も強いため無機酸を使っている業者もいる」と言っている。

 酸処理は海苔網を酸処理剤の入った箱舟に浸す。その酸処理剤は使用後陸地に持ち帰り、中和剤で中和し下水に流すことが義務づけられている。

 しかし、残った酸処理剤を海に投棄してしまう生産者も少なくないようだ。アルカリ性である海水中に酸処理剤を捨てれば海の環境を破壊し、魚貝類に悪影響を及ぼすであろう。また酸処理をした海苔が人体に与える影響はよくわかっていない。酸処理剤は海の農薬のようなものだ。

 酸処理剤は病原菌のみならず、海の有用微生物まで死滅させてしまう。そのため有機栄養素の分解が進まなくなり、無機栄養素が不足してきた。そこで今度は、化学肥料の硫酸アンモニウム(硫安)を使用するようになった。この酸処理剤と硫安が、約2千トンも有明海に排出されている年もあるとのことだ。

 こんなことを繰り返してきたわけだから、海苔の色落ちが広がっても不思議ではない。海苔だけではなく魚や貝類にも悪影響を及ぼしている。

 このような現状を知ると、酸処理を行っている生産者だけに問題があるかのようだ。しかし、魚連や入札業者や販売メーカーにも問題がある。魚連は色・艶・てり・重さなどを重視して等級を決めている。味や香りは軽視し、酸処理の有無に関してはほとんど考慮していない。入札業者もこのような規準で判断された等級をもとに価格を決め、メーカーが買っている。

 そのため生産者は酸処理をしてでも生産量を増やそうとする。しかし、酸処理をしている生産者も本当は酸処理などしたくないと思っている人も多いのだ.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



養殖海苔場

ヤマムロ(北海道北見市)2代目社長の山室正則さん(下左)と佐賀市西与賀町の島内啓次さん(下右)。

 

 

 

■ヤマムロの商品一覧表

ヤマムロ
◆住所:北海道北見市卸町3-6-2

◆フリーダイアル 0120-36-5435 受付時間:午前9時から午後5時まで
◆TEL:0157-36-5331
◆FAX:0157-36-2406
◆定休日:土・日・祝日
関連記事
記者コメント
本文:全約5,200字のうち約3,000字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「こだわりのグルメ」トップ頁へ
アクセス数 5313 続報望むポイント
235
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
編集部  20:49 10/22 2007
「こだわりグルメ」では5つの条件にかなう食事処、お取り寄せ商品情報を募集中。自薦他薦は問いません。三好氏が調査し、条件がかなえば当企画にて紹介していきます。(MyNewsJapan)。

【募集中】
FAX:03-3505-3707
Email:info@mynewsjapan.com


編集部  20:48 10/22 2007
■「こだわりグルメ」5つの条件
(1)美味しいこと
(2)化学調味料を一切使ってないこと
(3)食材の内容の情報をできるだけ公開できること
(4)適正価格であること
(5)効果、効能を謳わないこと