MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
【スピ20】江原氏の弟子を“宣伝”する霊能者、自宅周りの透視はホットリーディング
スピリチュアルカウンセラーMさんのカウンセリングルーム。マザーテレサの写真が飾られてあった。

 江原氏の元弟子を暗に“宣伝”するスピリチュアルカウンセラーMさんのホットリーディング疑惑は、私が『ブロードキャスター』でも紹介した。Mさんから自宅近くのパワースポットをリアルに言われた人は計6人にのぼる。確かに、枠の中にいるのが嫌だという自分、両親との関係性については、そうだと思えるところもあったが、「スピリチュアルカウンセラー」で検索上位にひっかかる彼女が、日本のスピリチュアリズムの足を引っ張っていると感じた。「霊能者&個人セッション」データ付き(実名入り、会員限定)。

【Digest】
◇HPで江原氏の元弟子を暗に“宣伝”
◇パワースポット透視はホットリーディング?
◇メイン守護霊は戦国時代の武士の妻
◇「いいですか」と説教がはじまった
◇前世は江戸時代の商人の娘
◇前世はストレスで腎臓病と膠原病に
◇上から目線のインテリっぽい先生タイプ
◇両親の健康状態を写真で透視
◇腎臓、甲状腺に不安定なオーラ
◇来年以降、恋愛で出会いはある
◇ブロードキャスター再現はMさんの鑑定
◇スピリチュアリズムの足を引っ張る


 5月22日10時から1時間、スピリチュアルカウンセラーMさんのカウンセリングの電話予約を入れるが、けっきょくつながらず。サイトでの抽選申し込みに変えたところ、4回目にやっと当選メールが届いた。6週間後の2007年7月27日(金)16:15から1時間の鑑定となった。鑑定料を振り込んだ後、場所などの地図が茶封筒に入って、自宅住所に送られてきた。

◇HPで江原氏の元弟子を暗に“宣伝”
 当日、明大前にあるライオンズマンションへ。事務をやっているという女性が出迎えてくれた。お香のにおいを感じながら、ベランダ側の3畳ほどの青を基調とした部屋に通される。

 記入するように言われた用紙を見ると、名前、住所、電話番号、生年月日、年齢、職業、何で知ったか、聞きたいこと、相談したい相手のことなどの項目があった。職業欄は空欄にした。部屋には、マザーテレサの写真が数点。本箱にはシルバーバーチの本や病院のランキングムックが並んでいる。江原啓之さんの本はなし。菅原神社のお札が見えた。

カウンセリング前に記入した用紙。



 部屋に入ってきたMさんはペーズリーのワンピースに水色のブレザー姿。サイトの写真よりも、ちょっと疲れている感じだった。

 録音テープを用意してくれながら、「ときどき霊界の関係で、録音がうまくいかないこともある」とのこと。自分のICレコーダーでも録音したいと告げると、「録音がうまくいかない場合もあるから、念のためそのほうがいい」とMさん。テープで録音できないなら、ICでも録音できないだろうにと思った。同じ検証チームの渡邊さんにも同じようなことを言っている。テープを渡すのは、自分の霊能力に自信があるということだろう。

 「山中さんは、特にご紹介の方はいらっしゃらない?」

--インターネットです。

 「ああ、ほんとう? 珍しい」

--でも、掲示板とか出ていますよね。

 「ああ、そうでしたか」

--江原さんのお弟子だったとか・・・。

 「ああ、ああああ・・ノーコメントでいいですか?」

--でも、ホームページを見ると書かれていますよね?

 HPに「スピリチュアルカウンセリングは、高額な相談料をいただくものではないと、考えております。私がその師匠に師事した当時は、師匠の相談料は1万円でした。それが年々値上げされ、1万5千円となり、あっという間に3万円となりました。この時点で、『方向性が違う』と確信し、自らの意志でその師匠から離れました。その後、その霊能力者の相談料は、5万円となりました。離れて良かったと心から思いました。」とある。
 
 Mさんのカウンセリングは1時間1万7000円。十分高額だ。

 「いえいえ。誰が師匠だったかと、名前をわたしは出していません」

--ああ、でも、いろいろ出ていて。

 「はい。ただ、わたしは自分から誰が師匠だったか、名前は言っていません。申し訳ないですけど」

--はい。

 メディア関係者にも彼女は江原氏の元弟子ということで知れ渡っている。こんな釈明的な話をするのなら、HPで”誘い水”的なことを書かなければいいのに。

◇パワースポット透視はホットリーディング?
 「最初に、山中さまの守護霊の方々がどういう方かをお調べしながら、まず皆様からメッセージをいただきたいと思います。リラックスなされてお待ちください」

 音楽がずっと流れる中、目をつぶっている。2分過ぎた頃から、さっきの用紙に絵を描き始めた。守護霊の欄にも記入を始める。

 「あなたのことを霊査していると、赤い大きな鳥居が出てくるのよね。赤い鳥居がでーんと大きくあって、中に入っていくと石の鳥居が2個かな? 奥に柱の赤いお社があって、手水舎、手を洗うところの木の屋根・・・・わりと近所。えっとね。お家から見て北側かな。あなたの家って、すぐ近くにわりと広い道路があるんだ。西側か。広い道路があって、それをこっちの方に行くのよね。広い道路を出て右のほうに行って、ちょっと右に入ったところに、赤い大きな鳥居の神社がある。入っていくと、石の鳥居がひとつ、ふたつかな。奥にお社があって、赤い柱のお社。手水舎はこっち側か(左)。木の屋根。そういう神社がある。何の神社かな?

 ここ、あなたのパワースポットなのよね。ここにね、かかわる人があなたの背後霊団のひとりについていらっしゃるから、うーん。背後霊の上に背後霊がいて、上のほうに行くと神様になっちゃうのね。神様までいっちゃうと守る人間がすごく多いのよ。わたしの上のほうにいる神様は菅原道真といって、菅原神社なの。あなたの場合、上のほうに行くとヤマトタケルかな?」

 先にMさんのカウンセリングを受けている渡邊さん、田原さんから近所のパワースポットをリアルに言われたと聞いていたので、最初から「これかよ」と思った.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



Mさんがパワースポットだとすすめてくれた「赤い鳥居」の鷲神社。方角も鳥居の数も驚くほどすべてぴったり。

 

「Mさん&個人セッション」データ

 

関連記事
記者コメント
本文:全約13,400字のうち約11,000字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「スピリチュアル検証」トップページ
アクセス数 4353 続報望むポイント
130
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
編集部  10:50 06/10 2008
「スピリチュアル企画」では、下記情報を募集中です(MyNewsJapan)。 ・実体験からホンモノまたはニセモノと思った霊能者、その理由 ・占い及びスピリチュアルでハラスメントや金銭被害に遭った人 Email: info@mynewsjapan.com