MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
【スピ31】船井幸雄氏推薦のチャネラー、顔の形や性格を前日に透視
Iさんのセッションが行われた部屋。

 福祉関係の仕事、そして公務員として働いたIさんは1999年、40歳で「心の眼」が開き、透視能力が開花された途中組だ。船井幸雄さんとも対談し、主催の勉強会もやっている。訪れる前日、わたしのガイドだというロシア人女性と通信し、顔、ファッション、性格などをノートにメモし、それを読み上げた。「顔が逆三角形」「ジーパン」そして性格など、当たっている部分があり、その透視力に驚いた。「霊能者&個人セッション」データ付き(実名入り、会員限定)。


【Digest】
◇8年前に透視能力が開花
◇答えだけ聞けばいいという風潮
◇お母さんは? お父さんは?と質問責め
◇年齢、見た目、ファッションを前日に透視
◇嫌いな食べ物、好きな食べ物を言い当てる
◇ガイドは6人のグループ説
◇バラバラに視える過去世
◇病気はカルマか?
◇道場タイプのセッション


 Iさんは、経営コンサルタントの船井幸雄氏の著書『人類と地球のアセンション』でも対談し、船井メディア主催の勉強会に出席、船井幸雄主催「直感力研究会」で講演もしている。

 船井氏は「この世」と「あの世」のしくみ、 死後の魂など、スピリチュアルな目に視えない世界のことを発言していて、著書も多い。その人が推薦している人というので、興味を持った。

◇8年前に透視能力が開花
 福祉関係の仕事、そして公務員として働いたIさんは1999年10月に「心の眼」が開き、透視能力が開花されたという。彼も“途中組”である。2005年7月から本格的に活動し、会員制の塾(道場)を開くなどセミナーも開催。「毎日の正しい心の在り方と行ないを示す教え」が法だという。

 個人セッションは会員以外の方も受け付けているというので、メールで問い合わせてみた。値段は3万円。時間は特に設けていない。

 メールを送ると、「リーディングは右か左かの占いとして行なってはいませんので、その辺を承知していただきながら、チラシを読んでみてください」とチラシが添付(画像)されていた。

Iさんから送られてきたチラシ

 

 送られてきたチラシには、<私たちは細木数子さんのような「占い師」、江原啓之さんのような「霊能者」ともタイプは異にするものです。カウンセリング、占い、霊能とは違い、「観えたもの、届いたこと」を伝えます。同時に「そこに法を入れて、話して伝えていく」ものです。私たちの特徴は「法を基にした話を説き、伝え、広める」ことにあります。>とあった。

 その後、何度かメールでやりとりをすることになった。そこで繰り返し言われたのが、個人セッションは占いではない。ガイドたちによる言葉を伝えるけれど、それもすべてガイド次第。あとは、ガイドからのメッセージを受け取れるだけの力量を自分が備えているかが条件だという。

 「どういったガイドがわたしについているのかとか、前世などを知りたい」とメールすると、「他の霊能者の方が良いと思います。」と返答。「答えだけを、結論だけを求めているならば、他のところに行かれたほうが早いと思いますよ。」と突き放されてしまった。

 何度か交換したメールで見えてきたのは、これまでにガイド、前世を伝えてきたけれど、「自力」という観点からは遠くなってしまって、答えを出すだけのセッションはやめようと思うようになったということだった。

 「運命も自分が切り開くものであり、自己責任という面を強く持ち、生きてきたと思っています。長年、病気を抱えているので、それも、何かの学び、課題だと思って生きています。それで、どういう人が守ってくれているのかなとか、前世のカルマなのかなと思った次第です。

 それを知ると、課題、宿題も見えて、少しすっきりするのかなと思ったところはあります。」などメールでやりとりを続けたら、ようやくセッションを受ける予約ができた。

◇答えだけ聞けばいいという風潮
Iさんから送られてきたチラシ。

 

 2007年8月8日午後、熱海駅まで女性が車で迎えに来てくれた。そこからIさんの自宅へ。Iさんの第一印象は、「まじめそう」。これも、メールから感じていたことである。迎えにきてくれた女性(セラピスト&レイキヒーラー)、Iさんのパートナー(レイキヒーラー)に囲まれて、セッションが始まった。この2人もチャネラーだという。

 「何でもお話ください。今日は?」

--というと・・・。

 「今日、ここに来られた目的を」「答えを求めてきたんですか?」「道場、学ぶ場で、セミナーみたいな形でやっていきたいと思います。聞きたいことがあれば・・」と続く。

 まだ、とっても警戒されている感じを受けた。

 いままでのカウンセリングと違うなと思い、自分の状況を語ることからはじめた.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



「Iさん&個人セッション」データ

 

関連記事
記者コメント
本文:全約7,600字のうち約5,600字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「スピリチュアル検証」トップページ
アクセス数 3974 続報望むポイント
73
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
編集部  17:04 10/17 2008
「スピリチュアル企画」では、下記情報を募集中です(MyNewsJapan)。 ・実体験からホンモノまたはニセモノと思った霊能者、その理由 ・占い及びスピリチュアルでハラスメントや金銭被害に遭った人 Email: info@mynewsjapan.com