MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「What a funny life!トヨタは現代社会では異質」仏人ジャーナリストに聞く
レナ・モージェさん

 

 


 フランスの時事週刊誌『フィガロ』のトヨタ特集で、仏人ジャーナリストレナ・モージェさんのインタビューを受けた。この3~4月に10日間かけて現地入りし、トヨタの若手社員からベテラン社員まで、およびトヨタ関連企業で働く人たち、日系ペルー人、日系ブラジル人、さらには豊田市内の街角やハローワークの前にいた人たちなど、様々な場所で精力的に取材を試みたという。少なくとも日本のマスコミよりしっかり取材しているレナさんに日仏の違い等について話を聞いた。

--豊田市はどうでしたか?

 「難しい。取材が難しかった。他の国では街角で話を聞くのはもっと簡単なのに、豊田市の人々はなかなか口を開いていただけない。そこはフランス国内とも違う。トヨタ自動車にも何回も取材申し込みをしたが、ダメだった」

--どうしてトヨタを取材しようと思ったんでしょう?

 「トヨタはシンボルの存在。アジアのなかで、日本は経済的に落ち目で、中国に抜かれつつあるが、トヨタが下降線を辿っている問題は、下降線を辿る日本の姿とダブる。トヨタを伝えることは、日本のメタファーだと思ったのです」

--私もその通りだと思う。トヨタには戦後日本の経済的成功と闇の部分が凝縮されている。フランスでのトヨタの評判は?

 「フランスのトヨタのイメージは、クローズド、バッドコミュニケーション。広報情報が少ない。現代社会では異質。友人がリベラシオンの日本の特派員をやっていますが、トヨタ取材のアサインはやりずらい、と。フランスのほうが自由はあります。ストもあったし、不当解雇によるトラブルが表面化したり。トヨタフランスのマネジメントのほうが緩やかです」

--違いの原因は。国民性に合わせているのか。

 「フランスは週35時間労働で、それ以上働かせることは認められません。日勤→夜勤に切り替える際もタイムラグを置かないといけない。法律が日本と違う」

--過労死はない?

 「ないです。十分な休暇がありますから。週35時間労働のほかに、年間で6週間の休みもあります」

--トヨタで働く人たちの話を聞いて、フランスとの違いは何だと感じたか?

 「フランスのほうが失業対策などは充実していますが、工場が中国などに移って仕事自体が減っているため、そのシステムも追いつかなくなっています。だから、日仏のギャップは小さくなっている。トヨタの人は、トヨタで働くことに誇りを持っていると感じました。フランスでは、ただの仕事です」

--豊田の街の印象は?

 「人がいない.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



関連記事
記者コメント
本文:全約2800字のうち約2000字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「マスコミが書けないトヨタ」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
■企画趣旨に賛同いただき、インタビュイーを紹介または取材を受けていただける方には、会員ID(1年分)および薄謝進呈いたします。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 8410 続報望むポイント
499
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
ijuoki  15:51 09/14 2010
子会社に勤務していますが、本体もさることながら、子会社や関連会社の取材もいかがでしょうか。
日本人  22:14 07/24 2010
日本は経済的に落ち目。自動車業界は斜陽産業。そんな盲目な報道姿勢では、フランス国民にメリットがなかろう。
検索中ですが、  21:55 07/24 2010
日本全国の企業HPを見ると、広く共通している傾向にウンザリ・・・。クローズド。バッドコミュニケーション。広報情報が少ない。ホンネとタテマエ。企業秘密。外国語に適応しない。
豊年万作  16:40 06/16 2010
会員
まったく、すばらしい。ここでしか読めない記事ですよ。あまりほめると、やらせだと思われるかもしれませんが。
日本社会でも異質  00:20 06/15 2010
昔労働貴族の日産塩路一郎がいました。今はトヨタ労組の労働貴族の直嶋経産大臣。 トヨタ労組から秘書給料支出、顧問料も直嶋は貰っています。しかも御用組合で、経産大臣が、一私企業の利益にかかわっています。 自分の事だけを中心に考えるトヨタは、普遍的な発想が低い。郵政改革?で埼玉越谷郵便局などで頭の悪いトヨタ式を押し付け大混乱。普遍的な価値があまり無いトヨタ。衰退していくでしょう。