MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
光文社リストラ、年収半減も希望退職44人にとどまる
最大労組の団体交渉報告。基本給が40歳で約49万円と異様に高いことが分かる。

 経営危機によって、メインバンクの三井住友銀行から「破たん懸念先」に分類され、銀行から送り込まれた「山田ビジネスコンサルティング」が策定したリストラ策が進行中の光文社。『JJ』『CLASSY』など女性誌が主力の大手出版社だ。大株主にあたる講談社も3期連続赤字と苦しく、巻き添えをくらう可能性がある光文社への債務保証を拒否。光文社は2010年5月期中の大規模リストラを断行しない限り融資をストップされて倒産するという状況にまで追い込まれた。


 そこで300人余りの社員のうち、特別早期退職優遇制度で50人のリストラ要員を募集。対象は勤続15年以上で、年齢は、最終的に40歳以上にまで拡大された(当初は編集部門は50歳以上だった)。リストラに応募した「たぬきち」氏がブログでリストラの現場を綴ったことで話題になり、書籍化も決定。初版2万部で新潮社から緊急出版されるという。

 今年の4月、対象者全員が1人ずつ呼び出され、総務局長と直属の局長との3者面談が実施され、1人1人に対して、条件面が提示された。40代では、基本割増金が2千万円+特別割増金が18ヶ月分+既存の自己都合退職金×130%。

 45歳の「たぬきち」氏が自身のブログで公表した基本給は59万6820円なので、まず特別割増金は1074万円。自己都合退職金は、希望退職の説明を受けた社員によると、「私が提示された金額を在籍年数で割って、たぬきちの在籍年数を掛けると、約2500万円」。よって合計で約5500万円という、破格の“手切れ金”が渡されることになる。

 ちなみに日経BPでも同じく50人を目標に昨秋、希望退職者が募集されたが、40歳から特別退職金が最低2千万円(または基本給の36か月分)加算されるだけだった。45歳では、既存の退職金と合わせて4千万円ほどの計算になるから、光文社は破格の厚遇である。

◇経営者がノータリンなんです
 果たして、1次で39人、2次で5人の、計44人が応募し、5月末に会社を去った。現在、残る260名体制で再建を目指し奮闘中だが、その雲行きは、かなり怪しい。何しろ、会社を去った人たちのなかには、何と、経理局長と総務局長も含まれているというのだ。

 「たぬきちは書いてないけど、会社の実態を一番知ってる人たちが辞めてるんです。経理局長はカネの流れの実態を知っているし、総務局長はリストラ対象者全員に1人ずつ会って、早期退職制度の説明をした人ですから。この会社は潰れる.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



社内で回覧されている非公式文書。業績や講談社との関係について記されている。
社員総会で発表されたリストラの内容(全光労執行委員会資料より)

 

 

 

具体的な条件面。40代は特別加算金がつく。

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約4,000字のうち約3,000字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
■企画趣旨に賛同いただき、インタビュイーを紹介または取材を受けていただける方には、会員ID(1年分)および薄謝進呈いたします。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 19473 続報望むポイント
402
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
社会人  02:59 08/18 2010
会員
税引後4000万円なら、あの悪名高い朝日新聞社の高額途中退職金より高いじゃないの。びっくりですね〜
額面5200万  09:39 08/08 2010
会員
篠田:退職金は明かしたらまずいの? たぬきち:額面で5200万円です(どよめき) 神林:噂の真相は岡留が勝手にやめた。でも1000万円貰っていない。最初はすごくくれるみたいな話だったのに。 ://reiji0.exblog.jp/d2010-08-06 ほかより
デジタル  23:10 07/18 2010
デジタル化にそって実はほとんどの業界の企業があまり良い業績になっていません。恐らくこれから金融、特に生保も悪くなっていくでしょう。ネットの世界は基本的にデフレを生み出すことになり、人間が生きている価値を見い出したいという思いと技術革新によって起きた便利さとの狭間で苦しむことになります。人間がどう死ぬ時に覚えられたいか、上昇志向はどこにあるのか、見いだすのか難しい世の中になっていくでしょう。
あおぽん  13:20 07/02 2010
往年の広告バブルで成り立ってた業界はすべてアウトですね。紙とデイスプレイを使い分けた新たなビジネスモデルの構築が急がれますが、給料は半分に成りますよ。
電通の下請をやめた者  22:09 06/26 2010
私の勤めていた製版会社は、メインバンクが、三菱東京UFJ銀行でした。銀行が、あと何人切れ!そうしないと、融資はできないと、言ってきたと聞きました。光文社も、銀行が後ろにいたんですね。リストラすると、ちょっと生き延びますね。早くなくなってほしいんですけど。
詐欺師  08:26 06/25 2010
煽ってなんぼの業界。早く倒産してください。人をだましていい給料もらってやがる。
nick  11:03 06/24 2010
出版はデジタル化の波で役割を終えるでしょう。今までさんざん甘い汁を吸ってきたのだから仕方ありませんね