MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
トヨタが大規模リコール166万台
盛んにCM流す『マークX』もリコール

 トヨタ自動車は21日、国内向けの『クラウン』『レクサス』『マークX』など11車種、59万9092台のリコール(回収・無償修理)を発表した。自動車専門誌「レスポンス」によると、全世界では166万台に上ることが分かった。今回のリコールはブレーキ関連で、ブレーキシリンダー内の部品に不具合があり、潤滑性能の劣るオイルを使用すると、オイルが漏れてブレーキが効かなくなる恐れがある。

 日本国内でのリコール対象車は、2002年5月から2006年3月までに生産された11車種、合計59万9029台。このリコールは、全世界にも波及している。

 トヨタ自動車グループ(ダイハツ、日野含む)の世界販売台数は2009年で781万台。一度のリコールで、年間販売台数の2割を越える大規模なものとなり、かつ、『クラウン』『レクサス』『マークX』といった主力の上位車種で軒並みドライバーの命にかかわる欠陥が見つかったことで、「リコール王・トヨタ」ぶりが改めて明白となった。
トヨタ、全世界で166万台リコールへ…ブレーキの不具合
 米国トヨタ販売は、米国では合計約74万台をリコールすると発表。対象車種は、『アバロン』(2005‐06年型)、レクサス『RX330』(日本名:トヨタ『ハリアー』)と『ハイランダー』(2004‐06年型、ハイブリッド除く)、レクサス『GS300』、『IS250/350』だ。また中国でも、リコール対象車は約20万台に上り、その他、欧州市場なども含めると、今回のリコールは全世界で合計166万台に達するという。(RESPONSE 2010年10月22日)

「マスコミが書けないトヨタ」トップページへ

関連記事
記者コメント
アクセス数 7059 続報望むポイント
340
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
正直者  22:37 11/05 2010
「レクソス」のリコール? トヨタの辞書にお詫びと人を褒めるという言葉は無い!!! 傲慢に埋もれた虚業だから
K.Y  14:42 10/28 2010
愛車「レクサスRX330」リコールに関するお詫びとお願い状郵送されてきました。修理時間約1時間50分を要するとの事。 レクサスRX330はこれで3度目のリコール連絡だけど、手紙が届いたのは、今回初めて。 今回のリコールは、よほど重大なのかな?