MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
ポスト戦後のキャリア論-11 望む仕事内容に就くには③
まず考えねばならないのは職と業、つまり「職種」と「業界」

 以上、氷河期の乗り越え方について述べた。ここからは、どこかの会社に入社した後の話をする。入社後に、まず考えねばならないのは、職業の文字通り、職と業、つまり「職種」と「業界」である(右記図参照)。職種も業界も、ともに異なるところに自分のコア動機とコア能力がありそうだ、と思ったら、20代のうちに動かないと手遅れになる。この「職種も業界も変える=完全なキャリアチェンジ」は、第一優先で対処しなければならない。

◇「職種も違う、業界も違う」場合
 20代でまだポテンシャルがあるといっても、この2つともを一気に変えるとなると、他の候補者との比較において明らかに採用において不利だから、できれば第2新卒時期(27才くらい)までに動くのが望ましい。

 私自身、27才で、業界も職種も、新聞記者業からは、まったく縁もゆかりもないコンサル会社へと転職しているが、コンサル業界の景気がよかったことなど、運もよかった(運は重要だ)。30才まで待っていたら無理だったはずだ.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



 

第二優先は、同じ業界内で職種を変える場合

関連記事
記者コメント
本文:全約7,200字のうち約6,800字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
■企画趣旨に賛同いただき、インタビュイーを紹介または取材を受けていただける方には、会員ID(1年分)および薄謝進呈いたします。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 6733 続報望むポイント
118
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項