MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
トヨタ下請け社員がサービス残業を指摘、パワハラ・社内暴力を受け暴行傷害容疑で逮捕
全日本金属情報機器労働組合(JMIU)愛知支部の大平敞也(しょうや)副委員長。浅井氏が無賃労働(サービス残業)に疑問を呈して以降の、彼に対する退職強要や度重なる処分、パワーハラスメントの様子を説明した。

 

 


 トヨタグループの労働運動で逮捕者が出た。今年4月24日、トヨタのルーツである豊田自動織機の下請けでトヨタフォークリフトの部品を製造する三周全工業(愛知県西尾市)の社員・浅井辰宏氏(48歳)が、暴行傷害の疑いで逮捕、5月15日に起訴され、7月末現在も拘留中だ。浅井氏を救援する全日本金属情報機器労働組合(JMIU)愛知支部の大平敞也副委員長の話や、入手した資料から判断すると、ことの発端は、無遅刻無欠勤だった浅井氏が、無賃労働(サービス残業)を止めるよう会社側に要求したこと。その結果、浅井氏は連日のように退職強要を受け、監視カメラで監視され、他の社員から暴行を受けていたという。警察と裁判所が会社側とタッグを組んでトヨタグループの労働争議に介入した可能性が高い。

【Digest】
◇早朝出勤と残業はタダ働き
◇昇給なし、ボーナスは他社員の3分の1 そして監視カメラ
◇若手社員が浅井氏に暴行
◇誰も知らない謎の“10月7日事件”
◇身に覚えのない暴行事件で逮捕
◇会社は一切の取材拒否
◇労働組合と関係しているから釈放しない?

◇早朝出勤と残業はタダ働き
 名古屋市内の組合事務所で応対してくれたのは、浅井氏より労働相談を受け、現在は救援運動に取り組んでいる全日本金属情報機器労働組合(JMIU)愛知支部の大平敞也(しょうや)副委員長だ。

 その笑顔としっかりとした口調、落ち着きから、長年の労働運動や救援運動での経験がうかがわれる。大平副委員長は、トヨタのディーラーから解雇されて闘った経験から、労動運動に関わるようになったという。

 この事件はまったく報道されていないので、何が起きているのかを時系列で一から聞いた。

「2009年の9月ごろ浅井さんが当組合に相談にきたことがきっかけです。ハローワークを通して2008年3月に正社員として入社した浅井さんは、8時から夕方4時50分までの勤務時間だと社長から言われていました。

 彼は朝7時40分に出勤して5時15分までサービスで働いていたのです。それでも始業が遅いと連日文句を言われていました。

 あるときサービス残業の事を問題にしたら、機械のオペレーターである彼を、バリ取りの仕事に配置転換させました。バリとは、材料を切ったり削ったりしたときに角にできる小さな出っ張りのことです。また、草むしりをやらされたりしました。

 これと併行して社長らから、毎日のように退職を迫られていたのです。」

 従業員を無賃で残業させる行為は、労働基準法違反の犯罪である。残業や休日勤務の割増賃金を定めた37条はもちろん、その他の条項にも反する。実際、2003年に東京の社会福祉法人の経営者が、職員40人にサービス残業(無償残業)を長年させていたとして東京都労働局青梅労働基準監督署に逮捕されている。つまりサービス残業は、経営者が逮捕される犯罪だ。賃金なしで働かせるのだから、実質的に奴隷労働である。

 今回の事件の舞台となった三周全工業は、1969年、前身の三周設備工業として創業。1973年に三周全工業株式会社に改組して現在に至り、代表取締役は稲垣信夫氏である。産業用車両(フォークリフト)の世界トップメーカーである豊田自動織機の下請企業で、トヨタ・フォークリフト部品の溶接・加工を中心に手掛けている。

抗議のビラ

 

◇昇給なし、ボーナスは他社員の3分の1 そして監視カメラ

「浅井さんが組合(JIMU愛知支部)に加盟した事で、組合が会社に要求書を出し、一応、オペレーションの仕事に戻されました。ところが組合に加盟したとたん、他の従業員は賃上げされても浅井さんの賃上げはゼロ、ボーナスは他の社員の3分の1にされたのです。

 このように、他の社員と差別され、現在48歳の浅井さんは税込月給が22~23万円で、手取りが17~18万円の苦しい生活を強いられました.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



2011年10月10日の事件と翌日の体験を浅井氏本人が書いたもの。文中で「社長」とは稲垣信夫社長、「専務」は社長の息子である稲垣太介専務、「神谷」とは神谷初男部長のことである。浅井氏に暴力をふるった一般社員の氏名は墨塗りにしてある。
組合が会社に出した文書。これによれば、三周全工業は、次から次へと細かな懲戒処分を浅井氏に対して出し続けていたことがわかる。ここに書かれた内容だけでも退職強要していたしか思えない。
社内で行われた全員ミーティングで、泥棒呼ばわりもされた。「ありもしない事実をでっち上げたり、針小棒大に事実を偽ったり、見当違いの理由等で『懲戒処分』を連発している」と指摘されている。

関連記事
記者コメント
本文:全約7300字のうち約6000字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「マスコミが絶対書けない、本当のトヨタ」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 7600 続報望むポイント
18
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
西尾の米津橋  14:59 07/11 2015
この事件は最終的にどうなったん?
第3者  23:34 07/01 2013
愛労連のブログから三周全工業の記事が削除されていました。何があったのでしょうか?
三河人  09:53 11/15 2012
まだ出てきてないのか?浅井氏は。
プリズンブレイク  22:59 09/02 2012
馬鹿だな。れっきとした事件だよ。暴行傷害事件で、牢屋に入れられているんだぜ。これが事件じゃないなら、冗談なのか?馬鹿も休み休み言えよ。お前がその立場なら、事件じゃないって言えるか?
私はアイシン  19:14 09/02 2012
どちらが真実なのかは、裁判所が決めることなんで、判決が出るまで待ちましょう。有罪か無罪かのどちらかです。
秋です  18:32 09/02 2012
事件って・・・、まだ誰の言い分が正しいのか解らないだろ。個人ユニオンや被害を訴えている人間の言っている事が本当に正しいのか?ここのコメント見ても意見わかれてるし。ブラック企業があればブラック社員もいるんだよ、世の中は。
絆  10:05 09/01 2012
この事件ばかりでなく、会社の組合が御用組合のままでは、これからも御用組合を辞めて、ユニオンに加入する労働者は増える。組合もこれからは、選ぶ時代。