MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
カプコン ゲームクリエイターがパワハラ被害で自殺未遂→休職満了の「自動退職」→地位確認訴訟に
ドラゴンズ・ドグマ(カプコンHPより)。近森氏はこのゲームソフトの製作チームに配属後、いじめに遭ったと訴えている

 

 

 

 


 ゲームソフトメーカー・カプコンの正社員・近森香氏(仮名、20代女性)は、入社から3か月後の09年8月、『ドラゴンズ・ドグマ』製作チームに入って以降、仕事を干されるなど嫌がらせを受ける日々に。10年9月の異動後は、上司2人から執拗な退職勧奨を受け、「混合性不安抑うつ障害」と診断され、休職。睡眠薬などの大量摂取で自殺を図るほど病状は悪化し、一命をとりとめ復職したが、体調は改善せず。すると11年8月、復職を取り消され、一方的に「休職期間満了による自動退職」とされた。近森氏は12年3月、カプコンと上司2人を相手取り、地位確認と損害賠償1576万円(提訴時)を求め、大阪地裁に提訴。社内規定上は休職に伴う「自動退職」だが、事実上の「解雇」にもとれる本件の全容をお伝えする。

【Digest】
◇「ドラゴンズ・ドグマ」チーム異動後にいじめに遭遇
◇「退職届を提出しなさい」
◇自殺を図り自宅の薬を全て服用して4日4晩昏睡
◇「業務に就いたら解雇する」
◇地位確認と損害賠償を求め提訴
◇被告の言い分

◇「ドラゴンズ・ドグマ」チーム異動後にいじめに遭遇
 大阪に弁護士・学者約400人、労働組合・市民団体約170団体を擁する「民主法律協会」という組織がある。同協会のHPに、興味深い告知があった。

 それは「カプコンパワーハラスメント事件提訴のご報告」という記事。12年3月27日付で弁護士の山室匡史氏がアップしている。これによると、カプコンの20代女性ゲームクリエイターが、パワハラを受けて会社を追われた、として地位確認と損害賠償を求め大阪地裁に提訴したという。

 そこで筆者は原告に取材して事件の詳細を知るため、山室弁護士にコンタクトを取った。しかし、取材には応じられない、とのことだった。そのため、裁判資料に基づきこの事件の内容をお伝えする。

民主法律協会HP上にある「カプコンパワーハラスメント事件提訴のご報告」
 訴状や準備書面、陳述書によると、原告の近森香氏(仮名、20代)は大学卒業後、ニンテンドーDSソフト『結界師■■■■■』(※■は伏せる)や、スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジー■』(同)で敵キャラの企画、開発、作成を手掛けた(おそらくフリーで※訴状に記載なし)。

 その後、09年5月16日にカプコンに入社した。年俸条件は330万円(基本年俸247万2千円、超過勤務見合58万8千円、通勤手当見合24万円)。

 配属部署は、CS開発統括制作部だった。CSとは、コンシューマー・ゲーム(家庭用ゲームソフト)の略。近森氏は『戦国BASRA3』のチームに入り、同年8月からは『ドラゴンズ・ドグマ(DD)』チームに異動し、敵キャラ制作を担当した。

 近森氏によると、ここでパワハラが発生したという。

 異動して間もなく、敵キャラ制作のリーダー的存在のW氏は、会議で決定した企画を、企画書にまとめる仕事について、「誰か、引き受けてくれませんか?」と言って、近森氏以外の従業員が応じた。

 すると、同日20時頃、W氏は近森氏を呼び出し、「あなたが最初に出て行かないとダメでしょ」「評価が下がるよ」と言い、午前1時過ぎまで、約5時間に渡って、延々と叱責し続けたという。

 この場には多数の従業員も居合わせていた。W氏は、「あなたには好意的に接することはできない」「私は、2人(の従業員)、潰している」「1人は休職させたし、もう1人は上司に訴えて辞めさせた」と脅したという。

 それからしばらくすると、近森氏は敵キャラ制作業務から外され、W氏のサポート業務をするよう指示された。その後、W氏の指示に従って報告書を提出すると、フォントの大きさやレイアウトについて細かな変更を要求された。しかも、修正箇所は一度に伝えるのではなく、小出しに何度も伝えてくるので、近森氏は何度も修正することになり、無意味な作業に時間を費やすハメになったという。

 こんなこともあった。W氏は、夕方突然、抜き打ちで「19時にミーティングをする」と言い出した。皆、準備ができていなかった。するとミーティング冒頭にW氏は、近森氏に対して、「なんで(準備が)できていないの?」「普通は完ぺきにできてて当然だよね?」「評価が下がるよ!」と大声で言った。そして、他の従業員の準備が不十分であることは一切問題にせず、「では、資料なしでやりましょう」といってミーティングを始めたという。

 翌10年春頃には、W氏のいじめはエスカートしていく.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



ドラゴンズ・ドグマの敵キャラ・オオカミ(同社HPより)
カプコン本社(大阪市中央区内平野町三丁目1番3号)
バイオハザード6(同社HPより。近森氏が復職後に配属されたのは、このゲームの開発チームだった

関連記事
記者コメント
本文:全約8500字のうち約7000字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
企画「CMリテラシー」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 9605 続報望むポイント
12
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
名無しの権兵衛  22:13 05/25 2013
同じ業界で働いているが、こんなひどい現場見たこと無い。カプコンでこんなところだったのか。 ドラゴンズドグマが面白くないわけだ。 こんな現場から名作が生まれるわけない。
風来坊  15:41 05/25 2013
記事が事実ならば、客観的に見て完全にパワハラ認定だ。 直接的な加害者であるリーダー的存在のW氏の責任は言うまでもないが、そんな低俗な従業員を庇っているカプコン側も管理責任を強く問われて然るべき。 バイオハザードシリーズが好きなだけに残念だよ。
知れば知るほど  13:16 05/21 2013
会社が悪いんじゃなくて、このWだろ。こいつを徹底的に叩くのが一番いいと思うけど