MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「楽天に入社してもイノベーティブな仕事はできません」元ベテラン中途社員が忠告
楽天時代の名刺を前にインタビューに応じる元社員

 今年1月、年明け早々のことでした。部屋に呼ばれて行くと、所属部門のトップから、突然、「転職先を探してほしい」と言われたのです。確かに、担当役員だった武田和徳氏は年末までに飛ばされていたので、不穏な空気はありましたが、まさかこのタイミングで自分がリストラされるとは思っていませんでした。なにしろ、つい1カ月前までは、「シンデレラ」と呼ばれる倉庫内の自動化装置を楽天の物流施設に順次、導入していく方針が決まっており、それを担うエンジニアリング本部の人たちは、円滑に導入・運用するためにフランスやドイツにも視察に行くことになっていて、海外出張の準備も進めていたのです。

【Digest】
◇ああ、クローザーがやって来たな、と
◇楽天に転職して、かなり後悔しています
◇三木谷がチキンだった
◇朝礼「任意参加なのになんで出欠とるんだよ」
◇複数の収入源を持つべき

 三木谷社長も「世界中の倉庫を訪れ、たくさんの自動化技術を見てきたが、これがベストだ。コストが劇的に下がり、より早く正確な配送が実現する」(日経2012/11/14記事)など、社内外で、自らシンデレラを絶賛し、マスコミがそれを垂れ流していました。数十億円規模といわれる投資で、シンデレラの技術を持つフランスの「アルファ・ダイレクト・サービシズ(ADS)」を買収したのですから、当然です。

 シンデレラは、3次元の空間を活用して在庫管理・配送を自動化する技術で(※おとぎ話のような効率化を実現させるとの意味から名づけられたとされる)、楽天は、まず川西(兵庫県川西市)にある物流センターに入れたうえで、順次、国内各地に設立していく物流センターにも導入し、全国へ横展開していくことになっていました。

 その際、新規に立ち上げられたエンジニアリング本部の約20人が、シンデレラを活用してオートメーション化を推進、カイゼン・メンテを担うことになっていました。それが、年が明けると、その計画はやめたから、みなさん転職先を探して退職してくれ、割増退職金など何の補償もしません、退職パッケージの類は何もありません、と言い出した。人を雇っておきながら、あまりに無責任な姿勢ではないでしょうか。

◇ああ、クローザーがやって来たな、と
 年明けから、現場には突然、島貫慶太(楽天上級執行役員)が送り込まれてきました。新たに設立する楽天スーパーロジスティクス(RSL)の社長だということでした。「経費は1円から申請しろ」とか言い出しました。ああ、これはクローザーがやってきたな、と思いましたよ。朝礼では、「何ニヤニヤしてんだ!」などと、現場のオペレーションの個人を恫喝してました。ちょっと笑っただけでね。「ああ、こんなのが来たのか…」と残念な気持ちでした。

 毎朝の朝礼時に、特定の個人を目標とした島貫氏の恫喝を見て、将来性の消失とコンプライアンスの崩壊を感じ、退職を決めました。

 シンデレラは、100メートル以上はある巨大な装置で、30以上ものコンテナに分けて、ヨーロッパから川西まで運んできました。あのレベルの機械は、メンテせずに半年も放置したら、ダメになります。もう半年以上も通電してませんから、動かないでしょう。

 ソフトウェアも買ったので、数十億円はかかっています。これらの巨額の投資は、今やドブに捨てたも同然ですが、株主にどう説明するつもりなのでしょうか。しかも、こういう事態に及んでも、廃棄するか売却するか、といった基本的な説明すらしません。マスコミは買収や設備投資など景気のよい話だけしか書きません。

“クローザー”としてやってきた畑違いの島貫慶太社長(右)。元々は結婚紹介「オーネット」社長で物流のド素人。(オーネットのプレスリリースより)
 私が伝えたいのは、楽天は、そういう会社なのだ、ということです。ほかの一般的な上場会社と一緒に見てはダメです。少なくとも、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



G3とG4の給与テーブル。別途、賞与が全社業績連動で年間120~150万円ほど(G4の場合)
会社のミッションは「Empower the world」。社長からのメッセージは当然、英語。
基準日までにTOEICスコアを達成しないと、問答無用で1段落降格。G4ランクでは2014年7月1日で710点とれないと降格決定。

関連記事
記者コメント
本文:全約4500字のうち約3300字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 35109 続報望むポイント
30
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
   13:12 02/06 2016
2016年2月 4日 10:21の通販新聞によるとレビューで低評価のユーザーには電話する取り組み(嫌がらせ)を開始との事。大本営発表ばかりのレビューを見て何の参考になるのだろうか。楽天のサイトはAmazonよりはるかに劣ると言わざるを得ない。ネガティブ情報が得れるのがインターネットの利点であることすら分からなくなったのか三木谷は。もうダメだ。
会員  16:49 09/19 2014
会員
文字通りブラック。先日の社員氏も、三木谷の勝手な方針転換で人生を狂わされている。経営陣は責任を下に押し付ける。ひどい会社だ。
   21:48 09/15 2014
三木谷浩史よ。ハーバード大MBA取得して実現したかったことはこれなのか?自問自答して欲しい。