MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
みずほ証券に騙された!「元本戻る」「高利息の私の社内預金に預けて」…被害者4人が一審全面勝訴「3831万円返せ」
みずほ証券の本山博史社長(11年6月就任、同社HPより)

 みずほ証券で営業を担当する社員(証券外務員)が、埼玉県南東部に住む主婦4人に「銀行に預けておくより、いいものがある」「元本は保証される。絶対損させない」なとど言って、ハイリスクのファンドを契約させ計2057万円の損害を被らせたり、「退職金代わりに金利のいい社内預金をやらせてもらっている。私の名前で預けて」等と言って、計2936万円を騙し取っていたことが分かった。この犯罪行為は2010年9月に社内で発覚したが、みずほ証券は被害者に損害金を支払わなかったため、被害に遭った主婦4人が、みずほ証券を相手取り、さいたま地裁川越支部に提訴。その一審判決が14年1月にあり、みずほ証券が使用者責任を認定されて全面敗訴、総額3831万円の支払いを命じられた。こうした話はメガバンクをスポンサーとするマスコミでは全く報道されず、まるでなかったことにされているのが実情だ。みずほの顧客無視・無責任体質ぶりがよくわかる事件を詳報する。

【Digest】
◇「元本が戻ってくる」といってハイリスクファンドを買わせる
◇「高利息の私の社内預金に預けて」
◇「500万円預ければ3か月で50万円の利息がつく」
◇みずほ証券は3831万円を払え、一審判決

◇「元本が戻ってくる」といってハイリスクファンドを買わせる
 社員が「みずほ」の看板と信用力で顧客から大金を騙しとっても「会社に責任なし」と堂々と言い張る“ОNEみずほ”を信用して資産を預けると、裁判までやらなきゃ戻ってこない――そんな事件が明らかになった。

 一審判決文や訴状、準備書面、陳述書などの裁判資料によると、原告4人は、いずれも埼玉県南東部に住む主婦。05年12月、原告の1人、相沢愛氏(仮名、当時68歳、クリーニング店のパート勤務)は、近所のスーパーの出入り口付近のクリーニング店舗で仕事をしていたところ、顔見知りの客が近寄ってきた。

 それは、みずほインベスターズ証券(13年1月から「みずほ証券」に改名。以下、「みずほ証券」という)池袋支店で契約社員として働く証券外務員で、埼玉県南東部に住む釜田篤枝氏(仮名、当時64歳)だった。釜田氏は、こう話しかけてきた。

(※証券外務員とは、証券会社の従業員のうち、証券の売買、デリバティブ取引の委託等の勧誘などの営業行為を行なう者。参考:東証HP

 「銀行に預けておくより、よっぽどいいものがある」「銀行に置いといたって、今じゃ利息なんてちっとも付かない」「毎月、何万も配当もあるし、満期にはちゃんと元本が返ってくる」

 しかし、相沢氏は投資取引の経験が絶無で、よくわからなかったので、曖昧に返事をするだけだった。

 すると数日後の12月13日、釜田氏が再び職場にやってきて、「この間話したやつの申し込み書を持ってきた」「サインしてくれれば、後はやっとくから平気よ」「絶対大丈夫だから!」といって、署名、押印をするよう言った。

 相沢氏は、釜田氏が大手金融「みずほ」の社員であることから、その言葉を信じ、200万円を釜田氏に渡した。

 それから約1か月後の06年1月10日、釜田氏は再び、職場にやってきて、こう言った。

 「お金があるなら、もっとやった方がいい。元本は返ってくるんだから、いいじゃない」

 相沢氏は、釜田氏の言葉を信用して、夫の退職金1000万円を渡した。

 だが、後にわかったことだが、釜田氏の指示に従い相沢氏が契約した商品は、ハイリスクなものばかりだった。

 「RC(リスククラス)」という指標がある。これは、中立、公平な立場から「R&I(株式会社 格付け投資情報センター)が、ファンドのリスクの大きさを格付けしたもので、リスクの小さい順にRC1~5に分類される。定義は以下の通り。

・RC1:安定した利回りを目標として運用するファンド(基準価額の変動が極めて小さいファンド)

・RC2:価格変動リスクが5%以下(基準価額の変動が小さいファンド)

・RC3:価格変動リスクが5%超15%以下(基準価額の変動が中程度のファンド)

・RC4:価格変動リスクが15%超30%以下(基準価額の変動が大きいファンド)

・RC5:価格変動リスクが30%超(基準価額の変動が極めて大きいファンド)

 相沢氏が投じた1200万円は、いずれもRC5の、ハイリスクな金融商品だった。

 なお、みずほ証券からは、定期的に、取引残高を記載したハガキが、相沢氏のもとに届いた。それを見る限り、マイナスとなっているように見えた相沢氏は、心配になって釜田氏に一筆書いてもらった。そこには手書きでこう書いてあった。

 「最終的には元本保証することを約束致します」

 しかし、1200万円預けて、751万円もの損失を出していたことが、後に発覚したのだった。

◇「高利息の私の社内預金に預けて」
 05年12月7日、原告の1人の飯田郁世氏(仮名、当時54歳、未亡人、近所のブティックのパート販売員)は、仕事中に店内で釜田氏に勧誘された。

 釜田氏は、ブティック開店当初の同年6月から、月に何度も洋服を買いに来る羽振りのよい客で、身なりも良かった。

元本保証の手書きの文面の概要(※筆者が裁判資料をメモして作成したもの=コピーや撮影はできないため)
 その釜田氏は、こう切り出した。

 「銀行に預けておくより、いいものがある.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



原告・飯田氏(仮名)の「商品取引の損失明細」の概要(原告全員分は本文中からエクセルダウンロード可)
みすぼ証券本社(〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエア)

関連記事
記者コメント
本文:全約5600字のうち約3900字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
企画「CMリテラシー」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 4243 続報望むポイント
0
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
吉田 光宏  05:49 02/18 2015
 山梨中央銀行で購入したファンド再投資(特定口座)を昨年5月にみずほ証券に移管した。 一般口座に受理され9月ごろ、甲府支店の西河課長に署名・捺印してあるので変更できないとの回答あり。納得できなかったが、昨年中に特定口座に移してくれるとの連絡があった。2月になってから特定口座に変更になったが、今度は、再投資から分配金に変更になっていた。この経緯について文章で報告をおねがいしたい。
  21:52 11/14 2014
振り込め詐欺と何か本質的に違いがあるのだろうか・・・。
まさ  20:45 11/14 2014
旧第一勧銀系は、こういう横領系が多いですね。 被害者の方々には、証券取引等監視委員会への報告もお勧めします。 証券OBの天下り先である日本証券業協会と違って、何らかの対応は取って貰えると思います。(本人への連絡は無く、HPで確認要)