MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
松下電器産業(元社員)
動機(モチベーション)チャート

 最優秀表彰を受ける社員がハーレーダビットソンにまたがって登場する日本IBMの社内イベント。大歳社長にゲストスピーカーとして招かれ、「爽やかな感動を覚えた」と評し、働く人びとにとって「わくわくする企業」への変貌を給与明細に添付される「社員のみなさんへ」で訴えた中村社長。強力なブランド力に依存し、家族的なカルチャー・会社主導のキャリア形成などが染み付いた同社にとって、かつてのIBMのような大変革がいかに難しいかは、「影響はあまり感じなかった」という現場社員の声を聞いてもよくわかる。

【Digest】(本文内へジャンプします)
総論「仕事」「生活」「対価」
 ◇関西で一目置かれる松下ブランド
 ◇周りは10年で半分辞めた
 ◇上司と部下で年齢の逆転
 ◇異動できるのは稀
 ◇身についたのは社内向けのスキル
 ◇200人の前で所感を述べる朝会
 ◇有休は容易に消化
 ◇家族的な人間関係
 ◇10年目で最低600万円強
 ◇社員に優しい会社
向いている人・向いていない人
 ◇松下ブランドによるステイタス感
 ◇横の連携多くチーム行動は必須
会社発表の「白い嘘」
 ◇「出る杭」を育てる人事制度は、まだまだ
 ◇転職者は、まだ例外的



 90年代のはじめに入社し、一昨年(2003年)まで在籍していました。現在は自活すべく個人事業を進めています。


上:給与明細に添付される中村社長のメッセージ。日本IBMのコンベンションで講演。
下:10年目社員。下半分が手厚かった福利厚生を物語る。4分の1のスペースを使って「住宅積立金」の年7.5%という破格の金利分と元金の合計金額が毎月、明細に明記されていた(上記例では元金に対し約4割も金利がついている!)が、中村改革で廃止され大ブーイング。
 自分が入社した時代はバブル末期だったので、同期は大卒以上だけで1000人以上いました。全体では2000人くらいいたと思います。それが松下の枚方市にある体育館に一堂に会して、入社式をやる。

 その後、50班くらいに分かれて、2週間にわたって、松下幸之助の教えや会社の制度的なことを研修で学びます。

 それが終わって各部門に散らばると、自分の部門以外に配属された人たちとは全く接点がなくなるため、消息が分からなくなります。事業部制なので、別会社のようなものです。他は見えません。.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



動機(モチベーション)分析詳細
能力(才能)分析詳細

関連記事
記者コメント
本文:全約5800字のうち約5200字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

まずは新着のお知らせメール登録!(無料)
企画「ココで働け!」トップ頁へ
この記事に関連する情報提供はこちらまでお願いします。info@mynewsjapan.com
【企画趣旨】
 会社員はしがらみだらけ。働く現場についての本当のことを教えてくれるのは、会社を辞めた人たちだけかもしれない。どういうスキルが身につくのか?中途採用者の扱いは?どういう人が向いている?…。「企業ミシュラン」のサブ企画として、離職率や本当の残業時間、社員の人柄から年収水準に至るまで、企業側からは言えないけれど重要なこと(= 白い嘘 )も、率直にお話しいただく。
  >企画意図 > インタビュー全体像

アクセス数 29584 続報望むポイント
1151
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項