MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
仕事をどう選び、シフトするべきか――10年後に食える仕事 食えない仕事 テクノロジー編
テクノロジー進化と職業の変化:賃金推移見通し

 本章では、これから仕事選びを行う10代の学生、迷っている20代30代の社会人に対して、AIやITの視点からアドバイスしたい。人間の強みが積極的に活きる仕事を理解すれば、より高い賃金を得て、安定した職に就けるようになる。具体的には、⑤(デジタル・ケンタウロス)か、③(職人プレミアム)の分野で、手に職をつけることだ。この2つの分野には、現状ベースで計33.9%の人しか就いていないが、中核的な業務においてAIに仕事を奪われる心配はなく、むしろAIをツールとして活用することで、より高い報酬と安定雇用を得られる可能性が高まる。

【Digest】
◇左側エリアは賃金「漸減」か「下降」
◇手先ジョブは〝アリ地獄〟
◇職人プレミアムが「逃げ場」になる
◇上を目指すなら「デジタルケンタウロス化」
◇「販売員」のキャリアチェンジ
◇「旅行代理店社員」のキャリアチェンジ
◇「事務員」のキャリアチェンジ
◇資格職のキャリアチェンジ
◇GAFAの軍門に下ってはならない
◇感情・信用・創造ワークへシフト、アナログを競争力の源泉に
◇【第6章のまとめ】

◇左側エリアは賃金「漸減」か「下降」
 まだ自由に選べる20代以下の若者なら、迷わず右側の職業を考えてほしい。

 各エリアの賃金推移見通しをイメージ図で示したのが、右記である。左側半分はテクノロジーに代替されていくため、賃金水準が上がる見込みはない。ソフトウェアや機械に代替され、人間の需要が減るのだから当然だ。

 「④AIブロックチェーン失業」エリアは、まだましだ。資格保有者(税理士、教員、薬剤師…)が多く、もとから賃金が中流以上であり、日本は既得権が異常に守られる社会なので、急に変革されることがない.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



職業へのテクノロジー影響度合い
キャリアチェンジの方向性

関連記事
記者コメント
本稿は、単行本の第6章です。
本文:全約13400字のうち約12900字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい(会員ID進呈)

アクセス数 1432 続報望むポイント
9
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項