MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
ベネッセコーポレーション 社員はBenesseでもないけれど
B 不良企業予備軍
(仕事3.5、生活1.3、対価3.0)

 


 bene(よく)+esse(生きる)への社名変更はCI(コーポレート・アイデンティティー)活動の成功事例とされ、福武書店時代よりブランド力は強まり、就職人気ランキングの常連にもなったベネッセ。だが、外見と内実のギャップが大きい会社の1つでもある。

【Digest】
◇まずは教育事業
◇偏差値と文科省次第
◇会社側が握る「キャリア権」
◇オーバーワークに潰される
◇転職先を決めずに辞める人が多い
◇「Qタイム」は消滅
◇住宅補助は月4万円
◇上層部はシビア
◇360度評価はフィードバックなし
◇参入と撤退で現場は混乱
◇激務で潰れる人が続出
◇健康な人は有休を消化しないカルチャー
◇新社長はオープンを好む
◇勤務地は多摩中心
◇リクルートに似ている
◇高校講座事業部 編集者の1日


◇まずは教育事業
 「任される仕事に責任がなさすぎて悩むことは、どの部署でもないでしょう」。複数の若手社員がそう話すように、ベネッセでは新人に下積みのようなものはない。編集だったら、1年目から臨時増刊号を1人で編集するくらい任される。

 とはいえ、やりたい仕事に最初から就けるわけではない。同社はカンパニー制の体裁をとっているが、実態は「赤ペン先生」でおなじみの通信講座「進研ゼミ」事業がケタ違いの収益源。

組織
 
 介護(シニアカンパニー)、語学(語学カンパニー)、女性誌(ウィメン&ファミリーカンパニー)などはオマケみたいな存在で、2005年3月期は、進研ゼミを中心とする教育事業だけで、営業利益の103%を稼いでいる(つまり、教育以外の様々な事業はトータルで営業赤字)。教育事業が大きすぎるため、なかを4つのカンパニーに無理やり分けているくらいだ。

 同社に入社を希望する者は、教育ビジネスというよりは出版社のなかの1つと考えたり、介護や福祉に興味がある人も多い。しかし、新人は、そのほとんどが稼ぎ頭の教育事業グループに配属される。おおまかな職種で分けると、編集:営業では、おおむね7:3の比率だ。

 「たまひよ」(『たまごクラブ』『ひよこクラブ』など)は最も出版に近い仕事ではあるが、ウィメン&ファミリーカンパニーの事業で、例年、新卒の配属は1人いるかいないか。介護をやりたくて入社した人も、まずは、とにかく教育事業をやる。「中核事業で仕事の基本を身につけさせる方針のようです」(社員)。

 同社で編集といえば、主に進研ゼミの教材編集や進路情報誌の編集を指す。一方、営業は、対面営業ではなくダイレクトメール(DM)がほとんどなので、DMの大きさや文言を変えたり、中の漫画のストーリーを考えたり、といった仕事が中心。文教カンパニーでは「進研模試」の売り込みなど、学校への対面営業もある。編集希望で営業に配属となる者もいる。

 大多数が配属される教育事業グループの実態は、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



キャリアパス
評価結果詳細

関連記事
記者コメント
本文:全約9500字のうち約8500字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
■社員を紹介していただいた方、取材を受けていただいた方には、
会員IDおよび薄謝進呈いたします。ご協力のお申し出をお待ちしております。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 46070 続報望むポイント
951
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
300人カット  22:17 12/02 2014
会員
ベネッセホールディングスは2014年12月2日、月内に本社やグループ約40社から約300人の希望退職を募集する、と発表した。希望退職を募集するのは1955年の創業以来、初めて。会員情報の漏洩事故で2014年4~9月期の最終損益が赤字となった。ベネッセグループの正社員は約2万人。退職日は15年3月末で特別退職金を支給する。リストラ関連費用として約50億円の特別損失を計上している。
部根勢子  00:17 03/20 2013
現在も行っています。私もその一人です。全く記事と同じです。大好きだった会社なのに、自分がターゲットにされるとは…失望しています。若い人中心の会社です。おばさんは必要ないらしい。
豊年満作  23:53 11/12 2011
会員
「現在は行っていないはずです」。簡単で安価な企業宣伝のやり方にも、読めますね。
社員  13:11 12/01 2008
2006年にコンサルが入り、長時間労働短縮PJや、教材政策の工程改革を行ったため、こちらに掲載されているような労務形態は、よほど異常なセクションリーダー以外は現在は行っていないはずです。少なくとも私は18時は帰っていますし、土日はほとんど働きません。また教材制作部員と、コーポレート機能を持つ部門では働き方が結構違います。