MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
アクセンチュア(2004)
A 優良企業
(仕事5.0、生活3.7、対価4.8)

 仕事は、すべてプロジェクト(PJT)単位で動く。つまり、一定の組織(たとえば日本企業でいう課)の単位で継続的に仕事をするわけではなく、PJTを獲得したら、そのPJTで必要な人たちだけがアサイン(Assign, 召集)され、PJTが終われば解散となり、メンバーは一旦リリースされる。

【Digest】
◇自分で自分のゲーム展開を作る
◇制度化されているリストラ
◇プロパー社員が中心
◇残れれば、新卒35歳で2,000万
◇転職組は、キャリアアップ中心
◇「ナイン・ツー・ナイン」を標榜
◇業界一位も…


自分で自分のゲーム展開を作る
 したがって、アベイラブル(Available, PJTにアサインされていない状態)な人たちが常に存在することになる。

 アサイン権限を持っているのは、最終的には「パートナー」(共同経営者)である。PJTの責任者であるプロジェクトマネージャー(プロマネ)は、PJTを獲得すると、どの時期に、どういうスキルを持ったコンサルタントを何人欲しいのかについて、「Eスケジュリング」と呼ばれるイントラネット上のシステムに登録する。

アクセンチュアの組織
 プロマネは、アベイラブルリスト(PJTに入っていない人たち)を見る。そこには各自のレジュメもついているので、必要と判断したら電話をして、面接を行い、その人を必要か否かを判断する。これが正式な流れで、そのPJTにとって最適な人材が選出される仕組みになっている。

 実は、2003年の夏までは、アサインメントの仕組みは、人事部を仲介役とするフェース・ツー・フェースが基本だった。コンサルタントはPJTをリリースされたら、人事と面接をしてフィードバックを受ける。人事は、コンサルタントの今後のキャリアの相談に乗り、一方で、これから立ち上がるPJTのプロマネが要望するスキル要件と照らし合わせ、両者の“お見合い”の場をセッティングしていた。個人のキャリア願望は、往々にして会社側の短期的な利益に反することがあるので、そういった弊害を解消し、個人のキャリアと会社の中期的成長を目指した仕組みとされていた。

 しかし、人事には、動きの早い現場の状況に追いつくだけのスキルがなく、一方でパートナーが.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



アクセンチュアの年収推移
アクセンチュアのキャリアパス

関連記事
記者コメント
本文:全約5,600字のうち約4,600字が
企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
キャリアコラムのメルマガ登録は こちらからお願いします
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい
アクセス数 102003 続報望むポイント
2803
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
ATS  00:39 08/13 2009
ATSの給料はふつうのITベンダーです。
就活中  21:56 03/01 2009
ATSのお給料はどの程度なのでしょうか?本体と比べると開きがありますか?
OB  01:19 09/14 2007
新卒35歳で2000万はかなりトップクラスの人たちだと思います。良くて1500万、普通で1000万以上というところではないでしょうか。
昨年  09:57 08/18 2007
シニアコンサルで転職しました。保証年俸650万円、一時金100万円。
AP  04:03 06/30 2007
Pになるまでは基本給は変わらなくてもボーナスが上がる
"残れれば"新卒35歳で2000万はいく
OB  10:41 06/12 2007
「学閥はない」さんのコメントに同意です。ちゃんと出世した私の目から見ても。記事も美化してるけど、まあウソじゃないし。
ATS  01:53 08/02 2006
に入るよりは頑張って本体に入った方がよい。