MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
2010年を担う疾走者
小学館『サブラ』5/24発売号(3頁) 2010年を担う失踪者
NEXTヒルズな起業家たちのリアルな素顔 GenerationZ

 

 

 


 ジャーナリスト・佐々木俊尚氏による下記連載に、MyNewsJapanが登場した。

小学館『サブラ 』5/24発売号(上:3頁)
2010年を担う疾走者 NEXTヒルズな起業家たちのリアルな素顔 GenerationZ
「企業タブーに挑戦する徹底現場主義のニュースサイト株式会社MyNewsJapan」

 冒頭の「老獪なジャーナリスト」とは、直前に取材を受けた田原総一朗のことである。ぜひ読んでいただきたい。

 佐々木さんは、ヤメ記者の先輩だ。しかも、東京本社社会部の警視庁担当という本流にも所属し、入社11年目に、38歳という微妙な歳で退社し、アスキーに移籍後、フリーになった。今や『グーグル』(文春新書)などのヒット作でITジャーナリストの第一人者となったが、ヤメ記者が成功するのは容易なことではない。

 プロフィールによると、毎日新聞を辞めて移籍したのは、私が日経を辞めて転職した年月とまったく同じ99年10月だ。何か因縁がある。私は聞いた。

--佐々木さんは、どうして毎日新聞を辞めたんでしょうか?

外資コンサルのようにPCに直接、取材結果を打ち込んでいくスタイル。私が話すスピードと同じ速さでタイピングできるようになったのは、新聞社を辞めて外資コンサルに転職してからだった。

 

 

 

 「社内を見渡しても、将来こうなりたいという人がいなかった。竹橋の毎日新聞本社(パレスサイドビル)って、1階と2階が飲食店街になっていて、40代50代の年配社員たちは、夕方5時6時から、そこで飲み始め.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



関連記事
記者コメント
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)
アクセス数 11694 続報望むポイント
286
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
誤植  05:18 12/04 2008
会員
サプラの画像の下の「疾走者」が「失踪者」になってますよ!笑
がんばって  18:40 03/13 2008
だれもがおかしいと思ってるが、大人の事情でだれもいえない。マスコミさえも。 そんな世の中になりつつありますが…。 そんな庶民の不満のはけ口として見ていて思わず ニンマリ。 がんばってください。