MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
ミスミ 「経営的人材」とギャップ大きい泥臭い現場
Baa 優良企業予備軍
(仕事4.0、生活3.0、対価4.4)


 売上・営業利益とも5期連続で過去最高を更新中という、業績は絶好調のミスミグループ。「政治色がないのは、いいところですね」。国内系の大企業から転職したミスミの若手社員に聞くと、口々にそういう。「腐った人がいないし、使えないオジサンがいない。自分がやった分は認めてもらえる、というカルチャー」(女性社員)。「社内政治力が働かない、実力主義の会社。だから次の転職先は外資やベンチャー系が多い」(男性社員)。

【Digest】
◇異動は「がらがらポン面接」だけ
◇8割は転職者
◇9割超がカタログ経由で売れる
◇抜擢人事あり
◇バラバラの転職先
◇ミスミ社員、季節労働の1年
◇「泥臭い仕事」と「経営的人材」のギャップ
◇子育てどころかバツイチになる
◇長時間労働が辞める理由に
◇インセンティブは配属チーム次第
◇報酬水準は外資コンサル並み
◇福利厚生は退職金だけ
◇基準がよく分からない「ミスミバリュー&コンピテンシーシート」


◇異動は「がらがらポン面接」だけ
 実質的な創業者として33年間も同社を率いた田口弘氏以来の、「経営人材を育てる」「社員にオーナーシップを持たせる」という一貫した社風は、2002年に三枝匡氏が社長を引き継いでからも、変わっていないようだ。

 大手メーカーから転職した若手社員は「前職では、社内向け資料を作成するといった内向きの仕事が多かった。ミスミは徹底した利益追求型で、仕事が外向きなのはよい」と評価する。経営的な人材を育てる、という方針は現場でも感じるという。「オーナーシップが徹底している。自分は担当商品で年10億円の売り上げ目標が課されている」(同)。

 一方、組織が拡大するに連れ、“普通の会社”に変わってきた。ミスミはかつて、一般企業でいう人事部さえなく、社員の自主性を重視するため、チームリーダー立候補制やメンバーの社内公募制をいち早く取り入れるなど、かなり柔軟な組織だった。

 だが現在では縦割り化が進み、異動は原則として、2年に1度、全社的に行われる「メンバーがらがらポン」だけ。定期異動はない。直近では2007年4月に行われた。つまり、次は2009年4月まで待たねばならない。

 がらがらポンは、社員が第1~第4希望まで異動希望先を出す。ビジネスプランに責任を持つ「統括ディレクター(D)」のほうも、社員のキャリアが分かるデータベースなどを見て、欲しい社員の希望を出す。それで、マッチングを行う。メンバーは1人20分ほどでプレゼンを行い、事業部長および統括Dによる「がらがらポン面接」を受ける。合意すれば異動となる。

 がらがらポンといえども、その名のとおりゼロベースでシャッフルされるわけでもない。「全体の3割を動かすのが目標だと人事は言っていますが、がらがらポンといっても、全体の8~9割の人たちは対象外。今は、かつての柔軟な組織というより、堅い会社になってきている」(若手社員)。

 年に2~3回、臨時の「がらがらポン」もあるが、これは空いたポジションが出た場合に、公募がかかるものだ。とはいえ、公募による異動は滅多に聞かないという。

 大企業らしくなっているとはいえ、研修はいまだにほとんどなく、事実上、OJT一本やり。この会社では、理論的なものは身につかない。このあたりは中小企業っぽさが残っている。三枝社長が、自ら書いた小説を社員に読ませてレポートを提出させ、さらに自著に沿った形の講義を行う「社長研修」があるくらいだ(三枝氏は「戦略プロフェッショナル」「V字回復の経営」「経営パワーの危機」といったベストセラー作家でもある)。

◇8割は転職者
 同社はここ数年、新卒採用は10~20人程度。「感覚的に、8割が転職者です」(若手社員)。社員の大多数は、田口時代と同じく中途採用組が占める。

 ミスミは2005年4月に金型部品メーカーの駿河精機を100%子会社化し、経営統合。海外展開も進めており、グループ全体では2,887人(2006年3月31日)に拡大したが、ミスミ単体の正社員数は2005年3月期で340人だったため、現在も400~500人程度と、規模はそれほど大きくない。

 中途採用組は、上から下まで、あらゆるポジションにいる。トップの三枝社長も田口社長から請われて移籍。ナンバー2の江口正彦取締役とナンバー3の大野龍隆取締役はミスミ生え抜きだが、それ以外の執行役員クラス(事業部長を兼務)は、MBA卒で元SAP役員など、外部からヘッドハンティングされた“キャリアエリート”がほとんど。「上のほうは、業績の責任をとって辞める形で、どんどん入れ替わります」(若手社員)。

ミスミの現場組織

 

 一方、下のほうの中途採用の典型的なパターンは、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



ミスミのキャリアパス

 

  

意思決定カルチャーなど

 

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約9200字のうち約7400字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
■趣旨に賛同いただき、社員を紹介または取材を受けていただける方には、
会員IDおよび薄謝進呈いたします。ご協力をお待ちしております。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 47186 続報望むポイント
589
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
匿名希望  11:34 11/15 2017
少し前になりますが、 一旦停止もせず、いきなり出てきた車・・・危なかった(怒) ナンバー   鹿児島480 ち32-90 色々扱ってらっしゃるみたいですが、そういう社員さんがいる会社には何も頼みたくないですね!!
Terrorist  14:23 01/17 2011
4年前の話。現在はさらに悪化。上には媚び媚びのイエスマン、下には上命令スルーパス。政治も全開。
---  19:14 07/11 2007
全くその通りという感じです。