MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
早稲田大、サラ金業界と癒着 寄付5千万円で“御用論文”量産
サラ金業界からの寄付金で運営する「消費者金融サービス研究 所」を持つ早稲田大

 「上限金利の引き下げはマクロ経済に大きな影響を及ぼす」などと、サラ金業界がよろこびそうな論文ばかりを発表してきた早稲田大学の消費者金融サービス研究所、通称サラ研。その運営費のほぼすべてが大手・中堅消費者金融会社の寄付金でまかなわれていることがわかった。総額5,100万円も寄付した「消費者金融サービス振興協会」の理事長はアコム社長で、理事4人はプロミス、アイフル、武富士、三洋信販の経営者だ。サラ金“御用学者”たちが、業界のカネで業界のための論文を量産する--そんな、学問の本道を外れた、歪んだ産学連携の姿が見えてきた。

【Digest】
◇「寄付者にサラ金関係役員はいない」とウソ
◇スポンサー振興協会理事長はアコム社長
◇サラ金業界がよろこぶ論文ばかり30本
◇売出し中!「サラ研」研究員・堂下浩東京情報大准教授
◇忽然と消えた堂下論文 サラ研HPの奇奇怪怪
◇発注者不明の「受託研究」


◇「寄付者にサラ金関係役員はいない」とウソ
消費者金融サービス研究所の事務所が置かれている民間マンション。表札は「消費者金融サービス研究学会」となっている(新宿区早稲田鶴巻町)。家賃はいったい誰が?
下は、消費者金融サービス研究所のHPより。
 創立125周年の宣伝文句があふれる早稲田大学に「消費者金融サービス研究所」(サラ研、坂野友昭所長)という研究機関がある。"パーソナルファイナンス研究の拠点"にすべく2000年、研究者有志の発意で設置された、日本で唯一のサラ金研究所だ。消費者金融サービス研究学会(江夏健一会長)の事務局も兼ねている。

 設立当初の所長は、江夏健一早稲田大学商学学術院教授(現副所長)。現所長は坂野友昭同教授。いずれもサラ金業界擁護派で規制強化慎重論者として知られている人物だ。

 早稲田大によると、消費者金融サービス研究所(サラ研)の運営は寄付が頼りで、大学の総合研究機構という部署を通じて寄付を受け付けているという。大学側が明らかにしたところでは、サラ研に対しては「消費者金融サービス振興協会」という団体より2000年度から毎年600~700万円が寄付された。振興協会もこれを認め、寄付総額は2007年度までで計5,100万円にのぼることがわかった。

 このサラ研のスポンサーである「振興協会」について早稲田大学広報部は当初、「早稲田大学消費者金融サービス研究所のメンバーと消費者金融サービス研究振興協会の間に関係役員(サラ金関係者)はいません」と業界との関連を否定していた。筆者もあやうくそれを鵜呑みにするところだった。

◇スポンサー振興協会理事長はアコム社長
 ところが、関係役員がいないどころか、消費者金融サービス研究振興協会の事務局は、大手貸金業者の三洋信販に置かれていた。事務局の説明では、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



“早稲田サラ金研究所”のスポンサー「消費者金融サービス研究振興協会」の事務局がある三洋信販東京本社(東京都千代田区有楽町)

消費者金融サービス研究所のHPに掲載された研究は約30編。「規制強化は好ましくない」など業界が喜びそうな内容ばかりだ。冒頭には堂下浩・東京情報大准教授の「消費者金融利用者に関する調査報告書」が掲載されていたが、削除された。研究費の出所を尋ねていた矢先だった(上)。
下は昨年7月27日、金融庁で開催された「貸金業制度等に関する懇談会」で堂下氏が提出した調査概要。 「悪循環の原因は心理的要素が大きい」として「残高や金利の規制では『過重債務』問題の解決にはならない」と結論づけている。

関連記事
記者コメント
「◇売出し中!「サラ研」研究員・堂下浩東京情報大准教授」文中、「この日、懇談会に委員として出席した堂下氏は、アンケート調査の概要を2ページの資料にして提出している。」と明記しましたが、これは、事実誤認で、正確には、
「懇談会に過去2回(2006年9月7日、12月8日)参考人として出席している堂下氏のアンケート調査概要が、この日、2ページの資料として公表された。資料は『自民党金融調査会貸金業制度等に関する小委員会』に提出されたものだった」です。お詫びして、訂正いたします。(三宅勝久)2007/10/2
本文:全約6600字のうち約5800字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

アクセス数 33182 続報望むポイント
765
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
筆者  12:31 11/01 2007
サラ金の融資・返済現場がどういうものか、従業員の立場の視点も含めて詳細な検証をしたルポに拙著『サラ金・ヤミ金大爆発』(花伝社)『武富士追及』(リム出版新社)があります。お読みのうえご批判いただければ光栄です。
三宅勝久
三好  14:08 10/31 2007
金利が高ければ、借りないこと。金がいるので貸金業から借りたなら責任を持ち以降は別の店で借りないこと。多重債務問題は本人が原因でシンプルなもの。苛酷な取立ては規制法で罰すれば良い。多重債務者の「高いけれど、借りなければやっていけなかった」という自己弁護への批判こそが多重債務を生まない出発点だ。必要な借入かどうかの多重債務の借入形成を、管理者は真摯に取材をしてサラ金問題を提起しているのか。

消費者金融業界も  13:19 10/12 2007
昔ながらのサラ金のイメージややり方を続けている限りは、明るい未来は来ないでしょうね。
クリーンで近代的な消費者金融サービス会社に脱皮しないと社会に受け入れられませんよ。
サラ金否定派  08:04 10/12 2007
学術研究の発表論文か、それとも御用論文かの違いは、論文の内容が好意的である個人、団体からその論文の制作に対し特別な見返りを得ているかどうかということが大きな意味を持っているのは、いずこの分野でも同じです。これは研究者たるもの、当然理解していることなので、自分の論文がその内容によって利益を得る者の経済的助力による場合には、その事実が論文の内容に対し偏見を持たないように指摘する必要がありました。
筆者  00:29 10/12 2007
活発な書き込みありがとうございます。
より有意義な議論になることを願っての提案ですが、差し支えなければ、

1・有料部分まで全文読んだうえでのご感想か、無料の一部だけ読まれた段階での感想かを明らかにしていただき、

2・原稿の具体的記述部分・表現趣旨などを示したうえで、

批判・賛同・感想等いただければ、より有意義な議論ができるのではないかと思います。
あくまで提案ですのであしからず。
一読者  00:17 10/12 2007
ニート、ニーターさんへ
このコメント欄の悪い所か、同じHNを使っておられる方がおりますが(匿名性の悪用?)、付け焼刃の知識とおっしゃられるなら貴方の検証結果を書き込むべきでしょう。
こちらはニュースと縁も所縁も無い理系の研究機関に属してますので、ほぼ事実を述べてます。
論文を  23:24 10/11 2007
誤読されているようですね。
低リスクの顧客は、サラ金よりも金利の低い金融機関の融資を受けられます。
高リスクの顧客は、信用額も低く金利も高く設定されます。
TVでも大学教授とお笑い芸人がどの程度のお金を金融機関から調達できるか、昔の番組で試されてましたよ。