MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
これは平成の蟹工船だ!手取り時給3百円の毎日新聞奨学生
元奨学生が筆者に示した2008年3月の給料明細書。1日に10時間労働、18日間の労働報酬の手取りは、たったの5万7360円。「責任証券」など、奇妙な控除も行なわれている。

 毎日新聞の販売店で働いていた新聞奨学生が、おそろしく安い賃金で重労働をさせられていた。午前3時に始まる1日10時間の労働で、手取り時給3百円台。この最低賃金法無視の手口は、集金できなかった新聞の購読料を「責任証券」という名目で給料から天引きしたり、購読の継続をとれない場合に500円ずつ天引きするなどの悪質なものだ。元奨学生が平成の「蟹工船」を告発する。

【Digest】
◇自分の力で大学進学を目指して
◇1日に10時間の実労
◇基本給の計算も我田引水
◇気まぐれに光熱費を控除
◇遅刻と「付着」も減給の対象
◇購読料の未集金分を奨学生が立て替え
◇減紙の責任も減給で
◇「取材に来られても答えようがない」

 新聞産業が衰退するなか、格差社会の最底辺で働く層がしわ寄せを受けている。 5月に毎日新聞の元奨学生が、給料のピンハネなどをマイニュースジャパンに内部告発したが、今回、新たに別の元奨学生が不透明な給与の実態を明らかにした。前回と同様に毎日新聞の元奨学生である。

 「給料の計算方法が無茶苦茶でした。購読料の未集金分を立て替え払いさせられるなど、さまざまな口実で、給料の支給合計額からどんどんお金を天引きされていました。その結果、手元にはほんの僅かな金しか残りませんでした。これが新聞社のやることでしょうか?」

 佐々木(仮名)さんが証拠として筆者に提示した給料明細書は、2008年3月のものである。それによると給料の手取額は5万7360円。(佐々木さんは、3月25日ごろに後任者へ業務の引継ぎを行って、3月末に奨学生を辞めた。)

 手取額の5万7360円を3月の労働日数として明記されている18日で割ると、1日の賃金はたった3186円にしかならない。給料の支給合計額にあたる8万7670円を、18日の労働日数で割っても、4870円。後に検証するように、1日に10時間の労働の果実がこれである。まさに平成の「蟹工船」だ。

毎日新聞の多くの販売店は「押し紙」で経営を圧迫されている。そのしわ寄せを奨学生が受けている可能性もある。

 

 

◇自分の力で大学進学を目指して

 給料を巧みにごまかす手口に踏み込む前に、佐々木さんが新聞奨学生になった経緯と、担当していた業務、それに労働時間についてふれておこう。

 2007年の春、佐々木さんは大学予備校の 「毎日セミナー」へ通うために単身上京、奨学生として毎日新聞・販売店に住み込んだ。両親に経済的な負担をかけずに、大学進学を目指したのである。

 毎日セミナーを選んだのは、この予備校が奨学生を対象としたカリキュラムを持っているからだ。大半の予備校はスパルタ式に、午前も午後も授業を組み込んでいるが、毎日セミナーは午後1時に最後の授業が終わるという。午後3時ごろから始まる夕刊配達に支障が出ないように、このような時間割を導入しているらしい。

 佐々木さんが配属されたのは、東京都内のある販売店だった。この店がカバーする配達エリアは広範囲におよび、朝刊の配達で佐々木さんは、約20キロもバイクを走らせていた。それが連日続く。夕刊配達でも、走行距離は10キロを下らなかった。

 その後、合理化の影響で配達範囲がさらに広くなり、佐々木さんの場合は、1日にバイクを運転する距離は50キロを超えるようになったという。佐々木さんは膨大な仕事と給与水準がまったく釣り合っていないことに腹を立て、契約が終了する今年の3月末で毎日新聞の奨学生を辞めた。その後、別の新聞社の奨学生になった。5ヶ月前を振り返って、佐々木さんが言う。

 「もっと早く辞めたいと思いましたが、契約の途中で辞めると、授業料を返済しなければならないので、3月末まで耐えました。正直なところ、授業料など踏み倒してやりたい気持ちになりましたね」

 奨学生制度により授業料を免除されているので、途中で奨学生を辞めるわけにはいかない。最低、1年間は続けなければならない。いわば佐々木さんは、奨学金で、新聞業界の「無法地帯」に縛り付けられてしまったのだ。

◇1日に10時間の実労
 佐々木さんの1日は、夜明けまえ、午前3時の出勤で始まる.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



東京労働局が作成した「最低賃金一覧表」。

 

 

佐々木さんの同僚の給料明細書。支給合計額は14万2500円だが、さまざまな名目の天引きで、手取りは8万5735円になっている。

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約6000字のうち約4500字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)
企画「まだ新聞読んでるの?」トップ頁へ
アクセス数 13785 続報望むポイント
504
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
元毎日  13:46 03/12 2009
毎日は専業にもちゃんと給料払えないから、普通の人は辞めて行く。残るのは屑ばかり。その結果、皺寄せが学生に行く。なんせ学生の方が給料・奨学金合わせると、主任より高いなんて珍しくないから。他に育英会からも、なんだかんだと金を取られ経営悪化。学生の給料も難癖つけてカット。悪循環なんですよね。でも経営者は何も手を打てないし、打とうとしない。頭の中はバブル時代で止まってますから。
ひどい  14:58 10/01 2008
手取りが時給300円って・・・。あまりにも酷すぎます。声を上げて格差を取り上げるくせに、自社の格差を隠すとは・・・。新聞は2枚舌だ。
蟹工船員  22:34 09/21 2008
20年ほど前、日経の販売店で働いていた友人からも同じ境遇を聞きました。学費を出してもらえることで、縛り付けられ、朝夕の配達が終わると疲れて学業どころで無いことを良く嘆いていました。朝刊の準備のため朝2時に起き、布団の中で雨音を聞くのが一番の苦痛だったといっていた光景が思い出されます。米軍が大学へ進学するための奨学金(ニンジン)をぶら下げ貧困層の若者をイラクに派遣している現状とだぶります。
O  22:29 09/12 2008
元毎日新聞奨学生です。そして元毎日セミナー生です。セミナーはいいところなんですが、確かに販売所はあたりはずれがありすぎのようです。私はこんなひどい販売所にはいませんでしたが、経営状態は悪かったようです。そうすると学生にしわ寄せが来るのです。ほかの生徒は辞めていくものもいました。悲しいです。
l  23:26 09/10 2008
皆さん、昨年の6月に一柳が西部本社の販売局長に就任したようです。
録音を  01:21 09/03 2008
これからの、会議の模様は毎回記録として必ず録音をくれぐれもお忘れないように。
l  23:30 09/02 2008
y社もそろそろ事の重大さが解ってきたみたいですね。 販売店に対して譲歩をしてきたみたいですね。 でも、今後も押し紙問題は販売店で監視を続けましょう。 それと、首相が退陣したようですが紙面のほうも監視を続けましょう。