MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
新聞販売店主が「泥船」脱出→ポスティング業で年商2億に
ポスティング・ビジネスを展開する井前隆志社長。ASAの店主時代に、担当員に空領収書の発行を強要され、新聞業界に見切りをつけた体験をもつ。

 偽装部数の買い取りと表裏関係にある補助金の受け取りを断った結果、自身が経営する新聞販売店をつぶされた埼玉県の元『ASA』店主が、チラシ全戸配布の会社を立ち上げ、順調に業績を伸ばしている。チラシを折り込む機械の販売を断られるなどの妨害工作、同業他社からの配布請負、クライアントが多い地域への移転などを経て、年商は2009年度には2億円に達する見込み。起業から3年、井前隆志氏(46歳)に成功の軌跡を聞いた。

【Digest】
◇チラシ詐偽を逆手に取る
◇消えぬ新聞社への怨恨
◇補助金の受け取りを拒否
◇ポスティング業を起こす
◇同業者からの請負、クライアントが多い地域に移転
◇折込機械を売ってくれない!
◇メニュー類はポスティング向き
◇不正告発がビジネスに

◇チラシ詐偽を逆手に取る
 緑茶の産地として名高い埼玉県狭山市は、東京のベットタウンでもある。人口16万。光と緑のイメージが広がる町である。

 その狭山市の住宅街にあるのが「地域広告舎」。チラシのポスティングを専門とした会社で、年商は今年度2億円に達する見込み。大半の企業がダウンサイジングを余儀なくされている中で、この会社は若干売上げを伸ばしている。

 ポスティングとは、チラシの全戸配布のことである。新聞の折込チラシが新聞購読世帯だけに届くのに対して、ポスティング業者が扱うチラシは全戸に無料で配布される。

 社長の井前隆志氏は、新聞業界からの転職者である。

捨てられている不動産会社の折込チラシ。ひもも解かれていない。

 

 

 「会社を立ち上げる前、わたしは約25年にわたって新聞販売の仕事に携わってきました。そのころからチラシが広告主に秘密で捨てられていることを疑問に思っていました。わたしが所属していた朝日はそれほど破棄するチラシの量は多くはありませんでしたが、他系統では搬入されたチラシの半分を捨てている店もありました。ポスティングの会社を立ち上げたのは、宅配のノウハウを持っていたことに加えて、騙されている広告主を自分のクライアントにできると考えたからです」

 「押し紙」とは、新聞社が販売店に対してノルマとして買い取りを強制する新聞だ。いわゆる偽装部数である。販売店によっては偽装部数が搬入部数の5割を超える。

 折込チラシの数量は原則として、偽装部数を含む新聞の総部数に準じているので、偽装部数があれば、それに相応した折込チラシも過剰になる。

 井前氏は折込チラシがクライアントの視線が届かないところで、破棄される様を新聞業界で見つめてきた。販売店にも罪の意識があるので、余ったチラシを古紙回収業者に渡すに際して、新聞で包装して中味を隠すことが多いという。

 しかし、チラシ水増しの根本的な責任は販売店にあるわけではない。販売店には取り扱うチラシの数量を決める権限がないからだ。この権限を握っているのは、新聞社の関連会社である折込チラシ代理店である。

 結果としてチラシの水増し収入は、代理店だけではなくて、販売店にも入ってくるが、偽装部数で損害が生じているので、プラス・マイナスを差し引きすると、損害を相殺できないことが多い。

 被害にあっている広告主をクライアントにして公正なビジネスを展開したい。クライアントの側もそれを強く望んでいる。そんな思いを秘めて井前氏は、2006年の秋に、地域広告舎を立ち上げたのである。

◇消えぬ新聞社への怨恨
 初めてわたしが井前氏にあったのは、2006年の11月だった。廃業に追い込まれた店主さんが、店を閉じた後、どのような道をたどるのかというテーマには、かねてから関心を寄せてきた.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



チラシを投函する戸建数を、区域ごとに集計した表。この表をもとに、各区域の配布枚数が決まる。
自社でポスティング要員を確保する不動産会社もある。

関連記事
記者コメント
本文:全約6,400字のうち約4,900字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「まだ新聞読んでるの?」トップページへ
企画「納税者の眼」トップページへ

アクセス数 7956 続報望むポイント
1004
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
田代裕治  21:04 09/23 2009
もちろん私もですが、井前社長御夫妻のますますの御発展にエールを心より御送りいたします。
田代裕治  20:55 09/23 2009
私ももちろん元気です 。御互い勝者ですね( 笑)。 御声援ありがとうございます。
田代裕治  20:42 09/23 2009
下記の書き込み、反映されるときに行がずれたようです。
田代裕治  20:29 09/23 2009
黒藪さんの勝訴連続訴訟で、井前社長御夫妻とお会いしました 。このお写真以上に、井前御夫妻は素敵で純粋な方です。 地域の住民の方々・広告主の方々・そして井前社長御夫妻のますますの御発展を 心より願っております 。
田代裕治  13:24 06/20 2009
へんぺいそくさん応援ありがとうございます !!! 書き込んでいただいてたのに気付いてなくて申し訳ありませんでした。 ありがとうございます !!! 心より感謝申し上げます!!!
へんぺいそく  05:08 06/06 2009
田代さん応援しています。読売の拡張団には 暴力団が直接経営しているものもあります 本当に嫌な存在です
組織犯罪頂上作戦  01:41 06/05 2009
新潮にやっと出ましたが、今までだとここで新聞.テレビ業界のことは終わりでした。 しかし、今までとの違いは社会正義を説いている新聞社のことで、いよいよ国会を巻き込んで国会議員と環境団体.事件性がある東京地検.各広告スポンサーに対する広告詐欺事件等大物の団体の登場です、いよいよ面白くなるな。