MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
キャリアセミナー「Think!キャリア~20代ビジネスパーソンの仕事・会社選び」(東洋経済)
1973年生まれ、東京大学法学部卒。富士通を経て04年独立。06年よりJoe'sLabo代表。各種企業、自治体向け人事制度アドバイザーのかたわら、雇用問題のスペシャリストとしてメディアにて発言。09年からは若者マニフェスト策定委員会の一員として、世代間格差問題にも取り組んでいる。代表作「若者はなぜ3年で辞めるのか」(光文社新書)「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」(ちくま新書)「7割は課長にさえなれません」(PHP新書)等。 『週刊東洋経済』の連載「だから若者は幸せになれない」は、2008年11月まで1年間(全46回)連載された。

 2010年第一回目のキャリアセミナーを行います。これまで不定期に開催してきたキャリアセミナーですが、応募者が常に定員を上回り弊社で参加者を管理する事務作業が大変なので、今回は、私が記事を書いたり本を出したりしている東洋経済さんに運営をお願いいたしました。

 経済の構造変化は不可避となり、就職人気企業トップだった時代もあるJALが破たんする時代。今の日本を生きる若者として、30代に差し掛かるまでに、どのようなキャリアを築いていくべきか。会場の皆さまの意見もうかがいつつ、進めたいと思っております。

 今回は、同世代の人事コンサルタント・城繁幸氏に加え、パネルトークではスタンフォード大留学から昨夏帰ってきた『週刊東洋経済』佐々木記者も参画しますので、留学とキャリアの現実、日米の違いなどについても、リアルな話を聞けます。

※前回(12月)と内容は被りますので、特にこれまで参加されなかったかた、是非一度ご参加いただければと思います。

MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。72年生まれ。慶大卒後、日経新聞の記者、IBMのコンサルタントを経て2004年にインターネット新聞社を設立。主要企業の若手社員を300人以上を取材、企業の働く環境を一定の基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。『若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか』『やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する!』など著書多数。

 

-----【セミナー概要】------
■テーマ: 「Think!キャリア~20代ビジネスパーソンの仕事・会社選び」

■講演者:城繁幸×渡邉正裕
 司会:佐々木紀彦(『週刊東洋経済』編集部記者)

■対象:20代~30代前半くらいまで、定員100名

応募者100名超につき、次回開催については、こちらから「他のメディアへの配信/MyNewsJapanからのお知らせ」をご登録ください )
■日時:2010年3月13日(土)
  開場 13:00
  開会 13:30
  第一部13:40~14:25 講演 城 繁幸
  第二部14:30~15:15 講演 渡邉正裕
  休憩(15分間)
  第三部15:30~16:30 パネルトーク
      司会:佐々木紀彦(『週刊東洋経済』編集部記者)
  第四部16:30~17:00 参加者との意見交流
  閉会 17:00
  懇親会17:10~18:00(無料/同フロア別会場、参加自由)

■会場 東洋経済新報社 9階ホール
   (東京都中央区日本橋本石町1-2-1 東洋経済ビル)

■主催 東洋経済新報社
 共催 株式会社MyNewsJapan、株式会社Joe'sLabo

■参加費 10,000円(税込)

-------【内容】--------
「もうキャリア選びに正解はない。これからは自分の頭で考えないといけない時代になる」。長らくそう言われながらも、いまだに公務員や大手銀行が就職ランキングの上位に名を連ねます。こうした横並びの背景には、企業に対する知識の欠如と、人生に対するビジョンの欠如があります。今回のセミナーが、みなさんの「キャリアリテラシー」向上に少しでも役立てば幸いです。

-------【講演者、司会】-------
城繁幸
Joe's Labo代表取締役、作家、人事コンサルタント。
 東大法学部卒、富士通人事部を経て独立。著書に
『若者はなぜ3年で辞めるのか』
『7割は課長にさえなれません』など。

渡邉正裕
MyNewsJapan代表取締役、ジャーナリスト。
 慶大卒後、日経新聞の記者、IBMのコンサルを経て独立。
 著書に『若者はなぜ会社選びに失敗するのか』など。
 →ココで働け!働く生活者のための“企業ミシュラン”

■佐々木紀彦:『週刊東洋経済』編集部記者/編集者。
 慶大卒後、東洋経済新報社入社、自動車、IT業界などを担当。2007年9月より休職しスタンフォード大学大学院修士課程留学、2009年夏帰国。

------【応募方法】-------
下記よりお申し込み下さい。

『週刊東洋経済』キャリアセミナー下方の「お申し込みはこちらから」より

関連記事
記者コメント
アクセス数 3232 続報望むポイント
51
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報