MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「嘘は大きく、訂正は小さく」日経・読売の検察リーク虚報問題で購読打ち切りました
日経新聞1月25日夕刊社会面トップ記事。日経は無防備にも、検察リークによる架空の「手帳メモ」の詳細まで書いてしまい、取材源さえごまかせなくなってしまった

 日経・読売の記事「石川議員の手帳にホテル名メモ」と翌日の訂正記事に対し、私は日経本社にて抗議し、各社の報道も検証した。その結果、検察が記者に「ウソ情報」をリークし、その後で取り消したとしか考えられないこと、大手紙のなかで2社だけが怪しい情報を記事にし、訂正記事を出したことが分かった。だがこれは訂正どころではなく、関係者に謝罪の上、記事の「取り消し」をすべきではないか。社長宛の質問状を携え本社を訪問したが、その対応の悪さに怒った筆者は、25年も購読してきた日経新聞の契約を打ち切り、この問題を広く世に知らせることにした。


【Digest】
◇嘘は大きく、訂正は小さく
◇検察でっち上げ情報垂れ流しの両社
◇日経新聞に読者として抗議
◇この虚報事件を整理する

◇嘘は大きく、訂正は小さく
讀賣新聞1月25日夕刊社会面トップ記事。「石川議員側関係者からの取材に基づく」と検察をかばう「嘘のコメント」を付け加えている

  

 読売新聞と日経新聞が、1月25日夕刊で同時に「石川議員の手帳の現金授受とされる日と同じ日に供述通りのホテル名のメモがあった」という記事を社会面トップで掲載し、翌日、同時に「ホテル名メモの記述がある欄は04年10月15日ではなく、05年4月の誤りだった」とのごく小さな訂正を載せた(右記参照)。

 両紙とも、ウソ情報をトップ記事扱いで大きく載せておきながら、訂正情報はほとんどの読者が気づかないような片隅に小さく載せるという、卑怯な姿勢だった。この、検察の世論誘導としか考えられない虚報によって、石川・小沢サイドは回復しがたいダメージを受け、一般市民らが構成する検察審査会の「起訴相当」議決の背景の1つにもなっている。

 実際、「起訴相当」議決を受け、東京地検特捜部は5月15日と17日に、小沢一郎幹事長や石川知裕議員への再聴取を行っている最中だ。

 これは「訂正」では済まされず、記事の「取り消し」を行ったうえで、少なくとも同じ扱いで読者に知らせるべきではないか、虚報を流した経緯も含め、関係者に正式に謝罪したうえで、読者にしっかりと知らせるべきではないか、と考えた私は、1購読者として日経に抗議したが、一切、こちらの要望には応じない。

 その対応は、読者を顧客とも思わぬ失礼なもので、筆者は購読契約を打ち切った上でこの事実を広く知らせることにした。その詳細をお知らせしたい。

◇検察でっち上げ情報をそのまま垂れ流す日経・読売
 二社の訂正記事では「ホテル名メモの記述がある欄は04年10月15日でなく、05年4月の誤り」とある。読売と日経が揃って、同じように日付を取り違えることはありえないので、元情報が間違っていた、と考えるのが妥当だ。

 元情報とは、押収した手帳を見ることができる検察以外にはありえない。だが、毎日新聞記事によると、検察は「04年分の手帳は見つけてない」とされる。手帳を持たないのに、「04年10月15日」という特定の月日のメモだと言い出したこと自体、不可解だ。

 検察は、手帳の05年4月のどこかの欄に全日空と記載されているのを見つけ、架空の、注目される「ウソ情報」“石川議員 手帳メモにホテル名 「現金授受」と同じ日(04年10月15日)”をでっち上げた、と考えるしかない。そして、読売と日経はそのリークに基づき、そのまま、でっち上げられた情報をデカデカと記事にしたのである。

 他社(朝日、東京、毎日)は、元情報「5,000万円、ホテルで授受」が、水谷建設元会長の証言しかなく、小沢側も全面否定していることから、怪しい情報だと思っていたはず。そこで、次に検察から与えられた情報「現金授受と同じ日」も、余りに出来すぎた情報だと判断し、「記事にしたら危ない」との常識が働いたと思われる。

 記事にした読売・日経は、検察と良い関係を保ちたいとの思惑もあったのだろう。日経ネットなどにも記事を掲載し、数時間後にネットから消し去った。

◇購読していた日経に読者として抗議
 日経・読売の小さな訂正記事に気づく人は、ごくまれだ。このまま石川議員が多くの国民に疑われたままでは浮かばれない、などの思いから、私は新聞社に抗議することにした。

 筆者は、日経を約25年購読してきた顧客として、日経に抗議した。だが読者センターに「購読者はどうしたらよいのか」と問うと、「不買運動をやっては、インターネットで知らせてはどうか」と言われる始末で、お粗末な対応に終始。小さな訂正以外は何もしないと言い張り、反省はなかった。

 以下、その模様を時系列で詳細に記す。

1月26日午後、私が日経本社読者センター担当員に、小さな訂正記事では済まないのではないか、と抗議の電話(1時間50分)。

(担当者)「訂正記事でよい」と、こちらの言い分を全く聞かない。

1月27日午後、 新聞を契約している販売店に、「日経本社の対応が悪い。販売店から日経本社上層部がしっかり対応するようお願いしてほしい」と伝える。

(販売店からの返事)「日経本社に連絡したが、本社はそのような電話を受けていない、とのことだった」

1月28日午前、再度読者センターに電話、女性が対応 (36分)。

(女性担当者)「貴方の言っていることは全てその通り。ぐうの音も出ない。経営者が対応すべき 内容。全てを上司に報告する。」 (後日、他の担当者にも聞いてみたが、同様な意見であった)

1月28日午前 根本読者センター長から電話。

私 「社長宛の手紙を持参する。その際、私の話も聞いてほしい。」

その後、電話での打合せで、2月1日13:00時に、日経本社を訪問することになった。

日経本社にて手渡した2月1日付の社長宛質問状

2月1日13:00~14:50 私と家内で、社長宛手紙を持参し、日経本社を訪問、打ち合わせ。

 日経側のメンバーは、編集局調査部読者センター長 根本正一氏と、担当部長(紙面審査委員会)の上嶋光貴氏.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



読者センターから送られてきた封筒と手紙

 

関連記事
記者コメント
本文:全約4,000字のうち約1,800字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
アクセス数 5601 続報望むポイント
658
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
日経は経営者の太鼓もち  08:06 07/21 2010
日経新聞には本当に腹が立ちます。 技術者を奴隷扱いして廃人にしてきた製造業の経営陣へのしっぺ返しが優秀な理系学生のメーカー離れなのに、 日本の技術者は質が悪い、としか社説に書けないとは情けない
裁判で断罪しましょう  08:23 06/12 2010
こんなガセ記事を書かれたのだから、石川議員(まだやってたっけ)は読売・日経を訴えればいいだけ。 石川議員の罪状は別に、こんな嘘の記事で精神的苦痛を受けたのは明らかで、裁判で読売・日経の記者・編集者の悪質な行為の責任追及をやればいいのです。 嘘記事ですので、裁判では取材源の秘匿等のいいわけは通用しません。
責任者ナベツネ  02:41 06/11 2010
読売は自称主筆のナベツネは責任を取ったのでしょうか。主筆なのですから、記事についての一番の責任者です。 嘘記事の主筆がナベツネです。
日経田勢の事件も掲載  02:19 06/11 2010
子供っぽいと言えば、日経の田勢の早大大学院生へのセクハラ・解職事件。 日経宦官の田勢は、これを機会に去勢する事をお薦めします。 記事はマイニュースジャパンにもありますが、生活/消費者/有権者のトップから、右の見出しに日経の田勢の記事が出ています。
大塩  23:53 06/10 2010
役人と一体化するマスコミと、新聞に書かれると信じ込む国民の構図というのが際立ってきた。 テレビの街頭インタビューてのも操作されてるだろうけど、どうも戦前に近いものになってる。 戦争まではいかないとしても倒閣や選挙が誘導によって左右される事態が現実化してきた。
フマキラー始動  17:42 06/08 2010
>闇社会の住人で、借金踏み倒し・犯罪で逃亡中で住民票も無い闇男・闇拡張員 >私が止めなかったら、他の住民を襲っていた >それと事実を考察して知るようにして、論理的にやってください。 何の話をどこ言語で語っているのか。 本サイトのあなたの御投稿を隅から隅まで拝見致しました。9割方は外野からの雑言です。当事者ヅラをするのは御自身の事件のみで十分ではありませんか。弁護士・記者・加害者に同情します。
田代裕治  14:04 06/08 2010
下記の方、こんなところで関係の無い書き込みで私を巻き込まないでください。 下の拡張員の件はここでは関係の無いことですし、ついで言うとその拡張員は、闇社会の住人で、借金踏み倒し・犯罪で逃亡中で住民票も無い闇男・闇拡張員だったのですよ。 恐ろしい闇拡張員で、私が止めなかったら、他の住民を襲っていた、おぞましい事件だったのですよ。 それと事実を考察して知るようにして、論理的にやってください。