MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
博報堂
Baa 優良企業予備軍
(仕事4.5、生活3.0、対価4.6)

 博報堂の社員は、入社5年目までに必ずローテーションを行う。「第二配属」と呼ばれる仕組みで、異動希望を聞かれ、叶えられる可能性も高い。基本は部門間異動で、4年目までに異動を果たしていない社員に、5年目に異動する権利が与えられる。

【Digest】
◇「第二配属」で原則全員が異動
◇局ごとに異なるカルチャー
◇カンパニーには所属も営業局にはいないコネ組
◇中途入社組は各局に1人程度
◇年俸制だが約10年は年功序列的
◇入社年次主義
◇業績評価で多少の差がつく
◇“ニンジン”がぼやけている
◇有休どころではない
◇タレントの都合で土日に出勤
◇ノルマのプレッシャーは弱い
◇本妻の博報堂、愛人の電通


博報堂の組織
◇「第二配属」で原則全員が異動
 同社は例年、70~90人程度を採用しているが、ある年は、コピーライター(数人、普通の四大卒)とデザイナー(芸大出身者など数人)だけ職種別採用で、残りはまとめて採用。入社後2ヶ月程度の研修後、第5希望までを申告し、最初の配属は、営業(5割強)、マーケットデザイン(3割)・メディア&コンテンツ(2割弱)といった比率であった。

 簡単に言えば、営業は、クライアント企業の窓口となって船頭的な役割を担う。メディア&コンテンツは、媒体(新聞の広告スペースやテレビのCM枠)を買い付ける。

 マーケットデザイン(MD)は、具体的な広告の中身を考えたり、クライアント企業の広報とPR戦略を考えたり(コーポレートコミュニケーション)、プロモーションやイベントを考えたり(カスタマーマーケティング)、広告を制作したり(クリエイティブ)、市場調査を行ったり(ストラテジックプランニング)する。

 第二配属までで、営業からMDやメディア&コンテンツへの異動者は1~2割。メディアから営業への異動.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



博報堂の年収推移
意思決定カルチャー他

関連記事
記者コメント
本文:全約5,700字のうち約5,200字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
キャリアコラムのメルマガ登録は こちらからお願いします
アクセス数 65009 続報望むポイント
1883
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
エネルギー産業社員  18:26 12/27 2005
私の会社にはけっこういますよ。ただし採用は不定期みたいですが。
転職思案中  16:45 07/17 2005
エネルギー産業(電気ガス石油等)の中途採用て聞かないけど、やってないんですかねぇ?