MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
読売販売店パワハラ訴訟、その道20年の原告が語る〝新聞業界の闇〟「押し紙率10割の店もありました」
首都圏の読売新聞販売店Y社で4年以上もパワハラを受け続けたと訴える原告の岡村氏(仮名)
 
 
 
  
 

 新聞販売店で20年以上働いてきた岡村隆行氏(40代前半、仮名)は、配転先の店長のもとで「クソ野郎!」と罵られ続け、ほぼ毎日、難癖をつけられて深夜まで帰してもらえず、休みの日でさえゆっくり寝れない日々を4年以上も送った。営業のインセンティブである年間約40万円分のポイントを奪われてもなお耐え続けたが、2011年2月、ついに無理矢理、退職届を書かされ解雇。岡村氏は今年1月、会社と店長を相手取り、パワハラによる精神的苦痛を被った慰謝料300万円などを請求する訴訟を東京地裁に起こした。健康保険や厚生年金に加入させない給与制度や部数偽装(押し紙)の実態など「闇だらけの新聞業界」の現場について、同氏に率直に語ってもらった。

【Digest】
◇「おい!クソ野郎、ちょっと来いや!!」
◇ポイント年間約40万円分や時計も…
◇退職届を無理矢理書かされて解雇
◇読売会会長のチカラで業界から放逐?
◇Y社「無回答」
◇「給与明細」が物語る新聞業界の闇
◇実数の倍が送られてくる押し紙の実態

◇「おい!クソ野郎、ちょっと来いや!!」
 原告の岡村隆行氏(40代前半、仮名)によると、パワハラ事件の経緯は次のようなものだった。岡村氏が新聞販売店で働き始めたのは、1991年。その後、20年以上にわたり、一貫して、新聞配達、集金、営業などの新聞販売店業務に従事してきた。

 勤務先は、東京都に本社を置く株式会社Y社(仮名)の系列店。Y社は首都圏で新聞販売店を設置、運営する会社で、グループ店を含めると関東一円や関西、中国、福岡に手広く新聞販売店を持ち、従業員は計約2千人に上る大企業だった。配達する新聞は読売新聞が中心だが、なかには日経新聞などをメインに配る店もあった。

 岡村氏は、この会社の関東の販売店で長らく勤務した後、数年間、中国地方に異動し、2007年に再び関東に戻った。勤務先は、首都圏の読売新聞の販売センターA店。そこには、店長格の島田晋次(仮名)という人物がいた。

 「島田とは仕事をしたことはなかったですが、悪いウワサばかり聞いていました。消火器をぶん投げて部屋を真っ白にしたとか、社長のクルーザーに乗って釣りに行って、従業員を海に落としたとか。とにかくチンピラみたいな人間だと聞いていました」(岡村氏)

 島田の態度は、初対面から〝異常〟だったという。岡村氏が、菓子折りを持参して「宜しくお願いします」とあいさつした。すると島田は、いきなり、机の上にドンと足を挙げ、「あ、そ」と言うなり、菓子折りを床に放り投げたというのだ。岡村氏はびっくりして拾い、菓子を棚の上に置いたという。

 その後、島田は、岡村氏のことを、名前では呼ばず、「てめえ!」「クソ野郎!」「この野郎!!」などと呼ぶようになった。販売店には大学生や予備校生など20人近くの従業員がいるが、このような呼び方をされていたのは岡村氏だけだった。

 新聞を積んで出ようとすると、「おい!クソ野郎、ちょっと来いや!!」と呼び止めたりするので、近隣の人が心配になって「どうしてあなた、クソ野郎と呼ばれているの?」.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



あん摩マッサージ指圧師の証言文書。当時、原告が通った整体院で、原告がパワハラを受けていた、と話していたことが記載されている
訴状。全文ダウンロード可
給与明細
「最後の勤務先となった日経販売店では、日経新聞を2千部配るのに対して、販売店には倍の4千部がきていました」。つまり日経新聞は押し紙率なんと10割。読売新聞は2割だったという。
都内の大手町で建設中の読売本社ビル

関連記事
記者コメント
訴状ダウンロードできるようにしました。(2012/6/9)
本文:全約7400字のうち約6400字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「えっ?まだ新聞、定価で読んでるんですか!?」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 6620 続報望むポイント
24
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
南北トンスルランド  18:06 09/27 2013
日本の三大紙は、読売、朝日、聖教。 最近は新聞どころか、テレビ持っていない人も多い。
M  23:25 09/18 2012
部数減は深刻です。毎日新聞の場合 09年380万部→10年356万部→11年342万部。 
tadashi  01:27 09/15 2012
新聞の部数減は進んでいると思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか?ちなみに私は2年前に新聞止めました
M  16:11 08/30 2012
最近担当者が店に来る回数が明らかに減っています。これはどういう事ですか?閉店ですかね?
さいたま市Y  05:02 07/05 2012
月初め不着したら殺す7からな と、脅迫するチンピラ店もある 本社の所長選択に疑問を感じる
元ASA関係者  13:05 06/02 2012
新聞社が100%悪で、販売店は100%被害者というMNJのキャンペーンは終了ですか?新聞社元社員とかが早期の年収1000万円突破で勝ち組顔しても、地域・能力によるが3000部を持つ新聞屋は夫婦+後継者3人がそれぞれ年収1000万だったりするし、部数偽装やパワハラ次第ではほとんど働かずに済む。新聞社への嫌がらせの押し紙報道キャンペーンも、結局は悪徳店主の下僕役となっているのが現実だしなぁ。