MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
SAPジャパン
Baa 優良企業予備軍
(仕事4.0、生活3.7、対価3.8)

 SAPが日本で本格的に新卒の大量採用を始めたのは、97年からだ。96年までは数十人規模だったが、97、98と100人前後を採用し、99年は一気に約170人も採った。しかし、2000年はITバブル崩壊とともに成長が鈍化し、売上げの前倒し計上といった不正経理問題などもあって、中根滋氏が日本法人の社長を解任され、その年の新卒採用もゼロになった。

【Digest】
◇場当たり的な採用計画
◇職種は4つ、メインはコンサル
◇製品力で新人もすぐに現場へ
◇97年入社組がマネージャーに
◇「現場は使いづらい」製品
◇1年を超えるプロジェクトも普通
◇明確に形式化されたスキル
◇現場は25歳~30代後半までフラット
◇夜10時以降の残業代がつく
◇「以前の水準が高すぎた」営業
◇地方に長期常駐あり
◇子持ちマネージャーも
◇業績悪化、他社への転職が活発化


◇場当たり的な採用計画
 翌2001年は5~60人を採用したが、こうしたIT業界にありがちな不安定な採用は現場の昇格のしやすさにも影響が出始めている。同社は独系グローバル企業で、若い層の昇格は年功序列的。97~99年入社は同期が多すぎるために全員一律で昇格させる訳にもいかず、頭打ちとなっている。

 同社は、ERP(Enterprise Resource Planning、統合基幹業務ソフト) のシェアトップ企業。仕事の中心は、クライアント企業に情報システムを導入するプロジェクト(PJT)ベースで進められる。社員のキャリアも、入社後の約半年間の研修を経た後は、基本的にPJTへの参画を通して形成されていく。

 新卒入社組は、文系のほうが6:4で多いくらいだ。院卒は、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



SAPジャパンのキャリアパス
SAPジャパンの年収推移
意思決定カルチャー他

関連記事
記者コメント
本文:全約6,700字のうち約6,200字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
アクセス数 41681 続報望むポイント
1687
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
SAP Japan  17:03 10/13 2010
は、長期的visionの欠片も感じられない会社でした。そもそもそんな物を求めてはいけない会社なのかもしれませんが・・・。加えて、露骨に札束で頬を叩き仕事させるしか能が無い品性下劣な会社でした。
堀田  21:07 03/14 2010
人間として尊敬できる上司っていないね。この会社。
転職希望者  17:03 12/09 2007
SAPジャパンにHCMコンサルとして転職希望なのですが・・・ こんなに評判が悪いとは。。 正直考えます。。
元SAP  10:24 04/12 2007
IBM→SAPに行きましたが1年で退職しましたが稼がせていただきました。ある意味実力主義で年収2千万はザラでしょう。ただし長くは続かない。そしてここのVPクラスは本当に仕事しない。インセンティブがずっと続く会社なので居座っちゃうんだろうな。ノルマも厳しい。社長のR○Bが契約取れるとGreat!Congratulations!と激励に来る。
従業員数  00:36 02/10 2007
SAP JapanのHPによると、ずっと1300人以上だった社員数が減ってしまったみたいですね。今期は業績がよかったようなのでびっくりですね。気になったので調べてみたところ、SAPの海外の開示情報に実は以前から減っていたと記載されていますね。。。
こんなに  23:32 09/04 2006
非難されている会社も珍しいですね^^;知り合いから聞いていた話と同じなので大変参考になります。辞退しときます。
金儲けの旨い会社  23:52 09/03 2006
SAPには、大分貢がせてもらいましたよ。実際に使えるようにするには、最初提示された額の倍ぐらいの費用がかかる。逆に言えば、いい金づるという事だったんだろうね。