MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
明治大学ラグビー部で細谷ヘッドコーチが女性にパワハラ 「女にウェイトトレーニングの指導はできない!」 裁判所も違法認定
明治大学ラグビー部のヘッドコーチとして女性コーチにパワハラを繰り返した細谷直氏。東京地裁が違法性を認定。現在二審で係争中(写真は明治大HPより)

 


 明治大ラグビー部は09年度から、基礎体力強化のコーチ業務を、都内のS社(仮名)に依頼し、順調に効果が出ていた。ところが10年4月、吉田義人監督の大学時代の先輩に当たる細谷直氏がヘッドコーチ兼ディレクターに就任してから、状況が一変。細谷氏が、コーチとしてS社が送り込んだ早川桜氏(仮名)を目のかたきにし、「女にはウェイトトレーニングの指導はできない!!」「女はロッカールームに入れるな!!!」と怒鳴り散らし、明治大から放逐させたのだ。早川氏はショックからPTSDに罹患。S社も明治大と契約解除した。12年1月、早川氏は、S社社長や法人としてのS社とともに、明治大学・吉田監督・細谷氏を相手どり、パワハラの損害賠償等1300万円を求め東京地裁に提訴した。13年4月の地裁判決では、早川氏に対する違法なパワハラと慰謝料30万円が認定された。だが当の細谷氏は、未だ「チームアドバイザー」の肩書でラグビー部に残り、今月14日には同大学で学生向け特別授業まで実施。なぜ明治大はパワハラを容認するのか?事件の全貌をお伝えする。

【Digest】
◇監督の先輩がヘッドコーチに就任してから環境一変
◇「女にはウェイトトレーニングの指導はできない!!」
◇「なにロッカールームで笑ってるんだ、こらぁ!!」
◇一審判決で明大のパワハラ認定
◇「コメントは差し控える」明治大学

◇監督の先輩がヘッドコーチに就任してから環境一変
 判決文や訴状、準備書面、証人尋問、証拠資料などによると、事件の発端は09年2月にさかのぼる。当時、明治大学ラグビー部は低迷。そこで、それまでのOB会推薦によってラグビー部監督を決める慣例を一変させて、学校法人明治大学自らが、監督の人選に乗り出したのである。

 その結果、吉田義人氏に白羽の矢を立てた。吉田氏は、大学1年時からレギュラーとして活躍、4年時には主将として全国大学選手権優勝を成し遂げ、元ラグビー日本代表で活躍した経歴を持っていた。

 こうして新体制となり、吉田監督は「コーチに就任してほしい」とある会社に依頼した。その会社は、スポーツ選手のストレングス・コンディショニングコーチ、トレーニング指導・コンサルタント、フィットネス・インストラクターの養成・派遣などを行う、都内のS社(仮名)という企業だった。

 S社のモットーは、スローな動作により筋肉を意識して動かすことでトレーニング効果を高める「スロートレーニング」。これまで野球の野茂英雄をはじめ、プロゴルフ、プロテニス、ラグビー、アメフトなどの選手たちを育成してきた実績を持っている。

 吉田監督は、S社に対し、数年後のラグビー部の成績向上を見据えた、選手の基礎体力強化を依頼した。S社側は同意し、09年4月1日、明大と契約を締結。契約内容は、「ラグビー選手のトレーニングを目的とした、ストレングス&コンディショントレーニング指導業務」で、契約期間は1年間。期間満了1か月前までに解約の申し出がない限り、1年間自動延長。契約料は、1年間あたり1900万円だった。

 S社は、明大ラグビー部の現地には、社長の森口和人(仮名)氏や、スタッフの早川桜(仮名)氏、取締役の兼平正明(仮名)氏などが赴き、トレーニングを実施。こうして任務を遂行し、1年後の10年3月には、吉田監督から「S社のトレーニング指導の効果が着実に現われている」と評価され、S社は契約を更新した。

 順調にみえたS社と明大ラグビー部――。しかし、その直後に、状況が一変する事態が起きた。10年4月から、吉田監督の招へいにより、細谷直(ほそやただし)氏が、明大ラグビー部nヘッドコーチ兼ディレクターに就任したためだった。

上は09年2月19日の吉田義人監督の就任会見(在任期間13年3月まで。その後退任)。下は10年4月3日の細谷直ヘッドコーチの就任会見(在任期間13年4月まで。その後、チームアドバイザーに就任、写真は明大HPより。以下の写真も同HPより)
 細谷氏は、明大ラグビー部時代の、吉田氏の先輩にあたる人物だった。

 細谷氏について、S社の面々は、こう述べている。「就任当初から、事実上の吉田監督をしのぐ権力を持ち、あたかも自身がラグビー部の人事権を握っているかのような態度」だったという。

 10年3月末頃には、こんなことがあった。S社社長の森口氏は、吉田監督に対し、コーチ陣の体制変更を提案した。すると、吉田監督は賛成し、次年度はそれでいく、と言っていた。しかし、なかなか実行しないので、森口氏が「合意事項を実現してほしい」という趣旨のメールを送り、後日、吉田監督の部屋で話し合うことになった。

 ところが当日、森口氏が監督部屋に入ると、細谷氏が同席していた。そして細谷氏は、いきなり、「こんなのクーデターだぞ!」「組織において、俺の言うことが聞けないのか!!」と叱責した。そのとき吉田監督は、ただ黙って見ているだけだった。

 そこから、細谷氏のパワハラが始まった。

◇「女にはウェイトトレーニングの指導はできない!!」
 まず、2010年4月11日(日)、「オール慶明戦」が都内の青山にある秩父宮ラグビー場で行われた。この試合は公式戦ではなく、両大のOB・現役を混ぜたチームによるエキシビションマッチだった。

2010年4月11日に行われたオール慶明戦。この試合で細谷氏は「あいつは女だからAチームのウォームアップで雰囲気を高めていくことはできない」と発言
 その試合の前日、S社の早川桜氏が、選手たちに試合前のランメニューをこなさせていた。すると、それをみた細谷氏が、「選手たちの走る距離が短過ぎる!」と批判。

 さらに試合当日、選手たちのウォームアップ時に、細谷氏は「早川のウォームアップは全くダメだ。あいつは女だからAチーム(ラグビー部の中で選手のレベルが最も高いチーム)のウォームアップで、雰囲気を高めていくことはできない.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



2010年5月16日の大東文化大との一戦。この試合で細谷氏は、女性コーチのグラウンドへの出入り禁止を命令
2010年4月18日のオール早明戦。試合前、細谷氏は突然コーチを呼び出し「なにロッカールームで笑ってるんだ、こらぁ!!」と激高
上は、一審判決後も細谷氏はチームアドバイザーとしてラグビー部にいることを示す人事発表。下は奇しくも13年11月14日には明大リバティタワーで、一般学生向けに「輝く個人と燃える集団」をテーマに行った特別授業の風景

 

 

  

関連記事
記者コメント
本文:全約6900字のうち約5100字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
企画「CMリテラシー」トップページへ
企画「その税金、無駄遣い、するな。」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 6351 続報望むポイント
3
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
   00:29 01/19 2019
ラグビーの第55回全国大学選手権決勝(2019年1月12日・秩父宮)で、天理大を破り、13度目の優勝を飾った明大。1996年の優勝以来22大会ぶり。素直におめでとうと言いたい所ではある。しかし、この負の歴史を直視し、反省し、事件を隠蔽する事は決して許されない。明治大学はいつになったらこの件を説明するのか?
   21:01 05/20 2018
アメフトで関学大と日大との間に起きたルール違反行為問題。世間は大きく取り上げたが、まともに何も説明していない明治大学こそが日本大学以上に悪質極まりない。明治大はいつになったら世間にこの件を説明するのか?
    23:38 08/10 2016
2016年ブラジルリオ五輪にて7人制ラグビーでNZに日本が勝利する快挙を成し遂げた。しかしこのような不祥事を放置、黙殺しようとする限りラグビーの浸透はあり得ない。
   02:28 09/23 2015
数日前イギリスにてラグビー日本代表が南アフリカに勝った事でラグビーに注目が集まっている。しかし明治大学で行われたパワハラをきちんと世間に向けて説明責任を果たさなければラグビーは世界的スポーツにはなれない。昔にあった帝京大学ラグビー部によるレイプ事件もそうだ。明治大学のダンマリは許されない。
   02:36 11/19 2013
頭の中が筋肉で固まっている・・ネット上の俗語で言う脳筋というやつだろうか。そもそも本当に優秀な運動神経をもち且つ頭の良い人はラグビーを選択しないのかもしれないけど。