MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
銀行業界→自民党、献金の黒歴史:総額344憶円と判明、最多は三菱東京UFJグループの60億円 “巨額賄賂”見返りに法人減税へ
過去に344億円もの政治献金を自民党団体にしていた銀行業界。98年以降は自粛しているが、近い将来再開される恐れがある。

 自民党の政治資金団体「国民政治協会」(塩川正十郎代表、千代田区永田町)に対する、銀行・信金・信組、銀行協会など銀行業界からの政治献金が、1977年から2012年までの36年間で総額344億円にものぼることが筆者調査でわかった。公的資金投入の1998年以降、大手銀は献金を自粛している(※地銀・信銀、信金、信組は継続)が、公的資金返済が終わり、経団連も今年9月に献金解禁の方針を発表したため、近く再開されるおそれがある。自民党も筆者の取材に対し、献金受け入れを否定しなかった。本来ならば預金者に支払うべきカネが自民党に流れ、見返りとして法人減税や消費税10%への増税など「国民を苦しめ大企業を喜ばせる」政策でキックバックされる流れだ。安倍首相は今回の解散総選挙に際し、法人税を「現在の35%程度から数年間で20%台まで引き下げる」との公約を掲げた。銀行はじめ大企業が望む法人減税と消費増税を公約とする現政権に、有権者の鉄槌は下されるのか。(末尾で「国民政治協会への銀行・銀行団体献金状況全データ」をPDFダウンロード可)

【Digest】
◇都銀1行で年間数千万円規模の自民献金 
◇1977-93年の17年間で306億円
◇98年以降は都銀自粛、地銀信金は継続 
◇献金総額王者メガバンクは三菱の60憶
◇みずほ、三井住友は47憶円
◇りそなは約30億円
◇都銀が献金を中止した背景とは
◇2006年、安倍政権のときに献金再開騒動
◇経団連が献金あっせんを再開
◇「献金再開」と明言したところはないが…
◇税金を払わない大銀行

◇都銀1行で年間数千万円規模の自民献金 
 自民党の政治資金団体である財団法人「国民政治協会」に電力会社の役員や子会社が24億円もの政治献金を行なっていた--そんなあきれた実態を前回報告した。〈暴力団への上納金と同じ!電力会社→自民党への“ステルス献金”、過去36年で24億円と判明 「自粛」すり抜け原発の儲けをキックバック〉

 じつは、その調査の過程で気になっていたのが、銀行業界からの政治献金だった。銀行という公共性の高い企業が特定の政党にカネを貢いでいたという事実にも驚いたが、より目を見張ったのは、金額の大きさである。1行あたり、毎年何千万円という献金をしている。

 限りなくゼロに近い預金利息。高い手数料。時間外にATMを使うと1000円引き出すにも100円と消費税を取られる。窓口で送金すれば、数百円は覚悟しなければならない。キャッシュカードを作りなおすのにも、1000円以上の手数料を取られる。むろん融資を受けた場合は1円足りなくても許してくれない。庶民に対しては守銭奴かといいたくなるほどの集金意欲をみせる銀行が、毎年何千万円を、特定の政党にタダでくれてやっていたのだ。「皆様の預金」がそんな使われ方をしているとは、恥ずかしながら筆者は知らなかった。

 いったいどれくらいのカネが銀行から自民党に流れ込んだろう。だれか調べた人はいないものかとインターネットを検索してみた。だがそれらしい記事はみあたらなかった。ならばと自分で調べることにしたのである。

 調査方法は、電力会社のときと同様に、官報に掲載された「国民政治協会」の政治資金収支報告書を点検するやり方を用いた。

 結論から報告しよう。1977年から2012年まで36年分をすべて調べたところ、銀行・業界団体からの献金はおよそ3800件、金額は343億9000万円に達した。

4大メガバンク中もっとも献金額が多かった三菱東京UFJフィナンシャルグループ。60億円に達する。
◇1977-93年の17年間で306億円
 年ごとの献金額と銀行の数は、以下のとおりである(千円以下四捨五入).....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



みずほフィナンシャルグループも旧富士銀行、第一勧銀などが10億円超の献金を行なっており、献金総額は47億円もの金額になる。
1兆円規模の公的資金が注がれたりそな銀行。グループ全体でみると旧大和銀行など7行で30億円の献金を行なっていた。
「政治とカネ」をめぐる批判を浴びて旧経団連が会員企業に対する政治献金あっせんを自粛したのは1993年。代わりに政党交付金を導入したが、20年が過ぎ日本経団連は献金あっせん再開を表明した。銀行の献金が再開される可能性は少なくない。

関連記事
記者コメント
本文:全約9600字のうち約8600字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「その税金、無駄遣い、するな。」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 4061 続報望むポイント
12
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
   16:10 12/19 2015
本日(2015/12/19)の日経新聞記事によると3メガ銀、政治献金再会 18年ぶり 自民党へ2000万円ずつとある。あれだけ税金を投入して救った銀行が政治献金とはふざけている。納税者へ還元することの方が先決だ。
    23:48 11/26 2014
新聞業界の消費税軽減税率を求める姿によく似ている。本当に醜い連中だ。こんな連中のために一般の国民の負担が増えていく。安倍自民党にNOを一人でも多くの人が突きつけて欲しい。小泉改革時の自民党とは違い今の自民党は昔の自民党とほぼ変わらないのだから。
ルンペン放浪記  17:55 11/26 2014
何から何までひどすぎて、ひどいのなんのって!持たないだろう。そのうち(そう遠くない近いうちに)、足元から崩れ落ちるだろうな。