MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
SMBC日興証券「これは仕事させないパワハラだ」――ノルマ変わらず残業時間だけ厳しく規制
B:優良企業予備軍
(仕事3.5、生活3.7、対価4.6)

 ブラック労働の代表職種だった証券のリテール営業も、電通過労死事件で明らかになったコンプライアンス上のリスク面と、空前の売り手市場による採用難対策という両面から、急激に労働環境のホワイト化を進めざるを得なくなっている。今年1月のフレンド証券との合併で業界2位となったSMBC日興証券では、仕事をしたいのに帰らなくてはならず、新しいパワハラだ、という声も上がっているという。ターゲット顧客層の高齢化にともなうトラブルから増えるコンプラ対策業務、さらには、金融庁長官から「高い手数料と回転売買で、顧客不在の稼ぎ方だ」との批判も飛び出し、現場は、短い労働時間のなかでノルマに追われ、コンプラとの狭間で悩みながら売っている。IT化・グローバル化が進むなか、リテール営業に未来はあるのか。

【Digest】
◇「帰れって言ったじゃん!」
◇「何していいかわからない」「まだ明るいけどな…」
◇10年前に1千人リストラ、FA社員採用停止
◇公募制度はあるが…10年で半分以上が辞めていく
◇管理職層に「辞めさせるな」「詰めるな」
◇パ・リーグよりセ・リーグに厳しい
◇課長代理クラスで月2千万が目標
◇株中心のフレンド、投信中心の日興
◇三井住友銀行からの紹介、多い支店と少ない支店
◇浪花節営業のジレンマ――考え出すと気持ちが下がる
◇公募の配分権は証券会社が持つ
◇セグメント分けと担当者マッチング
◇最適な提案内容は自動化できるか
◇リテール営業、2極化の未来
◇転勤の有無で基本給2万円の差
◇ボーナス「200弱~800万くらいまで」支店業績が重要
◇保養所等はシティー傘下時に処分済
◇本社は日本橋高島屋三井ビルディングへ
◇家族が支店に乗り込んできて――年々厳しくなるコンプラ
◇「相手の気持ちを読む能力」で数字を残す


◇「帰れって言ったじゃん!」
 「最近は、『18時に帰れよ』と毎朝いわれます。残ってると、『帰れって言ったじゃん!』と営業課長や支店長から怒られますから。3~4年前は、朝は7時出社で、夜は20時~21時まで残業するのが当り前でした。それが今は、どの課でも朝8時ごろ出社~夜は19時前後まで、が当り前に。特に厳しくなったのは、電通事件後の、この1年ほどです」(中堅社員=30代課長代理)

 多くの企業に影響を与えた、電通の新入社員過労死事件(2016年9月に労災認定)。会社の刑事責任が公開の法廷で問われ、山本敏博社長が出廷して証言台に立ち謝罪。罰金刑が下されるに至り、さすがに「明日は我が身」と危機感を持ち始めた経営者も多い。

 SMBC日興証券でも、組織的に労働環境のホワイト化が進められた。ただ、往年の長時間労働にすっかり頭も体も慣れ切ったモーレツ社員たちにとっては、ギャップの大きさに慣れない日々だという。これは、「生存者バイアス」で、その環境に適応できなかった者は、早々に会社を辞めているからだ。

 証券リテール業界では、若手の朝7時出社は常識とされ、夜も連日21~22時までが珍しくない。SMBC日興証券の定時は8:40~17:10なので、まともにカウントしたら、朝と夜の合計で、1日5時間ずつ残業代が発生し、営業マン全員が月100時間オーバー必須という“総過労死認定状態”が、この業界の常だった。これを無理やり正常化しようとしているのだ。

30代営業担当者の給料。左が、残業がほとんどなくなった直近の明細。右は2016年の明細で、残業時間は「普通残業」だけで50時間超、「深夜残業時間数」と「休日勤務時間数」にも、数字が入っている。
 「私の場合、この明細の通りで(左記参照)、2016年には深夜残業と休日出勤も含め残業60時間超だったものが、今ではたったの5時間です。毎月、こんな感じ。そうかといって、営業として求められる数字は全く変わりませんから、『これは仕事をさせないパワハラじゃないか』と社内で話題になっています。数字が行かなければボーナスも減りますし…」(同)

 PCログが、2日後に出てきて、PCの電源をつけた時刻、消した時刻から、働いた時間を自己チェック可能。その数値と、自分が労働時間として申告した時間が矛盾していないか、本社がチェックしている。

 「支店の営業課長からは『誤差が1時間以内になるように』と指示されていますし、総務課長の監視も行われています。労務管理は厳格です」(同)。実残業時間を減らした上で、サービス残業が不可能な環境まで、しっかり整備された。

 労働時間のホワイト化は本来、歓迎すべきことだが、残業時間が減ると、残業代も減るのがネック。だがこの明細では、総支給額が4万円ほどしか減っていない。

 「これは、私が『みなし労働時間制』で、一律40時間分が、残業をしてもしなくても、定額支給されるためです。40時間を超過した差額分が『割増超過手当』として以前は貰えましたが、それがゼロになっただけで済んでいます。かわいそうなのは、みなし労働時間制が適用されないランクの、若手社員たち。毎月の残業代が激減して、年収が200万円近く減ってしまった、という話も聞きます」(同)

 この「若手社員」というのは、おおむね20代で、学卒5~6年目以下が中心の、「クラスⅡ」の人たちを指す。月70時間平均×12か月×時間単価平均2千5百円(※深夜・休日は割増となる)で計算すると210万円なので、確かに影響は大きい。

SMBC日興証券採用ページより

 クラスⅡについては説明が必要だろう。同社の給与制度では、労働者層(管理監督者でない者)は、給与が低い順に、「クラスⅠ」「クラスⅡ」、そして、みなし労働時間制が適用される「クラスⅢ-1」の3つに分かれている。

 新卒採用時の入口と採用予定数(2019年)は、下記3種類である。

クラスⅠ:20人。いわゆる旧一般職で高卒・専門卒も可。転勤ナシ。
クラスⅡのAコース:255人。全国転勤アリの総合職。
クラスⅡのCコース:30人。転勤がない総合職。Aに転換可能。

 この1月にフレンド証券と合併したばかりということもあり、リーマンショック前の400人規模(Aコース)と比べても、ずいぶん人数を抑えている印象だ。

 大卒総合職で社内出世を目指す人は、もっとも採用人数が多い、全国転勤アリを意味する「Aコース」で入社し、「クラスⅡ」からスタートする。(下記キャリアパスと報酬水準推移の図参照)。最短でも5年間は、このクラスⅡにとどまる。クラスⅡの間は、実労働時間制なので、残業はやればやっただけつけられ、残業代が支給される。かつては50~80時間程度の残業代は当り前のようにつけられ、月10万円以上が“生活残業代”となっていた。

 これが、直近では、ほとんどゼロに近づいてきてしまった。しかも、残業代が減って生産性が向上した分がボーナスで還元されるわけでもない。求められる成果は同じ。会社にとっては人件費を削減でき、売上が同じならば営業利益がその分だけ増やせるため、願ったり叶ったりだ。

◇「何していいかわからない」「まだ明るいけどな…」
 休日についても、強制的にとらされるケースが増えたという。

Aコース(全国転勤アリ)の給与制度。SMBC日興証券のキャリアパスと報酬水準推移。「クラスⅡ」は実労働時間制で残業代カットが年収を直撃する。
 「ここ2~3年で、『今月は1日、必ず有休とりなさい』『2か月に1回は必ずとるように』と会社側から言ってくるようになったんです。誕生日などに年1日休める『メモリアル休暇』は会社方針で取得を義務化。とらないと、『おまえ、消化してないのか』と言われて、必ず休みをとります」(中堅社員)

 連続休暇をとる制度も.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



SMBC日興証券の支店組織。FC課が外回り部隊。
SMBC日興証券の給与の仕組みを示す資料(筆者撮影)。コース別、年次別の基本給や報酬水準について記されている。
SMBC日興証券の総合評価マトリクスと、GEのナインブロック評価評価。日興では、建前上の制度では、コンピテンシー評価も同じ比重で重視していることになっている。GEはバリューのほうを重視する。

関連記事
記者コメント
本文:全約20100字のうち約17400字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい(会員ID進呈)

アクセス数 2446 続報望むポイント
9
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
   18:24 03/08 2018
残業代が減って生産性が向上した分がボーナスで還元されるのが本来あるべき働き方改革ではないのか。似たような問題があちこちの会社で起きていると感じる。