MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
オープンハウス、現職営業社員が振り込め詐欺で逮捕されても発表せず――不動産大手のモラル崩壊、新聞記事では「会社員」
振り込め詐欺をはたらいたとして詐欺・窃盗容疑で警視庁捜査2課に逮捕されたオープンハウス上大岡営業センター所属の営業社員K氏。逮捕から約3週間がすぎてもホームページに顔写真や経歴が掲載されていた。上司によれば現在は退職しているという。(7月6日撮影)

 業績急上昇中の株式会社オープンハウス(東京都、荒井正昭社長)で、現職の男性営業社員が振り込め詐欺を行ったとして詐欺・窃盗容疑で警視庁に逮捕されていたことが判明した。職場の上司が認めた。上司によると、社員は会社を辞めたいと話し、逮捕当時は休んでいた。正社員として給料が出ているはずなのに詐欺事件を起こした点について上司は「正直私、責任者じゃないんでわからないです」と他人ごとのように答えた。一方、本社は事件についていっさい発表せず、約1時間におよぶ取材に対し、退職したかどうかすら答えず、公式サイトに写真つきで掲載していた容疑者の紹介ページを後に削除。その誠実さに欠けるコンプラ対応からは、上場企業とは思えない幼稚なカルチャーが見えてきた。逮捕を知らせる新聞記事は「会社員」と表記され、社名は伏せられた。社外取締役に群馬県警本部長や警視庁公安部長、近畿警察局長を歴任した櫻井勝氏がいるのは、こうした社員の犯罪を隠蔽するためなのか。

【Digest】
◇「悔しくて」と顧客の声
◇逮捕後もホームページで氏名・顔写真を公表
◇営業センターに電話する
◇まるで他人ごと
◇K社員は「辞めたい」と言っていた
◇いつまで出社したか口ごもる上司


◇「悔しくて」と顧客の声
 「オープンハウスの社員が詐欺で逮捕された。私が家を買ったときの担当です。もうショックで。悔しくて・・・」

 そう書かれたメールが筆者のもとに届いたのは今月はじめのことだった。差出人は関東在住の女性だ。聞けば、神奈川県内の上大岡営業センターに所属していた男性社員が、6月16日、警視庁に逮捕されたと新聞報道された。社員の名前はK(実名)。めずらしい名前だ。報道されたK氏の住所地は、以前本人が言っていた場所と一致する。それで、まちがいないと確信したという。

 女性は訴える。

 「私自身がKから被害に遭ったわけではありません。でも、担当した社員が、じつは詐欺を働くような人だったというのはショックです。そんな者から家を買ったなんて。いいところですよって勧めてもらい、購入しました。こんな人に人生の選択を任せてしまったなんて悔やんでも悔やみきれません。買った家を知られていることも怖いです。私の住所も、友人の個人情報も詐欺に利用されるのではないかとすら考えます。悔しい。記事にしてください」

 とりあえず問題の新聞記事を見た。6月17日付毎日新聞電子版だ。

 〈車内から詐欺電話 現金詐取容疑で3人逮捕/東京〉

 役場職員になりすまして電話をかけ、現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は16日、住所・職業不詳、●(31)▽埼玉県越谷市北越谷4、職業不詳、■(32)▽横浜市神奈川区七島町、会社員、K(27)の3容疑者を詐欺と窃盗容疑で逮捕したと発表した。東京近郊のホームセンターの駐車場に止めた車の中で、朝から夕まで詐欺の電話をかけ続けていたという。

 逮捕容疑は4月中旬ごろ、千葉県内の80代女性宅に、「保険の過払い金を振り込む手続きができない。銀行員がキャッシュカードを取りに行く」と電話してカードをだまし取り、現金約86万円を引き出したとしている。松本と小山の両容疑者は容疑を否認している。

 ●、■両容疑者が電話をかけ、K容疑者が現金を受け取ったとみられる。同課は3容疑者が1~5月に十数件、約2000万円の被害に関わったとみて調べている。

(※●、■、Kは原文では実名。平社員であり、公判開始前ということから、推定無罪原則にたって、現段階では匿名とします)

 女性によれば、逮捕された3人のうち、最後の「会社員、K」がオープンハウスの社員である。上大岡営業センター(横浜市)の営業マンだという。

K社員が働いていたオープンハウス上大岡営業センター(同社HPより)。
◇逮捕後もホームページで氏名・顔写真を公表
 逮捕された人物がオープンハウスの社員かどうか確認する必要があった。「K社員の写真などをお持ちですか」と私は女性に尋ねた。すると、意外な答えが返ってきた。

 「いまもホームページに写真が出ています。消えていましたが、少し前にまた見れるようになりました」

 送られたオープンハウスHPのリンクにコンピュータをつなぐと、社員の写真とプロフィールを紹介した営業センターのページが開かれた。Kという名前が出ている。なるほど、新聞報道にある逮捕者と同じ名前だ。

 自己紹介文がある。

 お客様と接する際に最も心がけていることは何事にも真摯に対応することです。お客様にとって今後の人生に関わるとても重要なお買い物のお手伝いをさせていただきますので誠心誠意ご対応させていただきお客様が笑顔でお帰りになって頂くことを心がけています。

 「このスタッフに物件を探してもらう」と書かれた連絡用の赤いボタンもある。

 逮捕された社員の写真やプロフィールを公開し続けているというのは、にわかに信じられない。

 「一時消えていたんです。それがまた見えるようになりました」

 その事情もよくわからない。ともあれ、事実確認だ。取材というと態度を硬化させ、口を閉ざすかもしれないので、顧客の知人ということで営業所に電話をすることにした。ジャーナリストとは名乗らないものの、名前も電話も伝える。嘘ではない。

逮捕後もオープンハウスHPにはK社員の紹介頁が掲載されていた(赤丸部分)。一時閲覧できなくなっていたが、再び閲覧可能になったとの情報もある。営業センターに電話をかけた7月6日の後も掲載は続き、本社に取材をした9日以降になってようやく削除された。
◇営業センターに電話する
 7月6日夕方、K社員が所属する上大岡営業センターに電話をかけた。応対した社員に用件を伝えた。

 「Kという社員が逮捕されたと報道にある。事実かどうか知りたい」

 あとからかけ直す――社員はそう言っていったん電話を切った。

 再び電話があったのはおよそ30分後。上大岡営業センターの責任者という男性村上氏からだ。村上氏に私は単刀直入に尋ねた。

 「新聞報道で、Kという社員が逮捕されたとある。これはそちらの社員ですか?」

 「えっと・・・」

 歯切れ悪く村上氏は話しはじめた.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



K社員が削除されたオープンハウス上大岡営業所のホームページ。
オープンハウス本社が入居するビル(東京都千代田区)。
社外取締役に元警察庁キャリア官僚の櫻井勝氏がいる。振り込め詐欺容疑で現役社員が逮捕された事件を公表せず、新聞にも社名はでていないので、世間に知られずに済んでいる。はたして元警察幹部役員の力なのかどうか。

関連記事
記者コメント
本文:全約5100字のうち約3100字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「大東建託サブリース商法の研究」トップページへ
企画「CMリテラシー」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい(会員ID進呈)

アクセス数 3272 続報望むポイント
46
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
    14:53 07/16 2020
大東建託といいオープンハウスといい・・この不動産業界というのは結局、異国、異世界なんだという感想が出てきます。同じ日本語を使っている人種だけどまるで別世界。(利益をあげる為の存在だから)会社はどこも同じという御仁も世の中にいるけれども、それは単なる世間知らず。
編集部  04:14 07/15 2020
会員
関連する情報提供はこちらまで。