MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
松下、CM全とっかえも業績絶好調でマスコミが言えないこと
松下のホームページより。テレビCMによる告知の量は半端ではなく、常軌を逸している。

 


 松下電機産業が2月2日に発表した10~12月期の業績は、プラズマテレビの売上などが絶好調で、売上高が過去最高に。通期の業績予想も上方修正した。同社は書き入れ時の年末商戦を前にした12月10~19日、全てのテレビCMを中断し、石油ヒーターの告知CMを流し続けていたが、図らずもCMがなくても売れることを証明する結果となった。

 電通に首根っこを掴まれている新聞・雑誌・テレビは、CMスキップ機能の普及などでCMの効果がなくなっていることを一切、解説していない。

 一酸化炭素中毒による死亡事故を受け、同社は12月10日から19日まで、全てのテレビCMを中断し「お知らせとお願い」の告知広告に差替えた。その数は、テレビスポットCM(15秒)の差し替えだけで、全国16,500本、その他に、提供番組CM(60秒,30秒)も全国700本に上る。

 こうしたマイナスイメージに加え、広告効果の機会損失による販売減が心配されたが、2005年10~12月期連結決算は、営業利益が前年同期比47%増の1,294億円。プラズマテレビやデジタルカメラが好調で、売上高は四半期としては過去最高の2兆3,984億円となった。

 プラズマテレビの販売額は、前年同期比で倍増。デジタルカメラも「LUMIX FX9」が05年12月のシェア1位を達成するなど好調だった。こうなると、CMの存在意義が議論になってもおかしくない。

◇回収率の低さもCM影響力低下を示す
 実際、あれだけクドいCMを流し、10年以上前の製品を一台5万円で引き取るというのに、回収率のほうは、名簿把握進捗率が全出荷台数の約60%(1月26日発表)と未だに低く、その点からも、テレビCMがいかに影響力がなくなっているか.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



関連記事
記者コメント
アクセス数 14573 続報望むポイント
902
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
CM=トイレタイムw  14:22 02/24 2006
確かにテレビ番組を録画して見る人はCMをカットしてみるのがあたりまえだし
品物を買うときは価格.comなどで今一番安い所を探して買うのがほとんどだよね
買った人の情報とか、商品の詳細情報なんかもネットだとよく載ってるし
消費者  23:12 02/13 2006
ブランドが確立されているので、一時的なCMの中断もあまり影響がなかったのでしょう。
しかし、同社のビデオ付DVDレコーダーを買いましたが、再生出来るビデオテープが同社ブランドか記録済みの商品かに限られるといった問題がありました。コスト削減の影響でしょうか?
あるみ  22:33 02/09 2006
CMなくても売れるって、広告業界には皮肉ですね。実際、家電って今では、ネットのユーザー評価サイトなどを見て決めますもんね。