MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
TBS
Ba 普通の企業
(仕事4.0、生活1.3、対価5.0)

 2004年6月、「TBSエンタテインメント」(当時)所属の入社7年目までの若手ディレクター全員に対し、企画書を出すよう指示が出た。土曜昼の枠でゴールデン並の予算をつけるから新しい番組案を作ってみろ、というものだった。結局、選ばれた企画は実現したものの、視聴率はイマイチだったという。

【Digest】
◇若手にチャンス
◇制作系のキャリアパス
◇制作の仕事の流れ
◇移りたいなら企画書を書け
◇報道のキャリアパス
◇取材組織と番組組織を行ったり来たり
◇いきなり「お母さん、元気?」
◇スポンサーやタレントとの関係に気を遣う
◇制作の休みは個人次第
◇1社提供番組の大きなしがらみ
◇タレントや芸能事務所との関係
◇本体社員は最高水準
◇子会社採用の社員だけ成果主義に
◇働いた分、本当に貰える高賃金
◇微妙な問題で演出上のミス続発


◇若手にチャンス
 フジテレビには、若手が深夜枠でチャンスを貰い、視聴率をとれればよりメジャーな枠に引き上げられるという流れが顕著に見られるが、TBSでは深夜帯が俗にいう「行政枠」に割かれる傾向があり、石橋貴明氏との関係維持のためメジャーリーグの番組(「MLB主義」、月曜深夜枠、2004年10月に終了)を放送したり、ジャニーズ事務所との関係維持のためV6やTOKIOのメンバーが出演する番組を深夜帯に放送する。その分、若手にチャンスが少なくなっている、とも言われていた。

「TBSテレビ」の組織
 TBSでは、制作部門の幹部(本部長)が、外部の制作会社や芸能事務所からの制作費のキックバックを受け競走馬を何頭も購入する .....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



制作系のキャリア
TBSの年収推移

関連記事
記者コメント
本文:全約7,800字のうち約7,300字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
キャリアコラムのメルマガ登録は こちらからお願いします
アクセス数 29390 続報望むポイント
1443
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項