MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
リコール王・トヨタ “口止め料”日本一の威力
【2005年3月期の広告宣伝費ランキング。日経広告研究所・公表資料より抜粋】(上位ランキングは2006年3月期も、ほとんどそのままだ) 

 


 熊本県警は7月11日、リコールを遅らせたことで、5人に全治50日の重傷などを負わせる事故を発生させた業務上過失傷害の容疑で、トヨタ自動車の部長クラス3人を書類送検した。トヨタ本社には昨年8月に家宅捜索も入っていたが、当時、この大ニュースについて、三菱(数年前)の場合には写真つきで報じたマスコミ各社は、トヨタの場合には、一行も報じなかった。

 7月20日に国交省に提出された報告書ではクレーム(不具合件数)隠しも明らかとなり、いよいよ三菱に似てきたトヨタ。しかしマスコミは、同社が放つ年1,000億円超の広告宣伝費に懐柔され、死者が出るまで追究しないつもりだ。

◇1社だけケタが違う広告宣伝費
 最近、数十万部の発行部数を誇る、大手週刊誌の編集者と、企画の話をした。

--過去最悪ペースだから、「リコールの王者・トヨタ」でもやったらどうですか?やはり通らない?

 「そもそも、そんな企画、言い出す人もいない。最初から通らないの、分かってますから…」

トヨタに対する気の遣い方は尋常ではない
 これとは別の大手週刊誌で、2年ほど前、提供した情報のうち、表の一覧表から、トヨタ自動車の部分だけが、ざっくりと削除されたことがあった(右記)。トヨタの評価点が低かったためである。一応、編集者に聞いた。

--最初の打合せでは、特に問題ないはずって、言っていたじゃないですか。

 「ゲラまでいって、最後の編集長判断で消されました。どうも毎月、億単位で広告が入ってるらしいんですよ…」

 結局、表に載った自動車メーカーは日産だけ、日本を代表するトヨタがリストから外れる、という、いかにも不自然な状態になったのだが、それほどにトヨタは別格なのだった。気分を害されたら、広告費を削られ、編集長は更迭されかねない。こうして、トヨタのネガティブ情報は遮断され、マスコミを通して読者に伝わらない仕組みになっている。

--トヨタの広告って、要するに、口止め料なんですね。

 「ほかに、ウチみたいな雑誌に、あんなに広告出す理由なんか、ないじゃないですか・・・」

『週刊文春』2005年4月14日号より

 

 

 週刊誌が広告主に対して批判的なことを書けない事実は、2002年、『AERA』の「松下『改革』でV字回復のウソ」との見出しで、広告費ランキング2位に君臨する松下電器産業を怒らせた事件が有名だ。広告を引き揚げられてしまい、結局、謝罪文を同誌に掲載したうえで、編集長も更迭して収拾を図った件である(右記)。

 雇われサラリーマン編集長というのは、現場の編集者が考えるよりもずっと、常に広告主にビビって仕事をしている。人によって多少の温度差こそあれ、これは、疑いのない事実である。

 広告主のなかでも、過去10年以上にわたって広告宣伝費ナンバー1を誇る最強安定企業・トヨタは、別格だ。2006年3月期(2005年4月~2006年3月)の広告宣伝費でも、前年度比25%増にもなる1,029億円で、2位の松下(792億円)、3位のホンダ(751億円)を引き離し、全上場企業のなかで、ダントツ一位をキープしている。雑誌にとって、間違いなく最大のお客様なのだ。

 新聞も売り上げの4~6割を広告収入に依存しているため、このスポンサータブー構造は、雑誌と基本的に同じである。(多少、強気な人が多い傾向はある)

◇8年間も危険なまま放置
 トヨタは現在、米国法人社長のセクハラ更迭、リコール激増、そして刑事事件容疑(業務上過失傷害容疑)と、様々な問題が噴出しているが、マスコミが、トヨタや国交省から発表されたことをそのまま淡々と書くにとどめているのは、「口止め料」の効果というほかない。

 なかでも消費者の立場から最も深刻なのが、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



業務改善の指示

 

 

 

 

関連記事
記者コメント
続編(2)隠されるメーカー別台数、国交省もグル
続編(3)欠陥車率3年連続100%超も、回収率さえ非公表
本文:全約3,300字のうち約1,700字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)
アクセス数 167514 続報望むポイント
4386
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
元、期間工  23:51 12/03 2009
毎朝出勤する社員を正門の前で出迎えする数十人の光景は、小・中学校の校門前の校長・教頭先生みたいな光景です。 時には数キロ先から百人規模と思われる人の通勤車両監視の行列にはホトホトあきれるばかりで・・・。
Koby  22:43 04/14 2009
北米ホンダのひどい現場の話は何故でないのだろう。大組織と化したホンダも勘違い人間、病んだ人間ばかり。弱いものが互いを罵り合い、外部に対しては集団で知らぬ存ぜぬを突き通している。現場の雰囲気の悪さ、取引先の扱いのひどさなんてトヨタ並みでしょう。 どうして話がでないのでしょうね。
JBC  11:21 03/15 2009
概ね組織は長い間活動を続けると、性格を持つようになります。それが、善人か悪人かということが問題です。私の思う悪人は、独善です。自動車会社について言えば、戴いたお金に相当する安全な車を提供すること、下請け業者に対して、価値に相応するお金を支払うこと。製品に関する情報を不具合を含め、実直に説明することで社会に貢献すること。それらが、工員の一人まで染み付いていれば問題はおこらないと思うのです。
po  13:14 02/16 2009
この問題については(説明を拒否し続ける限り)会社だけが悪いに決まっています。乗客の不正乗車も社会常識の欠落も、ついでに食品の賞味期限切れも偽装表示も朝日が赤いのも、みんな関係ありません。深く考えているフリをしてキセル常習犯に免罪符を与えていませんか。私が常習犯なら会社も悪いと開き直りますよ。
おい。こらっ!  23:19 02/15 2009
広告宣伝費でマスコミの頬を叩くのは、正義のコンセプトからは相容れない。日本の市場社会がきわめて、不健康になっている結果だ。「マスコミに仕返ししてやろうか?」との発言は、健全な市場社会どころか、暴力団社会と変わらない。もうけ過ぎ利潤を社会に還元せずにケチケチ貯めこむ行為は、経済的には富んで見えても、心の中は、極めて貧しくなっていくことと実感する。
賄賂  09:22 12/22 2008
日本カーオブザイヤー(笑)なんて信じてる人はほとんどいないようですが、ある自動車評論家の家には毎年必ずキャビア、蟹、高級牛肉…等々のお歳暮が届いています。
トヨタ大丈夫?  20:18 11/21 2008
レクサスで運転席後部の後輪タイヤが楕円を描いて走っていくのを見ましたよ。