MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
本物のビールはヱビス、モルツなど5%だけ 「まじりっけなし」の嘘
左:「スーパードライ」
右:「一番搾り」


 本場・ドイツでは、原料が麦芽とホップ以外のものは、ビールではない。一方、日本は屑米、とうもろこし、コーンスターチなど様々な「副原料」の添加を許し、日本人好みの商品が続々、発売されてきた。さらに、マスコミが示し合わせたように「第3のビール」と持ち上げ販促協力する擬似飲料まで含めると、本場基準でビールと呼べるものは、ヱビス(サッポロ)、モルツ(サントリー)など数えるほどしかなく、数量ベースでは、なんと全体の5%程度しかないことが分かった。

◇米・コーン・スターチが定番副原料
 ビールの銘柄別シェアは、高い順に「スーパードライ」「一番搾り」「ラガー」「黒ラベル」。居酒屋などでビールを頼むと、これらしか選択肢がないことも多い。この4大銘柄には共通点がある。ともに、麦芽とホップのほかに、米・コーン(とうもろこし)・スターチ(澱粉)の3種類が添加されているのだ。

「まじりっけなし」をウリにする一番搾り(キリンWEBサイトより)
 しかし、キリン一番搾りは「まじりっけなしのうまさ」と売り出し、アサヒスーパードライは「本物のうまさ」と宣伝してきたのはご存知のとおり。何を持ってまじりっけがないと言い、何を持って本物だというのか。

 私は2年ほど前、単行本『この酒が飲みたい』(コモンズ)の編集を進めるなかで、ビールの原料について専門家に話を聞いた。

 ドイツでは、1516年4月23日以来、ずっと原料は麦芽とホップを守り続けている。バイエルン地方で「ビールは、大麦麦芽・ホップ・水のみを原料とする」と定め、1556年にはそれに「酵母」が加えられた。

 その後ドイツ全域で1906年に「ドイツ純粋令」が出された。EC統合時に「他国に対する非関税障壁である」と問題となり1987年に効力を失ったが、ドイツ国内では今でも、この法律を守ったビール造りが続けられている。

 ノルウェーも、ドイツバイエルン地方の影響を強く受け、現在も麦芽100%ビール。ギリシアもドイツの影響を受けて最近まで「純粋令」があった。ベルギーでは、ドイツやチェコのように良質なホップがとれなかったため、ハーブ、スパイス、フルーツを使用した醸造法が発達した。

 香辛料、果実、香草ではなく、ビールにこんなに多くの副原料を許しているのは、日本くらいと言われている。だが、それが主流となり、日本では街中で、こういった副原料入りビールしか選べないことが多い。本物を飲めないのだ。

 逆に考えれば分かりやすい。米を原料とした日本伝統の飲み物である日本酒が、日本酒という名称のまま、ドイツ国内で澱粉やコーン、麦芽入りで、「本物」「まじりっけなし」との触れ込みで売られているようなものだ。(注1)

◇日本独自の定義
 日本には「純粋令」のような酒造法はなく、ビールは税制でしか管理されていない。酒税法の第3条第7号で、ビールは、次のように定められている。
(1)麦芽、ホップ、及び水を原料として発酵させたもの。
(2)その他の政令で定める物品を原料として発酵させたもの。ただし、その重量の合計が麦芽の重量の10分の5を超えないものに限る。

 つまり、「麦芽・ホップ比率」が3分の2以上入っていれば、残りの3分の1以下までならば「政令で定める物品」を使用してもよく、これを超えて使うと、「発泡酒」扱いになる。政令で定める物品とは、「米、とうもろこし、こうりゃん、ばれいしょ、でんぷん、糖類又は大蔵省令で定める苦味料若しくは着色料」となっており、業界では「副原料」と呼ばれる。

 もともとビールは日本古来の飲み物ではないため、本来の原料である麦芽とホップも、ほぼ100%を海外に依存している。アサヒ、キリン、サッポロ、サントリー各社に、原料がその「麦芽とホップ」だけの国産ビールの銘柄を聞くと、下記の通りであった。

■キリン:「チルドビール」(4銘柄)、「ハートランド」
■アサヒ:「スーパーモルト」(8月中旬に製造中止)、「プライムタイム」(6月新発売)
■サッポロ:「ヱビスビール」、「ヱビス〈黒〉」、「畑から百三十年」(8月30日から期間限定販売)
■サントリー:「モルツ」、「ザ・プレミアムモルツ」

◇ビール内でシェア1割、全体では5.4%だけ
 販売数量は、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



2006年上半期の主要銘柄販売数量(酒販ニュース7月21日号より)
 

 

 

放送中のキリン・チルドビールシリーズCMより

 

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約9300字のうち約7800字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)
アクセス数 127625 続報望むポイント
1103
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
佐々木徹  16:10 11/15 2016
この一番搾りの写真はちょっとおかしいです。なぜなら、私の手元にあるものは麦芽とホップだけを使用していると書いてあります。
momoko  10:36 11/01 2016
遺伝子組み換えアイテムの発癌性を指摘する学者が存在することをどこも誰も報道しない恐ろしさ!コーンスターチは組み換え食品!
oou  02:43 05/14 2016
プレミアムモルツの後味の悪さはどうにかならないかね。あれがうまいという人はおそらく味覚障害かビールの味がわからない人。
やす  02:36 05/12 2016
2006年の記事がなんで今頃?副原料使ってるの別に日本メーカーだけじゃないし‥。コロナとかバドワイザーとか超メジャーブランドも使ってるやん。副原料使うと味がすっきりして飲みやすいライトな味になります。暑い地域のビールはその傾向が強いんです。使いすぎると発泡酒みたいに味は落ちますがね。
あぎ  05:51 05/05 2016
海外の法律や考え方を日本に当てはめて「本来は・・」と言って何の意味があるのだろうか。 そもそも純粋令は今は廃止されてる法律じゃないか。 それをあたかも現在でも厳格に定められているような誤解を生む書き方をしている。 私は観光地に住んでいるが近所のパブ等はヨーロッパからの旅行者が1リットルジョッキでスーパードライをガブガブのんでるぞ。皆、旨い旨いと言って。
jeep  01:02 11/22 2013
細かいこと言うなよ〜 上手いと表飲んでりゃ、しあわせだろ〜 自分は、麦芽とホップのその他の雑種が値段の割りに最高に上手いと思うけど。好みでしょ
、  06:03 07/29 2013
バドワイザーも米使ってるし、他国でも色んな穀物使ってるのにそこはスルーなのか無知なのか 屑米扱いは失礼だろ 麦芽やホップオンリーみたいな内容だが、ベルギーは文化としてみとめるってなんだよ 批判怖いのか、ただ日本の大企業叩きたいだけなのかわからんが、一つ言えるのは、買ってはいけない出してから、全く反省してないなこの人