MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
鮭おにぎり(食の安全・コンビニ編)
   ローソン「鮭」

 鮭おにぎりを買うのであれば、食品添加物を使用していないam/pmが最もオススメである。一方、最も危険度が高いのがローソン。どうしても見た目の色にこだわるというのでなければ避けた方がよい。


<見た目重視のローソン>
 食品添加物を使用している4つのチェーンのうち、ローソンのみが着色料を使用しているのが最大の特徴だ。

 食品添加物には下記6つの機能しかない。
・食品を製造または加工するときに必要なもの
・食品を形作ったり、独特の食感を持たせるために必要なもの
・食品のに関するもの
・食品のに関するもの
・食品の栄養成分を補うために必要なもの
・食品の品質を保つために必要なもの
  (「日本食品添加物協会HP」より)

 鮭おにぎりに使われている食品添加物は、上記のうち「色」と「味」と「品質」に関するものの3つである。ローソンで使われている紅麹色素とクチナシ色素は「色」に関するものであり、調味料(アミノ酸等)とpH調整剤は「味」、トレハロースは「品質」である。
 [数字は危険度ポイント]
■セブンイレブン(商品名:「手巻 しゃけ」):
調味料(アミノ酸等)=2、pH調整剤=2、グリシン=0
■ローソン(商品名:「手巻 さけ」):
調味料(アミノ酸等)=2、pH調整剤=2、グリシン=0、紅麹色素=2、クチナシ色素=2
■ファミリーマート(商品名:「手巻 熟成紅鮭」):
調味料(アミノ酸等)=2、pH調整剤=2、トレハロース=0
■サンクス(商品名:「紅鮭」):
トレハロース=0、調味料(アミノ酸等)=2、pH調整剤=2
■am/pm: (商品名:「手巻 紅鮭」)
  食品添加物なし
   (いずれも2004/5現在)

 各コンビニチェーンで「鮭おにぎり」に使用されている食品添加物はすべてマックスで危険度レベル「2」。ただ同じ危険度であっても、「消費者にとっての恩恵」という点で許容度に高低はある。MyNewsJapanでは、下記の優先順位で考える。

 チェーン別危険性比較
 第1が「品質」維持を目的としたもの。最悪のケースとしては品質が劣化して(例:腐敗など)、食品添加物とは別の意味で健康上の危険性が増すことも考えられる。したがって、100歩譲って添加物を使う場合に、その必要性について多少は理解できるものだ。
 また、たとえば品質維持を目的とした保存料を使わないと、賞味期限が短くなるため企業のコスト増につながり、価格に転嫁される可能性があるため、価格面からも消費者は理解しやすい。(もちろん添加物以外の方法で危険性を回避できるのであれば話は別である。)

 第2が「味」に関するものである。たとえ添加物による「偽の味」であったとしても、消費者が一定レベルの「味」を求めている可能性は高い。「偽の味」によって食欲が増進される人もたくさんいる。一方、企業が添加をやめようと思えば「品質」目的のものよりは、やめやすい。

 第3(=最後)が「色」に関するものだ。もちろん「私は見栄えにこだわる」という人はいるだろう。しかし、添加物による不自然な色付けと知ることになれば、色に付加価値を感じる消費者がどれだけいるだろうか。また、「味に関するもの」より以上に、企業は使用をやめようと思えば、いつでもやめられる。

 ローソン「鮭」の食品表示
 以上の点から考えると、ローソンだけで使用されている着色料(=「色」に関する添加物)は、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



 あけぼの「鮭フレーク」

赤色102号や黄色5号といった合成着色料が使用されている

関連記事
記者コメント
MyNewsJapanでは、コンビニで販売されている商品に含まれている食品添加物に焦点を当て、商品カテゴリごと(例えばおにぎり)に、各社別商品のリスクを比較検討して明らかにしている。
企画概要   >添加物の危険度判定方法
商品別の危険度算出方法  >sample

企画「食の安全コンビニ編」トップ頁へ
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい
企画「食の安全コンビニ編」の新着お知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
アクセス数 56829 続報望むポイント
2320
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
こんどー  11:34 12/10 2007
おにぎりぐらい自分で作れよ。
批評するくらいなら買わなくていいのに。
写真を公にするのなら、照明のやりかたを工夫するとか、マクロモードで撮影するとか、こんな写真を堂々と載せて恥ずかしくないの?
よし  18:45 08/23 2007
これを見てam/pmで買おうと足を運びましたが、現在の鮭おにぎりは添加物のオンパレードでしたよ!!
あまりam/pmだけ良いと断言するのはどうかなと・・・
見た目軽視  01:21 02/23 2007
天然着色料でも、原料は確かに天然(自然)のものですが、それを抽出するのに化学溶剤等を使用しています。最終段階で残留が無いのが条件ですが、でも不気味。くちなしの花をお湯に入れて、色素を出そうとしてもなかなか上手に出ない、というか温度で量が蒸発してしまいますね。からくりはそこなのです。
みっち~  16:14 08/21 2006
私は去年、これと全く同じ科学研究をしました!この、HPは後から気がついたのですが、やっぱりローソンが1位でしたね。
「着色料は使用していません。」と書いてあっても、不安になりますね…。
浅倉  13:40 07/21 2006
昨日ローソンで鮭菜おにぎりを買って二口食べたら口の中に固いものが・・自分の歯が取れたのかと思い恐る恐る出してみると、なんと小さいネジだったのでビックリ!これって添加物うんぬんとかの問題じゃないですよね。皆さんどう思います・・・
でもなぁ…  12:05 06/12 2006
やっぱり、こう云う情報は知りたいな~
結局、問題なんは"ホントの所どないなんか?"がわかんない事で、ここにある添加物も耐震性偽装建物も米産牛肉も、ぶっちゃけ何がどうなってるか、知らされない、知るよしもない事が問題やないかなぁ。コンビニにだってHPがあって、両方の意見を知らせる手段はあるわけで、両方の意見・情報を知った後は、それぞれが自分の価値観に沿って選択すればいいだしね。
Tim  09:50 09/04 2005
合成品の方が健康に対するリスクが低いこともありえる。合成ならダメ、天然なら良い・・・という思想が流行しているために、逆にリスクが増えている気もする。
クチナシなんて、家でくりきんとん作る時にも使ってるけどな。色だって食欲に関わる重要な要素だ。
っていうか、味付けに入れる塩とか砂糖とか出汁だって、広義では「添加物」ちゃうん? 個人的には化学調味料の味嫌いだけど、「偽の味」は言いすぎだと思う。