MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
客をなめる熱海「秀花園 湯の花膳」、患者を食いものにする「国際医療福祉大学熱海病院」
「国際医療福祉大学熱海病院」(上)と熱海「秀花園 湯の花膳」(HPより)

 7月に熱海を旅した夫妻が、旅館「秀花園 湯の花膳」と「国際医療福祉大学熱海病院」から酷い対応を受けた。夕食後、夫が吐き気、脱水症状を起こし、救急車を依頼したが「騒ぎになるから」と旅館側は拒否。翌朝、女将は「食中りと思われたらいい迷惑。一刻も早く出て行け」と暴言。さらに、熱海病院は女将からの問い合わせに夫の診察内容を漏らしていた。医師の守秘義務違反(刑事事件)への異議申し立てにも病院は開き直り、謝罪も一切なし。唯一、親身になってくれたソーシャルワーカーも仕事をほされ、退社に追い込まれた。

【Digest】
◇「騒ぎになる」と旅館は救急車を呼ぶのを拒否
◇研修医がくれた薬は軟膏とステロイド
◇女将が「早く出て行け」「営業妨害」と警察を呼んだ
◇病院が女将に夫のカルテ内容を漏らしていた
◇話し合いに医師も現れず、謝罪もなし
◇「守秘義務も個人情報保護法にも違反しない」と開き直り
◇厚生労働省、静岡県庁、警察に訴える


 夫(30代)と私(40代)が静岡県の熱海で宿泊した宿「秀花園 湯の花膳」 と、そこから指定され診察を受けた病院「国際医療福祉大学熱海病院」で受けた対応は、皆さんに知ってもらわなければいけないと強く思っています。
  
 旅館の女将は、テレビ番組「いい旅夢気分」(テレビ東京)にも出演しています。

 国際医療福祉大学付属病院は、現在TVのCMで「人に優しい」「夢を叶えたい」をアピールしている大学病院ですが、その付属病院に患者の私たちは脅かされ、とても夢を叶えられる状況ではないと強く感じました。

◇「騒ぎになる」と旅館は救急車を呼ぶのを拒否
 夫と2人、7月に熱海を旅しました。私自身、追突事故や子宮内膜症などの病気が重なり、月に1度、リハビリと療養を兼ねた旅行をしています。

 7月2日~5日まで、旅館「みかんの木」 に宿泊していました。ここは、素泊まりで低価格でした。熱海にもう1泊延長することに決めたのですが、なかなかよい宿泊先が見つからず、「みかんの木」よりもランクが上の同系列の旅館「秀花園 湯の花膳」に6日の15時頃、電話をしたところ、最高級の部屋1室だったら空いていることがわかりました。

 値段交渉したところ値下げすることができました。宿泊料金は1泊2食付き1人26,250円でしたが、最後に少し贅沢をしようと思い、いつもは泊まらないような値の張る旅館に初めて泊まって、ゆっくり寛ぐつもりでした。

「秀花園 湯の花膳」の夕食で出された前菜

 

 夕食の料理は部屋出しで、前菜、椀物、あわび(生)、その場で網で焼いた網焼き、刺身3点盛り(鮪、ハマチ、鯛)、ボイルしたカニの足、白魚(生)と卵(生を自分で割る)を小さい鍋で、着火し煮たもの、イカの塩辛(自家製)、デザート(杏仁豆腐、巨峰、キウイ、桃)などでした。

 ところが、夕食後2時間後の11時くらいに、夫の全身にかゆみの症状があらわれました。次第に症状が悪化して行き、全身にじんましんが出はじめたのです。さらに夜中の3時頃、喘息のようなひゅーひゅーという感じの息苦しさが加わって症状がピークになり、合わせて吐き気と、下痢症状が出てきました。

 よくなる気配がなく危険を感じたので、フロントに救急車をお願いしました。しかしフロントで「騒ぎになるから呼べない」と拒否されたのです。「こちらが指定する病院へタクシーで行け」と言われ、ふらつく足取りで夫とその病院(国際医療福祉大学熱海病院)に向かい、急患で診察を受けました。

◇研修医がくれた薬は軟膏とステロイド
 診察は20歳代の当直の女性の研修医でした。医師は、身体や顔に無数に出ている発疹を診ることもなく、問診も一切しませんでした。本人の辛い症状だけを聞き流すように聞き、「軟膏とステロイドを処方します」で診察は終わりました。

 そのときにもらった薬は、ステロイド(プレドニゾロン錠 1mg)と軟膏のレスタミンコーワ軟膏です。

 「食中りでは?」の問い掛けには、「たぶんそうだと思うけど、ちゃんと検査をしないとわからない」とのことでした。食べた物によって食物アレルギーを起こしたのではないかと、私たちは思っていました。

 夫は、食物アレルギーがあると言われたことはありません。10年前、1度だけ鯖によるものと思われる全身じんましんが出たことがありましたが、その後鯖を食べても1度も発症していないことも、医師にも伝えました。

 夕食に、鯖はありませんでした。

 けれど診察した医師の口からは一言も、食物アレルギーと言う言葉は聞けませんでした。さらに食物アレルギーを酷く起こしている際の緊急な処置も、一切施されませんでした。

 仕方なく宿に戻り、薬を飲み様子を見ていました。

◇女将が「早く出て行け」「営業妨害」と警察を呼んだ
 旅館にもどって1時間後、ステロイドの副作用と思われる強い吐き気が現れ、それまで出ていた症状も悪化しました。

 翌日の朝食は、夫はまったく、私もほとんど手をつけませんでした。

 朝10時のチェックアウト前、夫の症状はひどく、このままではチェックアウトができないと思いフロントに連絡すると、支配人と名乗る男性が部屋にやってきました。私はこのとき別室にいたのですが、夫が夜半からの症状を伝え、「チェックアウトの時間で申しわけないですが、もう少し症状が安定するまでどこでもいいので休ませてください」とお願いしました。

 支配人は数分後、女将と一緒にやって来ました。女将は社長だと名乗っていました。藤間恵見子という方だと思います。今年3月、テレビ番組「いい旅夢気分」に「旅館みかんの木」の方で出演していました。

 しかし、女将は起き上がることができない夫を質問攻めにしてきました。

--夫は具合が悪く受け応えするのも辛い状況ですので、何か訊きたいことがあるのなら私に訊いてください。

女将「今さっき、夜中に診察した清川って先生に電話で訊きましたけど、病状は大したことはなく、胃炎か何かだって言ってましたけど!」

--病院の医師が本人に確認もせず第3者のあなたに、診察内容を話すわけがありません。

女将「私は、今その清川医師と会話したメモをここに、持っていますから!」

 すぐに理解できない状況でしたが、夫の様態がとにかく心配だったので、部屋の電話を外線に繋ぎ、何度も救急車を呼ぼうとしましたが、外線は繋がりませんでした。その時の私の精神状態は、言葉では表しようのないものでした。

女将「今どんな状況であろうと10時を過ぎたら、この部屋を出てください! 食中りとか他のお客に思われたらたらいい迷惑。掃除ができないし、とにかく非常に迷惑なんで! もし動かないのであれば、スーツケースごと引きずり出します!!」

 女将は、勝手に私たちのスーツケースの蓋を閉め、引きずり出す素振りを見せたのです。

--あなたは宿の女将として、お客にしてはならない言動をしています! あなたはそれを認識していますか?

女将「あなたの方がオカシイ! 私たちにはちゃんと弁護士もついていますから、何を言われても平気です。文句があるなら、あなたも弁護士を立てたらどうですか! もうこれはれっきとした営業妨害です! 警察を呼びます!」

 そして女将は、支配人に「すぐ警察を呼んで!」と言いつけたのです。

 そうしている間も、苦しそうな夫が心配でならなく、フロントに「至急、救急車を呼んでください」と伝えました。

 その後、地元の警察官3~4人が部屋へ入って来ました。警察官は氏名や年齢、住所、昨夜からの一連を尋問のように訊きはじめました。私はそんなことに応える精神状態ではありませんでしたが、気丈に応対していると救急隊員の方たちが 入ってきました。大騒動になっていたため、フロントの人がようやく救急車を呼んだのだと思います。

 そして再度、同じ国際医療福祉大学熱海病院へ搬送されました。

◇病院が女将に夫のカルテ内容を漏らしていた
 その後、病院で一通りの検査と5時間の点滴(水分補給&栄養点滴のみ)を受けました。

 その間、宿の従業員と名乗る中年の男性が処置を受ける病室を尋ねて、「女将から様子を見て症状を訊いて来いと急に言われたもので、伺ったんですけど」と言いました。私は大まかに状況を伝えました。すると男性は「あっそうですか。わかりました」と謝罪をするわけでもなく、そそくさと帰って行きました。

 夫が処置を受けている間に私は、病院側へ24時間以内の保健所への通達を強く希望しました。しかし、それに対し医師は「保健所へ頼むと、自費がかさみますよ」と言い、その上「保健所へ提出する便の容器がわからない」とも言われました。

 夫の具合が悪く、本人も希望しているため、今後の経過を看ることも含め1日入院することを、医師に希望しました。

 これに対しても「若いんだから大丈夫じゃないかな~。地元の病院に入院したら? ここの病院はベットが1台も空いてないから」と私たちの再三の要求を拒否したのです.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



「国際医療福祉大学熱海病院」毛利部長から送られてきた文書での書面

 

 
個人情報を漏らしているカルテメモの全容。熱海「秀花園 湯の花膳」藤間社長と「国際医療福祉大学熱海病院」清川医師(夜間に診察した医師とは違う医師)とのやりとりが書かれている。

 

関連記事
記者コメント
宿&病院への支払いについて
■秀花園 湯の花膳
当日予約は前払いと言われ、宿のチェックイン時に宿泊代金(1人26,650円×2=53,300円)の支払いを済ませています(クレジットカード利用)。
■国際医療福祉大学付属熱海病院
7月7日の内に診察を2回、その他検査、処置を受け、診療代金として1度目は約3,000円、2度目は10,600円支払っています。

その他の諸経費についても、宿&病院側からは一切いただいていません。(織田しおり)


本文:全約7,500字のうち約3,500字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

アクセス数 54447 続報望むポイント
2101
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
ここて問題なのは、  20:06 09/24 2007
よく食中毒になる人さん>
ここで問題にしてるのは、アレルギーを出さない様にする事ではなく、アレルギーを出した人への対応の事でしょう?
食物アレルギーって、今まで大丈夫だった物で、いきなり起こる事もあるし、命にかかわる事もある状態なんですよ。
高級旅館とかに限らず、人として、そういう状態の人を目の前にしての対応に問題がありませんか?
ましてや、高級旅館を名乗るのなら...
minmin  16:41 09/24 2007
拝読しました。頑張りましたね。誹謗、中傷も有るでしょうが会員でない方に一言。彼らは、旅館の代金を払っておりますし、病院の診療費も自費扱いのままで我慢してますよ。出来事が小さいと思われがちですが、心の傷は大きいのです。
アレルギー  14:25 09/24 2007
プレドニンの副作用による吐きけは、この量ではまずありません。処方が1錠(1mg)では、むしろ、症状に比べて投与量が少なすぎます。
アナフィラキシーショックとして、入院加療すべき症状です。
というか  14:21 09/24 2007
ここの証拠としている写真のログに「複数ならともかく1人の場合は保健所への通報は検査結果が出た後でよい」って回答されてるじゃん・・・
アレルギー  14:20 09/24 2007
全身蕁麻疹、呼吸困難、その後消化器症状、これらは明らかなアレルギー反応によるアナフィラキシー・ショックという重症な症状で、足がふらついたのは血圧も低下していた可能性が推測でき、命を落とさなかったのが幸いでした。病院で血圧などチェックしたでしょうか?重篤なアナフィラキシーは24~48時間後に再びショックを起こすことがあります。救急車の要請するべき状態で、治療も不足していたといえましょう。
アレルギー持ち  13:43 09/24 2007
救急車を呼べない理由がよくわからない。食中毒かアレルギーかは調べれば分かる事なんだから旅館側は管理がきちんとされていれば堂々としてれば良い。お客様が体調不良を訴えているのにこの対応は・・・。アレルギーなら最悪死ぬ場合もあるんだしそっちの方が余程問題になるのにね。高級旅館であればお客様のアレルギーにも気を使うのは当然の対応だと思う。
ドクター  13:42 09/24 2007
食中毒と食物アレルギーの両方の観点から病院は、
治療を施さなければならないのです。
疑いがあるだけでも即刻、保健所への通達をしなければならない義務が病院にはあるのです。
食物アレルギーの場合でも、早急に処置を行わない場合には死者が出てしまう可能性も大きいのです。
病院、宿両者とも、謝罪しても済まされることではないでしょう。