MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
大塚美容整形のカウンセリングへ、あごと鼻2カ所の修正に“見積り”164万円
大塚美容形成外科・歯科本院

 

 


 美容整形番組『ビューティー・コロシアム』にも出演する美容外科医がいる、大塚美容整形外科の無料カウンセリングに出かけてみた。待合室は通常の病院とまったく違った。ぴりぴりした感じもあったが暗さはまったく感じない。患者の持ち物はブランドバックなど高級志向。あご、鼻2カ所の痛そうな手術の説明後、出てきた顔への“見積り”料金は164万円だった。あごを短くしてもヒフがたるむなど新たな問題が出ることもわかった。カウンセリングといっても、手術説明、見積り説明に終始。心に寄り添い始めると、顔ビジネスは成り立たないと思った。

【Digest】
◇美容整形番組『ビューティー・コロシアム』
◇大塚美容整形の無料カウンセリングへ
◇診断相談申込書には「手術の結果の保証は不可能」
◇「いちばん気にされているのは?」
◇顔は全体的に小さくはならない
◇「鼻先が下がっている」らしい
◇「変わった顔」へのメス代164万円
◇心に寄り添うと顔ビジネスは成り立たない


◇美容整形番組『ビューティー・コロシアム』
 フジテレビ『ビューティー・コロシアム』(2001年10~2003年9月までは毎週金曜日レギュラー番組として放送、現在は「カスペ!」にて特別番組として放送)は、容姿コンプレックスを解決していく視聴者参加番組である。本人がカムアウトし、美容整形前後の姿を出す「ビフォアー、アフター」が売りである。

 司会の和田アキ子、ビューティーコメンテーターと称するタレントらが、相談者の容姿コンプレックスの悩みについて聞き、スタジオで意見を交わす。美容整形の決意後、美容外科医、エステティシャン、メイクアップアーチスト、ヘアメークアーチスト、スタイリストらのプロフェッショナルが相談者を美しくする方法を提案する。

 数カ月を経て、相談者が変身していく様子を臨場感とともに伝える。スタジオ、観客、テレビの前のわたしたちも、その「ビフォアー、アフター」の変身ぶりに驚く。かならずしも、美容整形ありきではない。かつては、治療費用も明示していたが、現在は公表されていない。

◇大塚美容整形の無料カウンセリングへ
 その『ビューティー・コロシアム』に美のプロフェッショナルとして出ている美容外科医がいる、大塚美容整形外科のカウンセリングに出かけてみることにした。対面での無料カウンセリングもやっていて、「お気軽にご相談ください」とホームページに出ていたので、さっそくアポイントの電話をしてみた。

 名前、年齢、電話番号と一緒に「どこが気になりますか?」と聞かれ、「……全体です」と答えた。「できるだけ早いほうが」と伝えると、翌日のアポがとれた。24時間いつでも相談を受け付ける無料オンライン相談(インターネット)でも、専門カウンセラーが悩みに答えてくれる。

 当日、受付で「今日はどこが?」とまた聞かれ、「顔とか」「全体的に」と答えた。記入するようにと3枚の用紙を手渡された。宣伝冊子『THE OTSUKA  COSMETIC&PLASTIC SURGERY』も一緒にもらった。

 アンケート用紙に、氏名、職業、生年月日、性別、未婚・既婚、住所、電話、相談内容、当院を知った媒体を記入。診断相談申込書は、手術目的、特異体質、大きな病気、美容整形の経験の有無などを書くようになっている。手術前問診票は、手術、入院の有無、麻酔、輸血、アレルギー、薬のアレルギー、現在治療しているか、薬を飲んでいるか、妊娠しているかなどを記入。身長、体重の記入欄もあった。

待合室。『ビューティー・コロシアム』の録画がずっと流れていた。

 

 用紙に記入しながら、待合室を見渡すと、ゆったりした緑色のソファに9人、そのほかのイスにわたしを含めて6人ほどが待っていた。女性ばかりで、年齢は20代から50代。隣に座った2人は母娘のようだ。男性の患者も後から2人入ってきた。

 待合室に流れる空気は、通常の病院とまったく違っている。一部にちょっとぴりぴりした感じもあったが、暗さはまったく感じない。かといって、和やかな感じでもない。はじめて感じる空気だ。

 病院の待合室だと、「どこが悪いの?」と聞いてくるおしゃべり好きな人、自分の病気のことを語ってくる患者に出くわすことがある。だが、ここで「今日は?」という空気はまったくない。

 待っている人の服装を見ると、ダサイ人はまったくいない。持ち物はブランドバック、財布をはじめ、高級志向に見える。お金がないと、こういう余裕も出てこないのだろう。

◇診断相談申込書には「手術の結果の保証は不可能」
 診断相談申込書には次の6点が書かれていた。


(1)手術の結果には個人差があります。手術後の傷の治り方や腫れのひき方などは、各人各様であります。その間は主治医に従って下さい。仕上りについて、主治医が申し上げているのは大体の予定だと承知しておいて下さい。

(2)手術はときには一度で目的を達成しないこともありえます。その時には、普通3~6ヶ月以上のあと再手術或いは更に再々手術を行います。

(3)主観的100%の出来映えを求めないで下さい.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



診断相談申込書に注意事項が書かれている。





 

手術内容と料金を説明されたとき、手渡されたカード。あご、鼻の手術3種類の料金内訳が記入されている。「手術日のご予約の際のご案内」も書かれている。







 

関連記事
記者コメント
本文:全約7,300字のうち約5,200字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

アクセス数 3143 続報望むポイント
51
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
読者  23:33 04/30 2008
天然健康志向の山中記者さんが美容形成に興味を持たれるとは。 女性が美を追求される姿勢は古今東西普遍でしょうが、あまりいじくらない方がよいのでは? 二重瞼にする程度に留めるとか。後で想定外の不具合が出たりしてメンテナンスが必要になりがちなイメージがありますね。 あと、整形と形成では微妙に意味合いが違うらしいですよ。