MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
読売、最高裁が地位保全した店主を解任 また司法判断を無視
「押し紙」や販売店の強制改廃など の問題が多発するなか、新聞販売問題に取り組む弁護団が制作したパンフ。近々、発行される予定。

 最高裁が昨年末に販売店主としての地位を保全したはずのYC広川(福岡)店主・真村久三氏を、読売新聞社が7月31日付で解任した。真村氏は改廃通告を受けた1カ月前から対策を練り、7月下旬に福岡地裁に地位保全の仮処分を申請、第1回審尋が8月7日に行われる。地位は再度認められる可能性が高いが、それを不服とする読売がさらに訴訟を続ける可能性も高い。狙いは司法制度を悪用した個人攻撃と考えられ、読売の司法軽視の姿勢が改めて見えてきた。

【Digest】
◇読売の勘違い
◇部数増への病的なこだわり
◇安易な強制改廃に対する警告
◇読売が主張する改廃理由
◇過去にも司法判断を踏み倒す
◇裁判の悪用か?

 8月1日の早朝、YC広川に新聞を積んだトラックはやってこなかった。予測していた事態ではあったが、真村久三さんは、販売店主としての地位を奪われたことを実感したのである。販売店にとって、新聞の供給停止は、「死」を意味する。

 新聞は情報を売り物とする商品なので、日付が変われば、商品としての価値がなくなる。在庫品では代用できない。それゆえに新聞の供給がストップすれば、販売店はたちまち廃業に追いこまれるのだ。

マイニュースジャパンにたびたび登場いただいた真村久三さん。今後も、新聞販売の問題解決に取り組む。

 

 

 

 

 真村さんは、新聞の到着に備えて店舗に待機していた配達員たちに、これまでの経緯を説明して、

 「長いあいだありがとうございました。また、仕事をお願いすることもあるかも知れませんが、自分の道も探してください」

 と、労をねぎらった。

 午前4時半、配達員たちは店舗を後にした。明けがたの闇がとけはじめていた。

 華々しい「ANY」のかけ声のもと朝日、読売、日経による販売網の整理・統合が進むなか、販売店の強制改廃が急激に増えている。昔はヤクザ(整理屋)がいきなり販売店へ押しかけていき、有無を言わさずに改廃することもあったが、現在では新聞社の法務関係者が改廃の役割を担っているようだ。

◇読売の勘違い
 しかし、YC広川の改廃には特殊な側面がある。他のケースとは若干性質が異なっているのだ。

 真村さんには、読売を相手に7年に渡る地位保全裁判を戦った経緯がある。そして昨年の12月、最高裁判所が読売の上告受理申し立てを拒否したことで判決が確定し、真村さんは店主としての地位保全を認められたのだ。それゆえに一連の流れを知る者は、こんなふうに呟かざるを得ないだろう。

 「えっ!どうして真村さんが?半年前に最高裁が地位保全を認めたはずなのに・・・」

弁護団が福岡地裁に提出した仮処分命令申立書の中の「事実関係」について述べた部分。真村さんが受けた差別扱いなどが詳細に記録されている。
 読売社員は司法について、どのように教えられたのだろうか?大メディアの足下にも及ばない存在として受け止めているのではないか?

 筆者を含め、読売という大集団に違和感を感じている人も多く、たとえばある新聞関係者が次のように話す。

 「あの社(読売)は裁判所なんかなんとも思っていないのではありませんか。自分たちこそ世界を動かしている勢力だと勘違いしているのかも知れませんね。もう少し謙虚になるべきでしょう。だれもが警戒してこの集団を批判しないから、おかしくなってしまったのではないでしょうか」

◇部数増への病的なこだわり
 真村さんと読売の係争は、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



真村裁判の高裁判決の一部分。販売店をむやみに改廃してはいけない旨が記されている。

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約6,000字のうち約4,500字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)
企画「まだ新聞読んでるの?」トップ頁へ
アクセス数 5581 続報望むポイント
469
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
司法の判断?  11:34 11/27 2008
二度による裁判の結果、読売が販売店に新聞をおろさないと言うと裁判所の沽券が許さないと思うが? 今後この裁判の行方は。山賊の親分である、ミートホープみたいな強引な会社を司法は許すのだろうか?
b  11:21 11/27 2008
今日のNHKのニュースを聴いていて、下請けイジメに対して不法な要求をしてた企業から罰金をと言っておりましたが。 新聞販売界は、下請け企業では在りませんが売れない新聞を押し付けられているようですから、一度経済産業省に相談してみては如何でしょうか。 下請け代金支払い法が適用できないだろうか。
考え方がぬるすぎる  01:22 11/20 2008
意見陳述全文を読んだがアレはやばいでしょう。4割減るというのはこの業界が流動的という意味で、他紙の契約切れをチャンスにしてセールスすれば1/3に減るなんてことはありません。常識をわきまえた裁判官なら、考え方が甘すぎると判断されるだけです。昭和39年の九州発刊から携わった関係者はそういう甘えは許されなかったということを認識すべきです。
田代裕治  16:57 11/03 2008
真村久三様がんばってください! 私はマイニュースジャパンでも取り上げてもらっている読売セールス員から暴行を受けた田代裕治という者です。 社会正義に反して、また基本的人権も侵害する、読売の行為は社会的にも指弾されなければなりません(裁判でもそう判定された)! 真村様はじめ、みなさまは社会のプライドです。
kl  01:40 11/01 2008
こんなに、販売店が困っているときに永年新聞業界の裏を知り尽くしている新聞の業界紙は何を伝えてきたのかな。 我々の苦しみを知っているくせに何故に真実を伝えようとはしないのか。 今度新聞代の集金に来たときは金は払いたくねえよな。
とおりすがり  09:21 09/28 2008
読売の販売店(埼玉)の拡張員のガラが悪すぎです。まるでヤクザ。あまりにも態度が悪く、それで良しと考えている節があったので解約しました。
よみー君へ  00:20 08/31 2008
あなたの言うとうり、 現役店主だね、もっと最新情報を具体的に聞かせて。 宜しくお願いいたします。