MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「すき家」「ビッグボーイ」のゼンショー、工場で異物混入の不良ハンバーグを再利用
ゼンショーの工場からグループ会社のファミレス「ビッグボーイ」に卸されているハンバーグに、異物混入ではねられた肉が再利用されたという疑惑の告発が工場アルバイトから寄せられた。

 牛丼の「すき家」を経営するゼンショーの直営工場で、異物混入のために除外された材料を再利用している疑いが浮上した。グループ会社のファミレス「ビッグボーイ」や「ココス」向けの冷凍ハンバーグに、製造過程でセンサーに二度はねられた不良な材料を、日をおいて再度混入することで廃棄量を減らしている可能性が高く、これによって消費者は異物混入や食中毒のリスクを負うことになる。工場内の製造ラインで働いていたアルバイト社員にその実態を聞いた。

【Digest】
◇工場内で目撃した衛生面での問題
◇二度センサーにはねられたハンバーグの行方
◇使い回しを図る理由とは
◇理不尽な暴行と不誠実な会社の対応
◇職場での事件に「責任がとれない」と工場長
◇労災も認められないため警察に被害届
◇代筆された納得できない退職理由


 有田清志さん(仮名・35歳)が川崎市にあるゼンショーの南関東第一工場に入社したのは今年の2月末。

 アルバイトとして契約し、当初は牛丼を箱詰めする作業を行ったが、10日ほど経ってから、ゼンショーのグループ会社であるファミリーレストラン「ビッグボーイ」や「ココス」に納品する冷凍ハンバーグの製造ラインに移された。

ゼンショーの求人票と、2月末に交わした就業契約書。

 

 

 

 

 「アルバイトをしながら就職活動を行いたいので平日2日を休みにしてほしいという約束で入社したのですが、冷凍ハンバーグの職場のシフトでは休日は日曜と平日1日ずつになり、話が違うと思いましたが、すぐに仕事を変えるわけにもいかず、受け入れました」(有田さん)

◇工場内で目撃した衛生面での問題
 有田さんたちの仕事は、ミートパティを成型して冷凍されたハンバーグの梱包作業で、全体の作業はほぼ10人体制で行い、そのうち7人以上が常にブラジル系外国人だったという。

 扱っている肉はハンバーグの種類によって違うらしく、牛丼はオーストラリア産だが、ハンバーグに関しては有田さんは特に聞かされていなかった。

 ラインを縦に流れてきたハンバーグは、骨を含めた異物混入をチェックするセンサーを通した後で、横方向に流される。ハンバーグの流れてくる量は一定ではなくて、ときどき一気に流れてきて、その際にはハンバーグが一ヶ所にたまってしまい、作業者もさばききれずに、ラインの幅からあふれた分がぽとぽとと床に落ちることがあるという。

 「その落ちたハンバーグを、手袋をしたままですぐに拾うんです。落ちたハンバーグ自体はビニール袋に捨てますが、床に落ちたハンバーグをさわった手袋は取り替えずに、その手袋をしたままで作業を続けていきます。

 冷凍ハンバーグは調理する前の生肉で、ほとんど解凍しているものもあります。それが床に落ちたのなら、そのハンバーグを拾った手袋はその都度取り替えるべきなのに、そのままの手袋でまた次のハンバーグに触れていく。衛生上、とても問題があると思います」

 1回に落ちるのは1個か2個だが、1時間に10回以上落ちることもあり、それを拾うのはラインの最前線にいる4人で、手袋を替えずにそのまま作業を続けているという。

 「ハンバーグ製造の責任者である正社員に聞いたのですが、作業中に一部が解凍してしまったハンバーグも、また梱包して冷凍庫に入れておけば問題ない、ということも言われました」

 これだけでも食品衛生上の問題があるが、有田さんがそれ以上に問題にしているのは、異物混入を感知するセンサーがはじいたハンバーグを、新しい材料と混ぜて再利用している疑いが強いことだ。

◇二度センサーにはねられたハンバーグの行方
 「6月の終わりに、アルバイトで梱包作業のリーダーをしていた人が辞め、7月からは、会社の指示を受けて、自分を含めた3人のアルバイトがリーダーの立場になりました。再利用に気がついたのは、それからです」

 異物混入を防ぐためのセンサーにはじかれた冷凍ハンバーグは、バンジュウと呼ばれる箱に入れておき、時間をおいてから一度ラインを止めて、もう1回センサーに通す。

 センサーが誤作動する場合もあるので、再度チェックするのが決まりなのだという。そして、2回目もセンサーにはじかれたハンバーグはラインから外す。

 「前のリーダーの時までは、そのはじかれたハンバーグはそのまま廃棄していたのを覚えています。

 ところが、7月に入ってからは.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



工場ルールには、アルコール消毒すべき場合として「生肉などの食材、機器を扱う時・床ゴミ等処理したとき」などがあげられているが、衛生面の実態とはかけはなれていた。
傷害事件のあった翌日に治療を受けた際の診断書。「左肩挫傷 2週間の加療を要する」と明記されているが、会社側は「本人が尻もちをついた」と主張している。

有田さんの退職届の退職理由には、人事部の代筆により、「7.MgrやCrewとの人間関係が悪いため」に○がつけられている。

4月、5月と、退職した8月の給与明細。通常は30万円前後の収入があったが、不本意な退職により無収入となった。

 

関連記事
記者コメント
本文:全約7,000字のうち約5,200字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「食の安全」トップ頁へ

アクセス数 14603 続報望むポイント
258
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
現バイト  19:47 04/19 2013
ゼンショー関西工場でバイトしてます。衛生面は最悪です。職場はあちこちにカビ、その上に商品を載せたりたまに虫も飛んでます。製造ラインが動いてる横で機械の掃除洗浄をするので水しぶきがハンバーグにかかってます。ここで作ったものは食べれません。社員のレベルもものすごく低く管理できてません。これが一流企なのかって感じです
元アルバイト  08:00 11/22 2008
ゼンショーの関西にある工場も、歴代工場長や社員の管理程度が低レベルで無責任であること。この工場も製造に関して基本的に同じ事をしている。スープ類やハンバーグも、まともな検品もされておらず不良をそのまま出荷するお粗末な状態で当然クレームも多くなる。食べるの物に、世界一臆病な企業でありたいとは・・・?衛生面で問題がありすぎるからではないか?と思ってしまいます。
○パンの元アルバイト  23:15 10/03 2008
以前、日○のパン工場では 一部の外国人の契約労働者がグループで日常的に唾やおしっこを入れてました。 当時は(今と違って)労使関係なども問題だったようです。 今は知りません。
cafe  06:48 09/20 2008
偏りも主観も無い情報というものは存在しませんからね。 そういう意味では読むも読まないも、信じるも信じないも自由です。
Tron  18:54 09/19 2008
「恐喝」って……痛すぎる。有料記事にカネを払うのは情報に対する対価だろう。雑誌や新聞を買ったことがないのか?
下の人  16:21 09/19 2008
あまりにもくだらないコメント。本気でそう思ってんのか?金払って読めばいいじゃん。何万円もするもんじゃなし。事実無根というなら、すき家が法廷闘争に持ち込むことだってできる。訴えてこないってことは、すき家も裁判になると都合が悪いからなんじゃないの。この媒体の趣旨を理解しないようなコメントが多いようなら、コメント欄も会員以外書き込めないようにしたほうがいいんじゃない。
とりあえず  15:15 09/19 2008
記事の閲覧が有償であるサイトに載せてる時点で「内部告発」ではなく「恐喝」に近いよね。たとえば「すき家」の関係者から見たら「詳細読みたければ金払え」って言われてるようなものなんだもん。モラルがない人間の内部告発にどこまで信憑性があるか、とも思うけど。